ページトップへ
CLOSE
  • 創業200年を誇るサヴィルロウ最古のテーラー<HENRY PICTORIOUSOOLE/ヘンリープール>がトランクショーを開催
    2019.10.29 update

    創業200年を誇るサヴィルロウ最古のテーラー<HENRY PICTORIOUSOOLE/ヘンリープール>がトランクショーを開催

    2019.11.02

    紳士服の聖地、英国・ロンドンのサヴィルロウに店を構える<ヘンリープール>が、11月2日(土)に、トランクショーを開催。本国からカッターのアレックス・クック氏を招き、英国が誇るテーラリング文化の世界観を身近に体感できる特別な機会となる。  アレックス・クック氏 数々の往年のウェルドレッサーに愛された<ヘンリープール>。200年を超える歴史の中で常に最高品質を目指し積み重ねてきた技術は、時代に流されず凛とした男性の姿を作り出してきた。今回のトランクショーでは、「FINTEX of LONDON/フィ

  • <Cifonelli/チフォネリ>|パリの名門テーラーによる採寸会を開催──4代目、ロレンツォ・チフォネリ氏も来店
    2019.09.13 update

    <Cifonelli/チフォネリ>|パリの名門テーラーによる採寸会を開催──4代目、ロレンツォ・チフォネリ氏も来店

    2019.09.15

    1880年創業のフランス・パリの名門テーラー<チフォネリ>の採寸会を、メンズ館5階=メイド トゥ メジャーにて、9月15日(日)に開催。当日は、4代目で、ヘッドカッターを務めるロレンツォ・チフォネリ氏が来店し、お客さまのご要望を直接お伺いしながら、スタイルや生地のアドバイス、採寸も行う。 メイド トゥ メジャースーツ 仕立上り 129,000円+税から*お渡し:約5週間後から 各界のセレブリティが顧客リストに名を連ねる<チフォネリ>は、初代がローマで創業。英国で仕立て技術を学んだ2代目がパリに店を構え、マ

  • <HIDEAKI SATO/ヒデアキ サトウ>|東京を代表するテーラーによる“本場”仕立てを体感──9月7日(土)・8日(日)に採寸会を開催。
    2019.09.06 update

    <HIDEAKI SATO/ヒデアキ サトウ>|東京を代表するテーラーによる“本場”仕立てを体感──9月7日(土)・8日(日)に採寸会を開催。

    2019.09.07 - 2019.09.08

    メンズ館5階=メイド トゥ メジャーでは、「ペコラ銀座」を主宰するテーラー 佐藤英明氏による<ヒデアキ サトウ>の採寸会を、9月7日(土)と8日(日)に開催。当日は、佐藤氏本人も来店する。関連記事▶【インタビュー】佐藤 英明|日伊のつくり手を結んだ家族愛 メイド トゥ メジャー スーツ仕立て上がり 129,000円+税から *お渡し:約5週間後から テーラーの3代目として館山に生まれた佐藤氏は、日本で基礎を学び、1988年に渡仏。モデリストとして経験を積み、1990年から5年間ミラノのテーラ

  • <TAILOR & CUTTER/テーラー&カッター>|唯一無二のスタイルで個性を引き出す、テーラー有田一成氏による採寸会を、8月25日(日)に開催。
    2019.08.23 update

    <TAILOR & CUTTER/テーラー&カッター>|唯一無二のスタイルで個性を引き出す、テーラー有田一成氏による採寸会を、8月25日(日)に開催。

    2019.08.25

    “スーツ=ビジネス”の概念を覆し、着る行為そのものを楽しめる感度の高いスーツを提案する<テーラー&カッター>が、8月25日(日)、メンズ館5階=メイド トゥ メジャーにて採寸会を開催する。 *画像はイメージです。 <テーラー&カッター>の有田氏は、デザイナーを志望し1991年に渡英。名門<ギーブス&ホークス>で修業を積み、その後2004年に独立。ロープドショルダー、長めの着丈にカッタウェイフロント、フレアになった袖口などの特徴的なディテイルを持つ、唯一無二の個性的なスタイルは、

  • “一生モノを仕立てる”──イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催。
    2019.07.27 update

