ページトップへ
CLOSE
  • 快適なおうち時間には素材にこだわる。おすすめルームウエア3選
    2020.09.21 update

    快適なおうち時間には素材にこだわる。おすすめルームウエア3選

    お家ですごす時間は以前と比べ確実に長くなっている。休日は好きな映画を見たり、本を読んだり、すごしかたはそれぞれあるが、誰もが心地の良いおうち時間を楽しみたいはず。 リラックスを追求するなら素材にこだわりたい 暦の上では季節は移ろい始めているがまだまだ暑い日も続いている。家の中で快適に過ごすには、まず身にまとう素材にこだわるのがポイントだ。今回伊勢丹メンズ館から、肌触りや快適な着心地を堪能できるおすすめのルームウエアを厳選してご紹介する。 1. TANI 〈タニ〉 パーカ 13,640円

  • 〈ハーグ〉|素肌が喜ぶ、ふんわり軽く柔らかな“スマイルコットン”をお試しあれ!
    2020.08.12 update

    〈ハーグ〉|素肌が喜ぶ、ふんわり軽く柔らかな“スマイルコットン”をお試しあれ!

    2020.08.19 - 2020.09.01

    一度袖を通したら虜になってしまう、軽く柔らかな“スマイルコットン”を使ったアイテムを提案するブランド〈HAAG/ハーグ〉がプロモーションを開催。8月19日(水)より、メンズ館地下1階=肌着・靴下・ナイティでは、夏から秋にかけて幅広いシーンで活躍するリラクシングウェアなどを取り揃えてご紹介する。 ハーフジップパーカー 各19,800円 ショートパンツ 各16,500円 明治時代から綿糸の紡績業が盛んであった三重県で手間暇かけて生産される“スマイルコットン”は、触れた瞬間、纏った瞬間に思わず頬ずり

  • 【特集】新たな下着で新年を迎えて心機一転!?「穿き心地」と「デザイン」で選ぶおすすめ下着10選
    2019.12.21 update

    【特集】新たな下着で新年を迎えて心機一転!?「穿き心地」と「デザイン」で選ぶおすすめ下着10選

    子年(ねずみどし)となる令和2年目は、新しい十二支のサイクルがスタートする年。そしてオリンピックイヤーの幕開けでもあります。モノの買い替え時というのはいろいろありますが、「新年を新しい下着で迎える」というのは日本の古くからのしきたり。日本だけの古い慣習かと思いきや、実は海外でもお正月や大晦日にちなんだ下着の風習があるそう。大晦日の夜は、お風呂で丁寧に身を清め、“縁起物=おろしたての下着”を身に着けて年越ししましょう! ■ 「穿き心地」と「デザイン」で選ぶおすすめ下着10選

  • 【特集】お悩み別!肌着バイヤーがセレクトした真夏におすすめのメンズインナー全8選
    2019.06.22 update

    【特集】お悩み別!肌着バイヤーがセレクトした真夏におすすめのメンズインナー全8選

    各所で真夏日の記録を早くも更新し、酷暑への対策を考えている方に、ぜひおすすめしたいのが「インナー(肌着)」。「シャツやトップスの下にさらに一枚着るなんて暑いのでは?!」と思われがちですが、実際はおしゃれに・涼しく・快適に過ごすためのマストアイテム。シャツやトップスをおしゃれに着こなせるデザインや、機能素材を使用し汗染みやニオイを防ぐ他、生地の痛み軽減にも繋がります。今回は、メンズ館地下1階=肌着・靴下・ナイティの担当バイヤーから、2019年の夏におすすめインナーを、「シャツに透けてしまう・汗染みになる・ニ

  • 身体が喜ぶ、やみつきになる“素材×ファッション性”で人気のリラクシングウエア
    2018.12.17 update

    身体が喜ぶ、やみつきになる“素材×ファッション性”で人気のリラクシングウエア

    毎日、家でくつろぐときに何を着ていますか?――部屋で過ごすときに着て、ちょっとコンビニへ行ったり、フラッと散歩に行けるのがリラクシングウエアです。ルームウエア、ワンマイルウエア、ラウンジウエアなど呼び方は様々ですが、イセタンメンズでは“素材×ファッション性”に着目して、肌触りの良いリラクシングウエアをメンズ館地下1階=肌着にラインナップ。アシスタントバイヤーの大橋がオススメをご紹介します。 【合わせて読みたい記事はこちら】▶人生の1/3の時間を占める「睡眠の質」を高める

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.09.22 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】袖を通せば分かる、熊本県人吉〈HITOYOSHI/ヒトヨシ〉のシャツのクオリティ
2020.09.23 update

【特集】袖を通せば分かる、熊本県人吉〈HITOYOSHI/ヒトヨシ〉のシャツのクオリティ

「世界に通用する白シャツを」というコンセプトを掲げ、〈HITOYOSHI/ヒトヨシ〉は誕生しました。ドレスシャツは大量生産によるスケールメリットを利用したコストパフォーマンスを売りにするものという時代に、「量より質」のモノづくりを信じた同ブランドは今、世界に通用するシャツとして高く評価されています。 Ⅰ.倒産した親会社から独立した生産工場の躍進 熊本県人吉市は、鹿児島県と宮崎県に接する県最南端の地です。町の中心を球磨川が流れる、のどかで美しい山奥の町に〈ヒトヨシ〉のシャツ工場があります。この地域

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを
2020.08.26 update

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを

自粛生活中に「クローゼットの中の整理をした」というお声を多く聞きましたが、そろそろ秋冬物との入れ替えを考える時期。特に、ウールの様な天然素材のスーツやジャケット、コートは日頃のケアが長持ちさせるためのポイントです。「ウール生地は生きているので、着たら休ませることも大事。スーツは1日着用したら2日は寝かせます」という、イメージコンサルタント岩見和貴が、ビジネスウェアの日常的なケアをお伝えします。 日常ケアの手順 1.帰宅したら、まずは中身を 2.ジャケットやパンツに合うハンガーでハンギング 3.