ページトップへ
CLOSE
  • 2021年も大活躍の予感!上品なのに楽ちん「サイドゴアブーツ」
    2021.01.13 update

    2021年も大活躍の予感!上品なのに楽ちん「サイドゴアブーツ」

    冬に活躍する万能シューズと言えば、やはりサイドゴアブーツだ。その理由は何といっても着脱のしやすさだが、流行り廃りに流されない上品なフォルムにあらゆるシーンで活躍する汎用性は大人の男なら必ず持つべき1足に間違いないだろう。 今、伊勢丹新宿メンズ館で展開しているサイドゴアブーツも様々なブランドがラインナップしている。それぞれこだわりやブランドらしさが盛り込まれ、どんなシーンやスタイリングでも合わせやすいのが魅力だ。今回は、その中から代表的な5つのブランドをピックアップし、「ブーツの高さ」・「着脱しやす

  • 17年目の節目で振り返る私のイタリア遍歴|バイヤーの“私的“定番物語──「気がつけば、ずっと愛用していました」vol.2
    2020.11.21 update

    17年目の節目で振り返る私のイタリア遍歴|バイヤーの“私的“定番物語──「気がつけば、ずっと愛用していました」vol.2

    誰もが、ずっと好きで使い続けているものがある。そこには自分自身の想いとともに、贈ってくれた人からの想いや、作り手の想いなど、様々な想いを交差させているはず。三越伊勢丹のバイヤーにも、そんな想いの深い“私的”定番があります。 ”私的”定番物語──第二回は、中学時代、アルペンスキー選手として海外渡航経験もある入社17年目、伊勢丹新宿店メンズ館4・5階バイヤーの渡部智博が、愛すべき品々について語ってくれました。 渡部 智博 伊勢丹新宿店 メンズ館4階・5階 バイヤー イタリアで培った、自分

  • 〈エドワード グリーン〉〈ジョンロブ〉など名靴9ブランドによる特別企画「ノーチャージオーダーフェア」が開催!
    2020.09.22 update

    〈エドワード グリーン〉〈ジョンロブ〉など名靴9ブランドによる特別企画「ノーチャージオーダーフェア」が開催!

    2020.09.23 - 2020.09.29

    ハイエンドと呼ぶにふさわしい12のブランドが一堂に会し常時オーダーを承っている、メンズ館地下1階=紳士靴/ハイエンドコーナーでは、例年シーズンが始まるとともにさまざまなブランドがオーダー会を行い、オーナーや職人が来日してお客さまをお迎えしてきた。 しかし、この秋冬シーズンは海外から招聘者を迎えることができず、オーダー会の開催自体が困難となっている。今回メンズ館では、そんな今だからこそオーダー会を心待ちにされてきた皆さまへ「ノーチャージオーダーフェア」の開催を決定した。 会期中は、世界に冠たる9

  • 【特集】<REGAL/リーガル>から<JOHN LOBB/ジョンロブ>まで、春の革靴は断然「ローファー」が良い
    2020.03.25 update

    【特集】<REGAL/リーガル>から<JOHN LOBB/ジョンロブ>まで、春の革靴は断然「ローファー」が良い

    2020年春夏シーズンも「ローファー」は足元の主役 長らく続いたスニーカートレンドのカウンターとして、伊勢丹メンズ館が猛プッシュする「ローファー」は、古きよきクラシックモデルから、色とりどりのカーフやソフトなコンストラクション、あるいは軽快なソールに置き換えたシューズ群など、どれも普遍的でありながらも瑞々しい魅力に溢れている。 今回ピックアップしたのは、「もの作りに対する真摯な姿勢と品質に対するこだわりの強さ、クオリティの追求、伝統に甘んじることなく時代に合った新しいものへのチャレンジ」す

  • <EDWARD GREEN/エドワード グリーン>|約50種類ものデザインから選べる、年に一度のパターンオーダー会を開催!週末にはヒラリー氏も来店
    2019.10.08 update

    <EDWARD GREEN/エドワード グリーン>|約50種類ものデザインから選べる、年に一度のパターンオーダー会を開催!週末にはヒラリー氏も来店

    2019.10.09 - 2019.10.15

    稀代のクラシックシューメーカーとして「CHELSEA」や「DOVER」など、時代を越えて愛され続ける名品を生み出してきた<EDWARD GREEN/エドワードグリーン>。メンズ館地下1階=紳士靴では、10月9日(水)から15日(火)まで、年に一度のパターンオーダー会を開催。週末には、同ブランドのCEO、ヒラリー・フリーマン氏の来店も予定している。1890年に英国・ノーサンプトンで創業し、「稀代の才気煥発な靴職人」として瞬く間に名声を上げた創業者エドワード・グリーン氏。"できる限りの上質を求める"という哲学

