ページトップへ
CLOSE
  • 英国の老舗ブランドも認める<WACCOWACCO/ワッコワッコ>の、現代的でマニアックな“リミックス”的ものづくり。
    2019.03.08 update

    英国の老舗ブランドも認める<WACCOWACCO/ワッコワッコ>の、現代的でマニアックな“リミックス”的ものづくり。

    「僕はデザイナーではない」と言い切り、解体・再構築という現代的な手法を主としたクリエーションで圧倒的支持を獲得。世界的な評価を高めつつあるブランド<WACCOWACCO/ワッコワッコ>。ついに英国を代表する老舗ブランド<Barbour/バブアー>とのオフィシャルなコラボレーションを実現させた注目の“デザイナー”、櫻井幸治氏に話を訊いた。関連記事:NEW MATES──装いに、変化と進化を| #27 遂に実現した日×英の秀逸コラボ バッグブランド<WAC

  • <Barbour/バブアー>の新定番を発掘、名作は「ビデイル」だけじゃなかった!
    2019.02.16 update

    <Barbour/バブアー>の新定番を発掘、名作は「ビデイル」だけじゃなかった!

    春の<Barbour/バブアー>は、鉄板モデル「BEDALE(ビデイル)」をはじめ、人気のヘリテイジモデルを現代風にアップデートした全6モデルが登場。「ビデイル」ではない<バブアー>の面白さを、従来のワックスドコットンに比べて65%も軽量で、防水性・防風性は遜色ない4オンスのライトウェイト素材に注目する。Photo&Text:ISETAN MEN'S net*価格はすべて、税込です。お問い合わせメンズ館7階=オーセンティックウエア03-3352-1111(大代表)=====1894年にジョン・バブアーに

  • ココロもほころぶ「春アウター10選」──マルチに使える“薄・軽・快”アウターが大充実
    2019.02.09 update

    ココロもほころぶ「春アウター10選」──マルチに使える“薄・軽・快”アウターが大充実

    昼間の陽射しに春を感じるとき、年を越してきた冬アウターはちょっと重く感じてしまうもの。そんな「ジャケットだけでは心許ない日」に重宝するのが、冬に着るコートとは一線を画すほどの軽快さを実現する“春アウター”だ。見た目はしっかりしていても、素材に薄・軽なナイロンを採用したり、コットン素材でも縫製の進化で軽くなるなど、ジャケット感覚で羽織れる新作が今シーズンは目白押し。イセタンメンズネットでは、近年では類を見ないほど充実している春アウターを3つの切り口でピックアップした。=====

  • NEW MATES──装いに、変化と進化を| #27 遂に実現した日×英の秀逸コラボ
    2019.01.15 update

    NEW MATES──装いに、変化と進化を| #27 遂に実現した日×英の秀逸コラボ

    リニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズに、今春初登場する新ブランドが続々登場。どのコレクションにも最新のデザインワークが施されると共に時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられ、そこに普遍の魅力と価値が息づいている。▶2019年春夏展示会速報!記事一覧はこちら ファーストシーズンから素材とフォルムにこだわったユニークなバッグコレクションを展開している<WACCOWACCO/ワッコワッコ>。これまでヴィンテージトレンチを解体したバッグを発表するなど、ユニークな活動を続けてきたが、今季はデ

  • 2018年を3大キーワードで総括!オーセンティックウェア編|リフレッシュオープンであらゆる年代を惹きつけるフロアへ進化
    2018.12.29 update

    2018年を3大キーワードで総括!オーセンティックウェア編|リフレッシュオープンであらゆる年代を惹きつけるフロアへ進化

    2018年もいよいよ終盤、今年もイセタンメンズネットではファッションに関わるさまざまな特集やニュースなどの話題をお届けしてきました。今回は常に注目を集めるフロアである、紳士靴・ビジネスクロージング・オーセンティックウェアの各バイヤーから、1年を象徴する3つのキーワードを軸に2018年を振り返ります。第2弾は、メンズ館7階=オーセンティックウェア担当バイヤーの柴田に話を伺いました。果たしてどんなキーワードを取り上げるのか…要チェック!▶『2018年を振り返る』記事一覧はこちらからオーセ

  • TODAY'S ISETAN MEN'S STYLIST|AUTHENTIC CASUAL
    2016.05.18 update

    TODAY'S ISETAN MEN'S STYLIST|AUTHENTIC CASUAL

    柴田 信友(オーセンティック カジュアル バイヤー)■ジャケット:<バブアー>42,120円お問い合わせメンズ館7階=オーセンティック カジュアル03-3352-1111(大代表)

  • 【第2回】柴田信友バイヤーが語る<Barbour/バブアー>の「ビデイル」ジャケット
    2016.04.21 update

    【第2回】柴田信友バイヤーが語る<Barbour/バブアー>の「ビデイル」ジャケット

    男が着るべき定番品の第1回では「バラクータG9」を思う存分語ったメンズ館7階=オーセンティックカジュアル担当のバイヤー柴田信友が次に選んだのは、「オンオフを問わず、あらゆるファッションスタイルにフィットする」という<Barbour/バブアー>の傑作アウター「ビデイル」ジャケットです。関連記事バイヤーが語る、特集「オトコの服は語ってなんぼ」グッド・ジェントルマンに見える生粋の英国育ち自分が若いとき、<バブアー>は<バラクータ>と同じように、“おっさん服”のイメージが強くて実は敬遠

  • 森岡弘さんと歩く(5)「春のメンズ館」|ファッションは、自分の新しい可能性を拓くもの
    2016.03.29 update

    森岡弘さんと歩く(5)「春のメンズ館」|ファッションは、自分の新しい可能性を拓くもの

    イセタンメンズが年に4回発行している冊子『The Gentlemen Makers(ジェントルマンメーカーズ)』のスタイリングを担当しているファッションディレクターでスタイリストの森岡弘さんが、春のメンズ館をぶらりとお買い物散歩。試着した<BARBOUR/バブアー>の「ビデイルSL SLIM FIT」を本当に購入されて、満面に笑み!<バブアー>ジャケット 36,720円楽しいアイテムがたくさん揃っている今シーズンイセタンメンズネットの新企画に参加させていただきましたが、3つのフロアを巡って、いろいろ試着を