ページトップへ
CLOSE
  • "クラシックの追求"をテーマに、2019年春夏コレクション早期ご予約会&販売会が開催
    2018.12.11 update

    "クラシックの追求"をテーマに、2019年春夏コレクション早期ご予約会&販売会が開催

    2018.12.12 - 2018.12.31

    伊勢丹メンズは早くも2019年春夏シーズンに突入!――本格シーズンに先駆けて開催し、毎回好評をいただいている「早期ご予約会(受注会)」がボリューム&パワーアップしてメンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーと同5階=ビジネス クロージングに再び登場する。──“装うことを愉しむすべての人へ“12月12日(水)から同31日(月)まで、メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーと同5階=ビジネス クロージングで開催される「2019年春夏コレクション早期ご予約会&販売会」で

  • <RICHARD JAMES/リチャードジェームス>|新モデルもお目見え!2019年春夏の早期受注会を開催
    2018.12.11 update

    <RICHARD JAMES/リチャードジェームス>|新モデルもお目見え!2019年春夏の早期受注会を開催

    2018.12.12 - 2018.12.25

    英国・サヴィルロウで、1992年に創業した<リチャードジェームス>。メンズ館5階=ビジネスクロージングでは、12月12日(水)から、2019年春夏早期受注会を開催する。スリーピーススーツ 123,120円2019年春夏シーズンのテーマは、『Enter The Dragon』うだるように暑い1970年代の香港を舞台としたカンフー映画からインスピレーションを受けた春夏の新作コレクション。深みのあるベースカラーのグレーや青に、目のさえるようなイエローやオレンジといった差し色が際立つ、活気あるアジアをイメ

  • おしゃれを嗜み、仕事ができる男たちに愛される“上質素材”を使ったコート5選
    2018.12.10 update

    おしゃれを嗜み、仕事ができる男たちに愛される“上質素材”を使ったコート5選

    カシミヤをはじめとした上質素材の魅力は、なんといっても「温かくて、軽く、上質感が伝わってくるルックス」―――。メンズ館5階=ビジネスクロージングのアシスタントバイヤー今泉は、「特にカシミヤはクルマに例えると“高級セダン”のような素材で、着用したときの温かさはもちろん、どこに出ても恥ずかしくない安心感と信頼感をもつコートです」と推奨します。今回は、カシミヤ中心とした上質素材を使用したコートをモデルごとにピックアップ。ジェントルマンに相応しい装いを叶える「チェスターフィールド」と、ビジ

  • <INCOTEX/インコテックス>|トレンドスタイルはパンツで決まる!今季のベストセラーから定番までが集結
    2018.12.04 update

    <INCOTEX/インコテックス>|トレンドスタイルはパンツで決まる!今季のベストセラーから定番までが集結

    2018.11.28 - 2018.12.11

    ボトムストレンドを牽引するイタリアのパンツ専業ブランド<インコテックス>が、現在メンズ館5階=ビジネス クロージングでプロモーションを開催中。今季メンズ館が別注した「04型」をはじめ、一本は抑えておきたい定番からベストセラーモデルまで、圧倒的なバリエーションでご紹介している。1951年、ヴェネツィアで創業以来、60年以上にわたり世界中のパンツ好きを虜にしている同ブランド。計算された美しいシルエットと穿き心地の良さは格別で、メンズ館でも毎シーズン新たな一本を求めて来店するファンが後を絶たない。その魅力は細か

  • 働く男の冬の味方──お尻までしっかり隠れる"ビジネス向けダウンコート"5選
    2018.12.03 update

    働く男の冬の味方──お尻までしっかり隠れる"ビジネス向けダウンコート"5選

    ダウンのボリューム感を抑えながらしっかりと保温性をキープし、スーツやジャケットの上にすっきり重ね着できるのが、これからのシーズンに活躍する"ビジネス向けダウンコート"。お客さまの中にも、「カシミヤやウールなどの天然素材のコートはおしゃれ用に、スタイリッシュなダウンコートは通勤や出張時に」と使い分けている方も増えているそうだ。今回は、メンズ館5階=ビジネス クロージングから厳選。王道ダウンコートをフレッシュに着こなしたい。=====MACKINTOSH LONDON<マッキントッシュ ロンドン>ダ

  • コートスタイルに美変化をもたらす、オンオフで使える「個性派」ウールコートに注目
    2018.12.02 update

    コートスタイルに美変化をもたらす、オンオフで使える「個性派」ウールコートに注目

    「コートで新しいブランドと出合うと、冬スタイルが新鮮に映えます」というメンズ館5階=ビジネスクロージングのアシスタントバイヤー今泉がオススメする、今年らしい柄物ウールコートをご紹介。クラシックな英国調や大柄なガンクラブチェックなど、“ビジネススタイル+休日コーデ”に活躍するコートが登場します。 【2018年コート特集】関連記事はこちらから=====素材×柄の効果で、奥行きのある立体感が美しく映える<ティモシー エベレスト ロン

  • "英国トレンド"を牽引する老舗<Aquascutum/アクアスキュータム>の鉄板コート3選
    2018.11.24 update

    "英国トレンド"を牽引する老舗<Aquascutum/アクアスキュータム>の鉄板コート3選

    コート 左/「BOGART TRENCH」 237,600円、右/「TRAVELORD」 172,800円創業から160年以上の歴史を持つ、英国老舗の<Aquascutum/アクアスキュータム>は、過去と現代を繋ぐクラシックの本質的魅力を見事に体現している。特に、創業当初からの並外れた独創性と先見性で生み出されたトレンチコートをはじめ、その歴史と伝統を象徴する数々の名品は、今日的なトレンドを加味しながら、長く愛せるものばかりだ。=====チェスターコート「CHARLTON」 162,000円ベーシ

  • スタイルで誂える"My Best Suit"(2)──気持ちも装いも一段階上げる"今どきフォーマル"
    2018.11.24 update

    スタイルで誂える"My Best Suit"(2)──気持ちも装いも一段階上げる"今どきフォーマル"

    「フォーマルこそ、百聞は一見にしかず」──"正式な場"での男の装いを知りたいとネットで検索すると、正礼服、準礼服、略礼服などの記載が並んで、実はよく分からないもの。よく分からないであやふやのまま着用して出席すると恥ずかしい思いをすることも……。 昨今のブライダル事情はというと、レストランウェディングやクルーズパーティー、あるいは海外での挙式など、ホテル以外の場所でのカジュアル化が進んで、シーンが多様化。それにあわせて、主役の新郎やゲストは、格式張った正装だけではなく、&ldqu