ページトップへ
CLOSE
  • メンズ館5階=メンズテーラードクロージング ポップアップ&オーダー会情報
    2019.12.18 update

    メンズ館5階=メンズテーラードクロージング ポップアップ&オーダー会情報

    男の装いの核となるドレスクロージングを提案するフロア ドレスクロージングの聖地を目指し、品格あるドレススタイルを提案するメンズ館5階=メンズテーラードクロージングとメイド トゥ メジャー。ここでは、ワールドワイドなブランドのスーツや、国内外のテーラーが提案するスタイルなど、ドレスシーンを格上げするファッションが集結している。     同フロアでは、シーズンのコレクションを一早くご覧いただける受注会をはじめ、素材選びからディテールに至るまで、個性を最大限に引き出す一着を誂

  • <FUJITAKA/フジタカ>|持ち手が選べる!腕の立つ職人だけが手掛ける最高級ライン「フジタカ ギャラリー」カスタムフェアを開催。
    2019.12.12 update

    <FUJITAKA/フジタカ>|持ち手が選べる!腕の立つ職人だけが手掛ける最高級ライン「フジタカ ギャラリー」カスタムフェアを開催。

    2019.12.18 - 2019.12.31

    日本の伝統的な職人技術とモダンな感性を融合させたバッグを展開する<フジタカ>が、12月18日(水)から31日(火)まで、メンズ館地下1階=バッグにてカスタムフェアを開催。新作バッグのハンドルカラーをお好みでお選びいただき、当日持ち帰りいただける特別な機会となる。 ブリーフバッグ 143,000円(28×40×9cm) トートバッグ 132,000円(35×34×14cm) <フジタカ>の最高級ラインに位置する「フジタカ ギャラリー」は、伝統を継承してきた

  • ナポリの実力派サルト<Luca Grassia/ルカ グラッシア>によるオーダー会を開催。3代目ルカ氏も来店
    2019.11.12 update

    ナポリの実力派サルト<Luca Grassia/ルカ グラッシア>によるオーダー会を開催。3代目ルカ氏も来店

    2019.11.16 - 2019.11.17

    メンズ館5階=メンズテーラードクロージングでは、11月16日(土)と17日(日)の2日間、イタリア・ナポリの実力派サルト<Luca Grassia/ルカ グラッシア>によるオーダー会を開催。当日は、3代目ルカ氏とその弟サルヴァトーレ氏が来店し、採寸はもちろん、デザインやディテール、生地選びなどのアドバイスを行う。 3世代に渡ってサルトリアとして腕をふるってきたス ミズーラ工房が、伝統と独自の感性を結集して、2017年に立ち上げた<ルカ グラッシア>。一流ブランドのOEMを長年手がけた確かな腕と、

  • 創業200年を誇るサヴィルロウ最古のテーラー<HENRY PICTORIOUSOOLE/ヘンリープール>がトランクショーを開催
    2019.10.29 update

    創業200年を誇るサヴィルロウ最古のテーラー<HENRY PICTORIOUSOOLE/ヘンリープール>がトランクショーを開催

    2019.11.02

    紳士服の聖地、英国・ロンドンのサヴィルロウに店を構える<ヘンリープール>が、11月2日(土)に、トランクショーを開催。本国からカッターのアレックス・クック氏を招き、英国が誇るテーラリング文化の世界観を身近に体感できる特別な機会となる。  アレックス・クック氏 数々の往年のウェルドレッサーに愛された<ヘンリープール>。200年を超える歴史の中で常に最高品質を目指し積み重ねてきた技術は、時代に流されず凛とした男性の姿を作り出してきた。今回のトランクショーでは、「FINTEX of LONDON/フィ