    “一生モノを仕立てる”──イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催。

    2019.07.24 - 2019.08.06

    7月24日(水)から、メンズ館5階=メイド トゥ メジャーでは、イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催いたします。雑誌『THE RAKE』の最新号では、“一生モノを仕立てる”と題し、伊・英・仏の名門テーラーの世界初となる“本国仕立てのMTMスーツ”や、それらの服にふさわしいスペシャルな生地などのオーダー特集が掲載されています。素材を選ぶことの楽しさに加え、どのテーラーが自分の個性を最大限に引き出してくれるのかを吟

  • LA SCALA Stories(1)我が子に託した父の想い──「1歳の誕生日に贈るオーダーメイドスーツ」
    2018.11.14 update

    LA SCALA Stories(1)我が子に託した父の想い──「1歳の誕生日に贈るオーダーメイドスーツ」

    伊勢丹新宿店メンズ館に常駐するテーラー山口信人が主宰する<LA SCALA/ラ・スカーラ>が紡ぐ「世代を超えた親子の絆」――第1回は、メンズ館5階=ビジネス クロージング担当のセールスマネージャー羽場英一が長男の1歳の誕生日を記念に仕立てた"小さなオーダーメイドスーツ"をにまつわるエピソードを。 スペシャルなスーツを仕立てて、子どもの成長を実感  「男の子の正装」というと七五三の5歳男児の袴姿やスーツを連想するが、スタジオに登場したのは身長80cm、この8月に1歳を迎えた羽場蒼一朗くん。子ども

  • <HENRY POOLE/ヘンリープール>|サヴィルロウの確固たる地位を築く 、創業200年を誇る英国老舗のオーダーイベントが開催
    2018.10.31 update

    <HENRY POOLE/ヘンリープール>|サヴィルロウの確固たる地位を築く 、創業200年を誇る英国老舗のオーダーイベントが開催

    2018.11.03 - 2018.11.04

    200年を超える歴史の中で伝統を守り進化を続けてきた英国・ロンドンのサヴィルロウ。首相や軍提督、王族の服を仕立ててきた店が立ち並ぶストリートは、テーラリングの頂点であり「紳士服の聖地」として知られています。11月3日(土)と4日(日)の両日は、ここに店を構え、サヴィルロウ最古のテーラーとして名を馳せている<ヘンリープール>のクロスショーを開催。本国からカッターのアレックス・クック氏を招き、英国が誇るテーラリング文化の世界観を身近に体感いただける特別な機会となります。 (写真のモデル)メイド トゥ メジャ

  • スタイルで誂える"My Best Suit"(1)──オーダースーツは69,000円でここまでできる!
    2018.10.20 update

    スタイルで誂える"My Best Suit"(1)──オーダースーツは69,000円でここまでできる!

    「スーツをオーダーする」ことにまだ敷居が高いイメージをお持ちの方に、ぜひお薦めしたいのが、メンズ館5階=メイド トゥ メジャーで誂えるオリジナルブランド<イセタンメンズ>のオーダースーツ。最もベーシックなスタイルは、69,000円(税抜)からオーダーが可能だ。今回は、同担当のアシスタントバイヤー羽鳥幸彦が、「初めての方にこそ知ってほしい、オーダースーツのメリット」を徹底解説する。 <イセタンメンズ>オリジナルの3大スタイル。左から、「オーセンテッィク アメリカン」「イングリッシュ ドレープ」「ナポリ ク

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

EDITORS’ PICK
2020.02.05 update

EDITORS’ PICK

最新トレンドからメンズ館に新たに登場する新ブランドまでを完全網羅。編集部員が独自目線で切り取った最新情報をお届けする。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】1年間履き続けたリアルレポート!ミッドソールをカスタマイズしたスニーカーの履き心地とは?
2020.02.05 update

【特集】1年間履き続けたリアルレポート!ミッドソールをカスタマイズしたスニーカーの履き心地とは?

これまで何度かレポートしてきた<ECCO/エコー>の「QUANT-U(クアントゥー)」は、最新のテクノロジーを駆使して、履く人の足型や歩き方のクセに合わせたミッドソールを、ビスポーク感覚で3Dプリンター成形するという画期的なプログラム。昨年春と秋の2度にわたって伊勢丹新宿店でポップアップが開かれると、多くのお客さまをはじめ、靴業界、ファッション業界関係者の間でも大きな話題となった。その評判は三越伊勢丹社内にも広がり、プログラムを実体験したバイヤー、スタッフも少なくない。最初のポップアップから1年、昨秋の第

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の