  • 【特集】一生モノの高級紳士靴に出合う、人気・実力を兼ね備えた英国4大ブランドを比較
    2019.09.23 update

    【特集】一生モノの高級紳士靴に出合う、人気・実力を兼ね備えた英国4大ブランドを比較

    <EDWARD GREEN/エドワードグリーン>、<JOHN LOBB/ジョンロブ>、<GAZIANO & GAIRLING/ガジアーノ&ガーリング>、<ANTHONY CLEVERLEY/アンソニー クレバリー>――いずれも一言で「高級靴」とはまとめられないほど個性的な、英国生まれのハイエンドシューズたち。今回もお馴染み、伊勢丹メンズ館の靴賢者4人がこの英国4大ブランドを徹底比較。読むと絶対履きたくなる魅力を語り尽くす。■ 一生モノの高級紳士靴に出合う、人気実力◎な英国4大ブランドを比

  • レガシーの鼓動が聞こえる、英国最高峰の靴
    2019.09.11 update

    レガシーの鼓動が聞こえる、英国最高峰の靴

    英国随一の高級既製靴メーカーとして、時代を越えて愛され続ける名品を生み出してきた<EDWARD GREEN/エドワードグリーン>。その代表作の一つが、エプロンフロント(Uチップ)スタイルのモデル「ドーバー」である。U字(モカ)部分に施されたスキンステッチをそっと指でなぞると、熟練職人が手にするイノシシの髭を撚った針の正確無比な運針を感じることができる。同じく、手仕事により縫い目を見せない仕様になっているつま先の接合部(スプリットトゥ)も格別だ。いつの時代も<エドワードグリーン>の象徴ともいえるこの「ドーバ

  • ここでしか出会えない「別注靴」を一挙紹介。
    2019.09.01 update

    ここでしか出会えない「別注靴」を一挙紹介。

    世界各国のシューズブランドが手がけた唯一無二の靴がISETAN靴博に集結。個性豊かで、なおかつ深いこだわりを持った靴はどれも見逃せない。 CROCKETT & JONES/クロケット&ジョーンズ カラフルなコードヴァンを、ホールカットで。 「ALEX」各151,200円 ホールカットのスタイルはつり込みなどより高い製靴技術が必要とされる。さらに希少で扱いがデリケートなコードヴァンを使うことで、極めてラグジュアリーな別注モデルが実現した。カラーは全6色を展開(写真上はウイスキー)。ラストは

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

誂えることで味わう男の悦び|Fun to Dress — tailor made
2021.07.27 update

誂えることで味わう男の悦び|Fun to Dress — tailor made

上質な男の装いとは・・・。伊勢丹新宿店メンズ館5階 メンズテーラードクロージングと日本橋三越本店の本館2階 パーソナルオーダーサロンを拠点に、ここだから語れるオーダメイドの魅力をご紹介。上質な装いを愉しむオーダーの世界を発信していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

今年こそ買うべき<カナダグース>、定番「ジャスパーパーカ」など争奪戦必至のダウンアウター7選。
2021.07.28 update

今年こそ買うべき<カナダグース>、定番「ジャスパーパーカ」など争奪戦必至のダウンアウター7選。

名門ならではの安心感、素材やディテールが放つタフさ、そしてトレーサビリティやサステナビリティへの配慮など、どこをとっても最高クラス、今季も注目を集める<カナダグース>を特集。 昨年からのコロナ禍が続く中、消費者のマインドがおしゃれをして外出をするといった行動から、自宅での時間をいかに優雅に、快適に楽しむかといった方向性へ変化してきた。一方で自宅にこもり鬱屈した気分を晴らすかのようにキャンプやグランピングといったアウトドアレジャーへの興味関心が非常に高まってきている。厳しい気候に耐えうるアウトドアにも

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

印象が勝負のビジネスマン必見|プロが解説!スーツの着こなし【色柄合わせ編】
2021.05.12 update

印象が勝負のビジネスマン必見|プロが解説!スーツの着こなし【色柄合わせ編】

伊勢丹新宿店メンズ館カテゴリースペシャリスト 岩見和貴が解説する「スーツの着こなし」シリーズ第2弾は、印象をテーマに色と柄の組み合わせについて。実際、ビジネスシーンでの装いは、カラフルな色より、ネイビー、グレー、ブラウンなどのベーシックカラーの服やスーツを着る機会が多いはずです。その中でも組み合わせる色や柄によって、相手に与える印象が変化したり、自分自身のモチベーションになったりと、ビジネスマンとして色や柄の取り入れ方は実はとても重要なのです。 そこで、ここからはカラーアナリストの資格も有する岩見が