ページトップへ
CLOSE
  • 梅雨対策に重宝するビジネスシューズ──今選びたいのは、雨でも晴れでも履ける「全天候型」。
    2019.06.14 update

    梅雨対策に重宝するビジネスシューズ──今選びたいのは、雨でも晴れでも履ける「全天候型」。

    「雨の日こそ拘りたい」――今、お客さまからそんな声が高まっている。傘やコートなど雨の日グッズが機能的に進化しているのと同じく、雨の日に履けて、晴れの日も履く、晴雨兼用、いわゆる「全天候型」のドレスシューズがアツい。今シーズンは特にクラシック系のインポートブランドを強化し、雨の日用途+自分らしいスタイルに合う革靴が必ず見つかるだろう。 左から、メンズ館地下1階チーフバイヤーの福田、紳士靴担当バイヤーの田畑、同アシスタントバイヤーの谷口、ISETAN MEN'S net編集長の田代 関連記事▶群雄割拠の「レイ

  • <JOHN LOBB/ジョンロブ>|年に一度のバイリクエストフェア開催──ドレスもカジュアルも、あなただけのジョンロブをオーダー!
    2019.05.01 update

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>|年に一度のバイリクエストフェア開催──ドレスもカジュアルも、あなただけのジョンロブをオーダー!

    2019.05.10 - 2019.05.14

    年に一度、ファン待望の一大イベントが今年もやってくる──メンズ館地下1階=紳士靴では、5月10日(金)から14日(火)までの5日間、紳士靴の王者として名を馳せる<JOHN LOBB/ジョンロブ>の「バイリクエストフェア」を開催。今年はさらに内容をパワーアップし、より一層パーソナルオーダーの醍醐味を味わえる特別な機会となる。 バイリクエストは、<ジョンロブ>が誇る豊富なコレクションの中から、上質な素材やカラー、ソール、サイズ、ウィズなど、お客さまのお好みのスタイルに合わせてカスタマイズできるパーソナルオー

  • 【特集】春のスニーカー選びの気分は断然“白”──紳士の品格をアップさせる“白スニ”の魅力とは。
    2019.03.25 update

    【特集】春のスニーカー選びの気分は断然“白”──紳士の品格をアップさせる“白スニ”の魅力とは。

    老舗・名門によるクラシック基調のスニーカーも、ラグジュアリーメゾンのハイテクを搭載したスニーカーも、その魅力はなんといっても汎用性の高さにあるだろう。セットアップやジャケパン、デニムにはもちろん、上級者たちはスーツに取り入れているほど。計算し尽くされたデザインは、他とは一線を画すことのできる紳士の足元にふさわしいスニーカーといえる。特に春の季節感を表現するなら間違いなく“白”。ピカピカの足元で、新しい装いを愉しみたい。今回は、上質でありながら、自らのアイコンを巧みに忍ばせて、大人の

  • "ローファー国別対抗戦"──英・伊・日の新名靴15傑
    2019.03.05 update

    "ローファー国別対抗戦"──英・伊・日の新名靴15傑

    イセタンメンズだからできた完全別注のローファーが登場。長らく続いたスニーカー・トレンドのカウンターとして、この春、伊勢丹メンズ館が猛プッシュするのが「ローファー」だ。メンズ館地下1階=紳士靴では、3月6日(水)より総勢約30ブランドとコラボレーションし、50種類以上の渾身のローファーが一堂に揃うイベント「My Loafer(マイローファー)」を開催。ぜひこの機会に、さりげなく自分らしさを表現できる“マイローファー”に出合ってほしい。 イベント情報 "My Loafer" □3月6

  • 【2019年春夏速報⑧】総勢約30ブランド、50種類以上が登場する「ローファー祭り」
    2019.01.25 update

    【2019年春夏速報⑧】総勢約30ブランド、50種類以上が登場する「ローファー祭り」

    この春のリニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズ館。国内外からバイイングされたブランド&アイテムには、時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられていた。それはライフスタイルの多様化にともなって変化していく最新のデザイン&スタイルと、いつの時代も変わらぬ普遍の価値をもつクラシック。一見相反するようにさえ思えるコレクションだが、イセタンメンズというフィルターによって、リアルなメンズファッションの輪郭が鮮明に描き出される。 ▶「メンズ館地下1階=紳士靴」に関する記事一覧はこちら   シューズ(左か

  • <JOHN LOBB/ジョンロブ>|手縫いステッチが技術の高さを物語る、2019年イヤーモデル「HOLT」が発売
    2018.12.25 update

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>|手縫いステッチが技術の高さを物語る、2019年イヤーモデル「HOLT」が発売

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>が1996年より毎年発表しているイヤーモデルの2019年エディションがメンズ館地下1階=紳士靴に数量限定で登場。パリにあるビスポークアトリエでビスポークシューズを作る熟練の職人たちと共に開発された“新ラスト=0118”を使用したモデル「HOLT」が、1月3日(木)より販売をスタートする。 <ジョンロブ>「HOLT」324,000円 全世界で750足、手縫いの「シェブロンステッチ」に注目 イヤーモデル「HOLT」は、オックスフォートカーフのホールカッ

  • <JOHN LOBB/ジョンロブ>|ファンが心待ちにする、年に一度のバイリクエストフェアが3月16日(金)より開催
    2018.03.12 update

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>|ファンが心待ちにする、年に一度のバイリクエストフェアが3月16日(金)より開催

    2018.03.16 - 2017.03.20

    紳士靴の王者として名を馳せる<JOHN LOBB/ジョンロブ>のバイリクエストフェアが今年もやってきた。メンズ館地下1階=紳士靴では、来る3月16日(金)から同20日(火)までの5日間、100種類以上のスタイルの中から、この期間中のみ30%のサーチャージなしで、お好みの一足のオーダーが可能。現行モデルやアーカイブコレクションから、お客さまだけの特別な一足を手に入れることができる。 関連記事 名靴を愉しむ──基本モデルを知ればわかる<JOHN LOBB/ジョンロブ>の魅力 <ジョンロブ>が誇る歴史に裏打ち

  • 名靴を愉しむ #2──基本モデルを知ればわかる<JOHN LOBB/ジョンロブ>の魅力③
    2018.02.27 update

    名靴を愉しむ #2──基本モデルを知ればわかる<JOHN LOBB/ジョンロブ>の魅力③

    メンズファッションに定番といわれるものは多々ありますが、その中でも紳士に受け継がれていく「名品」となると数はグッと絞られます。メンズ館地下1階=紳士靴の「ハイエンド」は、世界の名品たちが一堂に会するゾーン。<エドワードグリーン>に続いて、<ジョンロブ>も伊勢丹オンラインストアに登場したことを記念して、ジョンロブ ジャパンでインポートとマーチャンダイジングの責任者である倉嶋 識さんと、紳士靴アシスタントバイヤー佐藤による「ベーシックモデル」の解説をお届けします。 「【連載】名靴を愉しむ」記事一覧はこちら