ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】"肌寒い今こそ着たい" レザーアウター③|着るほど愛着に変わっていく、男の色気を演出する「レザーブルゾン」
    2016.10.23 update

    【特集】"肌寒い今こそ着たい" レザーアウター③|着るほど愛着に変わっていく、男の色気を演出する「レザーブルゾン」

    革のなめしから加工までブランドと職人のこだわりが込められたレザーブルゾンは、エイジングまで想像して大切に着たいもの。オーセンティックで飽きのこないデザインから、ブランドのメッセージが詰まった凝ったデザインまで、秋冬はキリッとした表情でレザーを着こなそう。 伊勢丹オンラインストアで「レザージャケット」の商品一覧を見る 「トレンチコートより気軽に男らしさをアピールしたい」という方のワードローブに加えてほしいのが、希少で上質な高級レザーを纏ったブルゾンです。ベルテッドやボンバー、コートなどさまざまなデザインやデ

  • スラックス感覚で穿きこなせる“脚がキレイに見える”今年の大人ショートパンツ
    2016.05.27 update

    スラックス感覚で穿きこなせる“脚がキレイに見える”今年の大人ショートパンツ

    夏のショーツというとカジュアルというイメージでしたが、テーパードの効いたパンツが主流の現在は、“キレイに穿きこなせる”ショートパンツも多数ラインナップ。テーパードした細身のシルエットで、短すぎない膝丈も上品な大人の印象をアピールします。「月~金曜はスーツだが、その延長線上で週末にショーツを穿きたい」という男性にオススメのボトムスをぜひお楽しみください。大人カジュアルを演出するスリムフィットライン人気ブランド<PT01/ピーティーゼロウーノ>の新ラインとして登場した<PT BERMU

  • 森岡弘さんと歩く(4)「春のメンズ館7階」|趣味の良さ=服ごころを感じさせる大人のカジュアルとは
    2016.03.26 update

    森岡弘さんと歩く(4)「春のメンズ館7階」|趣味の良さ=服ごころを感じさせる大人のカジュアルとは

    メンズ館5階=ビジネスクロージングのジャケットコーナーにふらりと立ち寄ってジャケットを3着試着し、地下1階=紳士靴で好みの靴を選んだ“散歩人”はファッションディレクターでスタイリストの森岡弘さん。「7階はディスプレイが素敵ですね」と、オーセンティックカジュアルをぶらりと巡ります。手前/<バロニオ>パンツ 21,600円、奥/<ニューヨーカー>パンツ 28,080円 今シーズンはパンツのバリエーションが増えて面白い ――7階に上がってきましたが、カウンター前のディスプレイが気になりま

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ISETAN MEN'S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~
2020.02.20 update

ISETAN MEN'S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~

伊勢丹新宿店メンズ館のスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けするコーナー、「Vゾーンの流儀」。『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』ここでは、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】1年間履き続けたリアルレポート!ミッドソールをカスタマイズしたスニーカーの履き心地とは?
2020.02.20 update

【特集】1年間履き続けたリアルレポート!ミッドソールをカスタマイズしたスニーカーの履き心地とは?

これまで何度かレポートしてきた<ECCO/エコー>の「QUANT-U(クアントゥー)」は、最新のテクノロジーを駆使して、履く人の足型や歩き方のクセに合わせたミッドソールを、ビスポーク感覚で3Dプリンター成形するという画期的なプログラム。昨年春と秋の2度にわたって伊勢丹新宿店でポップアップが開かれると、多くのお客さまをはじめ、靴業界、ファッション業界関係者の間でも大きな話題となった。その評判は三越伊勢丹社内にも広がり、プログラムを実体験したバイヤー、スタッフも少なくない。最初のポップアップから1年、昨秋の第

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の