ページトップへ
CLOSE
  • 生地の素材の変遷
    2019.06.24 update

    生地の素材の変遷

    TODAY'S BELOVEED ITEMS Umbrella 雨・雪・日光などが身体に当たらぬよう、頭上に広げ差すもの。身近な道具であり、近年では男性の雨の日の装いを楽しむ役割に留まらず、日傘としての役割も担う。 ▶関連Q&A|雨の日のお洒落を演出する「雨傘」の知って得する知識とお手入れ方法 今日のような化学繊維が登場する20世紀前半までは、雨傘の生地には綿や絹を用いるのが一般的でした。特に絹はしみや焼け、それに虫食いと言ったリスクが多々あるものの、抜群の発色の良さと開閉の際に生じる「絹擦れ」

  • 国別対抗 長傘と折り畳み傘の需要の違いとは?
    2019.06.16 update

    国別対抗 長傘と折り畳み傘の需要の違いとは?

    TODAY'S BELOVEED ITEMS Umbrella 雨・雪・日光などが身体に当たらぬよう、頭上に広げ差すもの。身近な道具であり、近年では男性の雨の日の装いを楽しむ役割に留まらず、日傘としての役割も担う。 ▶関連Q&A|雨の日のお洒落を演出する「雨傘」の知って得する知識とお手入れ方法 左<オーロラ>晴雨兼用折り畳み傘(親骨60cm) 12,960円 詳しくはこちら右<フォックス・アンブレラ>長傘(親骨64cm) 27,000円 詳しくはこちら■メンズ館1階=ベルト・傘 長傘と折り畳み

  • 洒脱な男に似合う傘<Pasotti/パソッティ>オーダー会が、好評につき再び開催!
    2019.03.19 update

    洒脱な男に似合う傘<Pasotti/パソッティ>オーダー会が、好評につき再び開催!

    2019.03.20 - 2019.04.02

    昨年9月に開催し多くの反響を呼んだイタリア傘<パソッティ>のオーダー会が、お客さまからのリクエストに応えて、3月20日(水)から、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスにて再び開催!梅雨の季節に向けて、気分を高める美しい傘を作ってみませんか。1956年にイタリアで創業した傘ブランド<パソッティ>は、独創的なデザインとハンドメイドによる確かなモノ作りで、他と一線を画す傘を提案しています。イタリア国内にあるファクトリーにて、厳選した上質な素材と、伝統的な技法で仕上げられる傘は、高いクオリティもさることながら

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ
2020.01.20 update

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ

“男性特有の肌悩み”を多角的に解決するのが『#イセタンコスメンズ』。スキンケア・グルーミング・ヘアケア・フレグランスアイテムの役割や使い方を詳しく解説。さらに、新作情報・スタイリストのおすすめメンズスキンケアアイテムをご紹介する他、メンズビューティコンシェルジュによる深堀りコラムも連載。メンズスキンケアの疑問に幅広くアプローチしたコンテンツを発信します。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】2020年の春を軽快に装うスプリングコート10選
2020.01.20 update

【特集】2020年の春を軽快に装うスプリングコート10選

準備は万端に、そしていち早く春の装いを楽しむのが鉄則――春の足音が近づくにつれ、トレンドに敏感な男たちは、周りの誰よりも早くクローゼットの中にある春のワードローブをチェックするものだ。まだ肌寒さが残るこの時期からの必需品、今年の春を迎えるにふさわしい“軽い・薄い・機能的"に羽織れる春コートをワードローブに加えよう。 重いコートを脱いで、スプリングコートにすれば心まで軽く! 伊勢丹メンズ館に今季を象徴するスプリングコートが出揃い始めた。普遍的でクラシカルな定番スタイルから今っぽいゆったりとし

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の