ページトップへ
CLOSE
  • ダンディな“観戦者”が履いていたレガシーな靴が鮮やかに登場!その名も「スペクテーターシューズ」
    2017.02.21 update

    ダンディな“観戦者”が履いていたレガシーな靴が鮮やかに登場!その名も「スペクテーターシューズ」

    スペクテーターシューズ(Spectator Shoes)という名称はご存知でしょうか? スペクテーターとは、「観戦者、観覧者」という意味があり、スポーツを観戦するときに履く靴で、1910~30年代のメンズスーツが確立していった時期の紳士たちが、競馬観戦などのときに好んで履いたものを指します。クラシックスタイルへの回帰がトレンドになっていく今季、メンズ館地下1階=紳士靴では、軽快で個性的な印象を与えるスペクテーターシューズにフォーカス。今回は、三越伊勢丹限定の5足をご紹介します。この春夏に履きたい、色と素

  • GENTLEMEN'S SNAP|#50 ファンアントニオ・フルシャ
    2017.01.06 update

    GENTLEMEN'S SNAP|#50 ファンアントニオ・フルシャ

    左/ファンアントニオ・フルシャ関連記事・【インタビュー】<ロトゥセ> ファンアントニオ・フルシャ|闘牛士のように。►「GENTLEMEN'S SNAP」のスナップ一覧はこちらお問い合わせメンズ館地下1階=紳士靴03-3352-1111(大代表)

  • 【インタビュー】<LOTTUSSE/ロトゥセ> ファンアントニオ・フルシャ|闘牛士のように。
    2017.01.03 update

    【インタビュー】<LOTTUSSE/ロトゥセ> ファンアントニオ・フルシャ|闘牛士のように。

    ラテンの国のシューズブランドには珍しい、抑制の効いたデザインとイギリスも認めた製靴技術は、マヨルカという島で生まれたロトゥセにしかなしえなかった。地中海に浮かぶマヨルカ島のインカにはスペイン靴産業の父といわれる男がいた。マヨルカの主要産業だったブドウは19世紀に壊滅的な打撃を受けた。進退きわまった農家は鞣製、製靴業に活路を見出す。時折しも産業革命の時代。乾物屋で生まれ育ったひとりの青年はあふれ出る好奇心の赴くままにイギリスへ渡った。この乾物屋の倅こそ、のちの靴産業の父、アントニオ・フルシャである。叔父が靴

  • <LOTTUSSE/ロトゥセ>|139年の伝統を誇るスペイン・マヨルカ島発の老舗<ロトゥセ>のパターンオーダー会を開催
    2016.10.14 update

    <LOTTUSSE/ロトゥセ>|139年の伝統を誇るスペイン・マヨルカ島発の老舗<ロトゥセ>のパターンオーダー会を開催

    2016.10.12 - 2016.10.18

    スぺインの名門靴ブランド<LOTTUSSE/ロトゥセ>が、メンズ館地下1階=紳士靴にて、パターオーダー会を開催。期間は10月12日(水)から18日(火)まで。今年はブーツやダブルモンクのオーダーが可能に関連記事メンズ館1階=紳士靴|2016年秋冬のオーダー会スケジュール一覧はこちら2015年春夏に待望の日本初上陸を果たした<ロトゥセ>は、7年に及ぶイギリスでのグッドイヤーウェルト製法の靴作り修行を終えてスペイン・マヨルカ島に戻ったアントニオ・フルシャ氏が、スペインで一番の靴作りを目指して腕の良い職人達

  • トラベラーズウィーク|「DRESS UP!! RESORT STYLE」
    2016.04.22 update

    トラベラーズウィーク|「DRESS UP!! RESORT STYLE」

    2016.04.27 - 2016.05.08

    ―――上質とともに旅に出る、この夏のリゾートスタイルをご提案いたします。いつでも紳士たる姿で振る舞うことこそ、ラグジュアリーなスタイル。それは、リゾートでも同じです。ドレスダウンでもなく、カジュアルアップでもない...。ドレスアップこそ、上質な大人のリゾートスタイルではないでしょうか。毎年メンズ館では「トラベラーズウィーク」と題し、さまざまなリゾート地にフィーチャーしながら夏のリゾートスタイルをご提案しています。今年は東海岸に面したリゾート地“マイアミ”をテーマに、さまざまなアイテ

  • ワントーンでつくる最高にクールな男性像とは?
    2016.01.29 update

    ワントーンでつくる最高にクールな男性像とは?

    クラシコスタイルで幅広い支持を得るダブルブレストジャケットは、同色でも折柄で陰影の映えるものをセレクト。バンドカラーのシャツでVラインに抜け感を出しました。ウエストドローコードで快適なはき心地のイージースラックスと、レザースニーカーを黒で統一し、クールでアクティブな男らしい装いです。<タリアトーレ>ジャケット 105,840円、<ルイジ ボレッリ>シャツ 38,880円、<ヴィガーノ>パンツ 33,480円、<パント フォラドーロ>スニーカー 43,200円 ホワイトのコーディネートは、異素材のアイテム

  • 鮮やかなカラーで着こなす、最旬コーディネート
    2016.01.27 update

    鮮やかなカラーで着こなす、最旬コーディネート

    <エルネスト>のスクールジャケットは、赤地にグリーン&ネイビーのストライプが印象的。芯地や肩パッドを用いない仕立ては、カーディガンのように軽やかな着心地です。左袖のブランド・イニシャル「e」など、細かなこだわりも納得の1着。<エルネスト>ジャケット 97,200円、<グランサッソ>ニット 34,560円、<ジーティーアー>パンツ 27,000円 春らしいグリーンのキルティングコートは、驚きの軽さで実用性も兼ね備えています。大きめのポケットがクラシカルなワークテイストを醸し出します。<ハンコック>コ

  • <LOTTUSE/ロトゥセ>|メンズ館初となるパターンオーダー会を開催
    2015.11.02 update

    <LOTTUSE/ロトゥセ>|メンズ館初となるパターンオーダー会を開催

    2015.10.28 - 2015.11.10

    今年2月にメンズ館で行われた「PITTI IMMAGINE UOMO at ISETAN MEN‘S」で、日本初上陸となった<ロトゥセ>。10月28日(水)からメンズ館では初となるパターンオーダー会を開催中。130年以上続く伝統のグットイヤーウェルト製法によるシューズを、心ゆくまで自分好みにカスタマイズしていただけます。1877年にスペイン・マヨルカ島で創業。有名メゾンのOEMを手掛けた後、その英国的な靴づくりの品質が認められ、英国・バッキンガム宮の衛兵に向けた納品も行っています。シューズのみ