ページトップへ
CLOSE
  • <GIORGIO ARMANI/ジョルジオ アルマーニ>|至高のテーラードスタイルをより美しく、そしてより自分らしく――「メイド トゥ メジャー/メイド トゥ オーダー」スペシャルオーダーフェア開催
    2018.03.02 update

    <GIORGIO ARMANI/ジョルジオ アルマーニ>|至高のテーラードスタイルをより美しく、そしてより自分らしく――「メイド トゥ メジャー/メイド トゥ オーダー」スペシャルオーダーフェア開催

    2018.03.17 - 2018.03.30

    2017年秋冬シーズンより、「メイド トゥ メジャー」のシステムを刷新し、新たに「メイド トゥ オーダー」システムを導入することで、テーラードスタイルの中で普遍的な地位を更に強める<GIORGIO ARMANI/ジョルジオ アルマーニ>。3月17日(土)より3月30日(金)の期間、三越伊勢丹の各取扱い店舗ではスペシャルオーダーフェアと題し、よりパーソナルで気品に満ち溢れるテーラードアイテムを誂えることができるサービスを実施する。同ブランドの「メイド トゥ メジャー/メイド トゥ オーダー」システムでは、ス

  • <イシカワブラシ>|CARE OF WOOL ITEMS――ウール製品のお手入れ
    2018.01.03 update

    <イシカワブラシ>|CARE OF WOOL ITEMS――ウール製品のお手入れ

    なにげなく、シーズンの終わりにクリーニングに出しているウールのアイテム。こまめなブラッシングでケアすることで、アイテムが本来もっている素材感を大切にし、大事な洋服とその風合いを長く楽しむことができるのだ。 洋服ブラシ 上から:54,000円、108,000円、129,600円、162,000円*商品のお渡しは、約4週間後となります。主に、馬の尾脇毛を使用した洋服ブラシをつくるイシカワ。尾脇毛とは、馬の尾の中心部に生えている産毛。当たりの柔らかさとコシの強さがあり、筆などの材料になる高級素材

  • 第28回|常識を覆し新たな可能性をもたらす───。機能性ウールを纏ったハイスペックスーツ&コートが登場
    2017.12.10 update

    第28回|常識を覆し新たな可能性をもたらす───。機能性ウールを纏ったハイスペックスーツ&コートが登場

    冬本番となりコートの需要も高まる中、”本当に使えるコート”をお探しの方も多いはず―――。今回はそんな皆さまへ、エレガントな表情と最先端のスペックを備えた生地「レダ アクティブ」を使用したスーツとコートをご紹介いたします。機能性素材を開発した“レダ社”とは?今回ご紹介するスーツとコートを語るうえで欠かせないのが、生地を生産しているレダ社です。1865年イタリア・ビエラにて創業、原毛の仕入れから生地の仕上げまでを自社で一貫して行い、最先端の紡績機器を用いて、

  • 今年は何を着る?「毎日付き合いたいアウター」をテーマ別に厳選!【12月6日(水)更新】
    2017.12.06 update

    今年は何を着る?「毎日付き合いたいアウター」をテーマ別に厳選!【12月6日(水)更新】

    今年トレンドでもある80年代を彷彿とさせるオーバーサイズのアウターから、時代を越えて愛されるエターナルなアウターまで。多種多様なシルエットや素材、機能を備えたアウターが充実しているメンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルより、この冬一押しのアウターを4つのテーマでご紹介。本格的な冬の寒さを感じるようになった今こそ、シーンに合わせたアウターを纏って冬のコーディネートを楽しみたい。 NEW 12.6 update色褪せることのない、長く着られる『マスターピースなアウター』3選

  • 連載⑥<MACKINTOSH LONDON/マッキントッシュ ロンドン>|ラグジュアリーな着心地を味わえるロロ・ピアーナという贅
    2017.11.27 update

    連載⑥<MACKINTOSH LONDON/マッキントッシュ ロンドン>|ラグジュアリーな着心地を味わえるロロ・ピアーナという贅

    正反対の美意識を持つといわれるイタリアと英国だが、<マッキントッシュ ロンドン>とイタリアの最高級テキスタイルブランド、ロロ・ピアーナ社の相性の良さは、服づくりに対する真摯な哲学が共通するからだろう。現在、「ビジネスウエアに最も優れた生地」の一つといわれるロロ・ピアーナ社のストームシステムを採用した<マッキントッシュ ロンドン>の秀逸コートが登場した。<マッキントッシュ ロンドン>の連載ページ一覧はこちら 英国生まれの奇をてらわないラグジュアリーな存在感を美しく彩るのは、イ

  • スタイリスト青柳光則が語る、秋冬の主役「トレンチコート」のお洒落道
    2017.11.27 update

    スタイリスト青柳光則が語る、秋冬の主役「トレンチコート」のお洒落道

    ウェルドレッサーを目指すためのルールブック『男のお洒落道 虎の巻The Wearing Bible for Gentlemen』(万来舎)を今年6月に上梓したスタイリストでファッションディレクターの青柳光則氏が、先ごろ開催された「トウキョウ メンズ フェス 2017@イセタン」内の「ザ・トレンチショップ」にてトークショーを開催。<アクアスキュータム>のトレンチコート「グレナディア」より更に着丈の長い別注トレンチ“青柳モデル”を着て登場した。青柳光則あおやぎみつのり●1960年

  • <MACKINTOSH PHILOSOPHY/マッキントッシュ フィロソフィー>|三越伊勢丹限定コートや、2年ぶりの復活を遂げた名作アウターが登場
    2017.11.26 update

    <MACKINTOSH PHILOSOPHY/マッキントッシュ フィロソフィー>|三越伊勢丹限定コートや、2年ぶりの復活を遂げた名作アウターが登場

    英国を代表する老舗ブランド<マッキントッシュ>。そのモノづくりの精神とクラシックで時代性のあるスタイルを受け継いだトータルコレクションが<MACKINTOSH PHILOSOPHY/マッキントッシュ フィロソフィー>。 三越伊勢丹限定のコートをはじめ、2年振りに復活したリバーシブルキルティングジャケットの名作「WARENFORD(ウァレンフォード)」や、ステッチレスでミニマルデザインにアップデートしたウールビーバーコート、軽く柔らかな風合いのダブルフェイスウールコートなど、ON/OFFそれぞ

  • 強い思い入れ
    2017.11.23 update

    強い思い入れ

    冬の足音が近づき、日に日に寒くなってきましたね。そんな日には、サロン ド シマジオリジナルウエアのファイヤーマンジャケットはいかがでしょう。シマジ「このジャケットはパリの左岸にあった紳士服の名店“アルニス”の“フォレスティエール(森の番人)”からヒントを得て、考案したジャケットなんです。私が週刊プレイボーイの編集長になりたての頃、パリのアルニスのショウウィンドウに飾られたフォレスティエールを見て“美しいモノをみつけたら迷わず買え!”の