  • <三陽山長>|23cm~29.5cmまでオーダー可能!一週間限定パターンオーダー会を開催。
    2019.10.29 update

    <三陽山長>|23cm~29.5cmまでオーダー可能!一週間限定パターンオーダー会を開催。

    2019.10.30 - 2019.11.05

    2001年のブランド創立以来、日本の職人が作る『匠』『技』『粋』をテーマに、一貫したモノづくりを行ってきた<三陽山長>による恒例のパターンオーダー会が、 メンズ館地下1階=紳士靴にて、10月30日(水)から11月5日(火)までの期間限定で開催される。既製品では通常展開のないサイズやウィズをはじめ、モデルや素材も自分好みの仕様にできる同イベント。昨年に続き今回も、グッドイヤー製法でのお仕立てに加え、九分仕立て(ハンドソーン仕上て)もセレクトが可能。通常は有料メニューとなる「ストームウェルト」仕様も、この期間

  • <ISAIA/イザイア>|今シーズンのコートが豊富に揃う「コートフェア」を開催!会期中は専属テーラーによるス ミズーラも
    2019.10.21 update

    <ISAIA/イザイア>|今シーズンのコートが豊富に揃う「コートフェア」を開催!会期中は専属テーラーによるス ミズーラも

    2019.10.23 - 2019.11.05

    名門ファクトリーブランドでありながら、モダンテイストの漂う時代感を反映させたコレクションを展開するイタリア・ナポリのブランド<ISAIA/イザイア>。10月23日(水)より期間限定で開催するコートフェアでは、通常メンズ館ではお取扱いのないモデルを特別にご用意し、豊富なバリエーションをご紹介。また会期中は、専属テーラーによるコートのス ミズーラも同時開催する。“身に纏う芸術品”と評され、イタリアのハンドメイドスーツの最高峰とも称される<イザイア>。仕立ての柔らかさや卓越したカッティン

  • <EDWARD GREEN/エドワード グリーン>|約50種類ものデザインから選べる、年に一度のパターンオーダー会を開催!週末にはヒラリー氏も来店
    2019.10.08 update

    <EDWARD GREEN/エドワード グリーン>|約50種類ものデザインから選べる、年に一度のパターンオーダー会を開催!週末にはヒラリー氏も来店

    2019.10.09 - 2019.10.15

    稀代のクラシックシューメーカーとして「CHELSEA」や「DOVER」など、時代を越えて愛され続ける名品を生み出してきた<EDWARD GREEN/エドワードグリーン>。メンズ館地下1階=紳士靴では、10月9日(水)から15日(火)まで、年に一度のパターンオーダー会を開催。週末には、同ブランドのCEO、ヒラリー・フリーマン氏の来店も予定している。1890年に英国・ノーサンプトンで創業し、「稀代の才気煥発な靴職人」として瞬く間に名声を上げた創業者エドワード・グリーン氏。"できる限りの上質を求める"という哲学

  • <E.MARINELLA/マリネッラ>|ナポリの名門当主自らがお見立て!伝統を受け継ぐハンドメイドを堪能できるオーダー会を開催
    2019.10.08 update

    <E.MARINELLA/マリネッラ>|ナポリの名門当主自らがお見立て!伝統を受け継ぐハンドメイドを堪能できるオーダー会を開催

    2019.10.12

    お知らせ 10月12日(土)に予定しておりました<マリネッラ>オーダー会は、台風19号接近に伴い、中止とさせていただきます。直前のご案内となりました事を心より深くお詫び申し上げます。     イタリアの老舗ネクタイ専門店<マリネッラ>のオーダー会を、10月12日(土)にメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイにて開催。当日は、3代目当主マウリッツィオ・マリネッラ氏とその長男アレッサンドロ氏が来店し、採寸はもちろんお客さまのご要望に応じた特別な一本をお見立てする。 関連記事 【イ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

EDITORS’ PICK
2020.01.15 update

EDITORS’ PICK

最新トレンドからメンズ館に新たに登場する新ブランドまでを完全網羅。編集部員が独自目線で切り取った最新情報をお届けする。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選
2020.01.15 update

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選

年が明けてから暖冬というニュースが目につくが、暦の上の立春を過ぎれば、寒さの中にも暖かい日差しを感じる日々が到来する。そんな春の到来を待ちつつも、着々と準備を進めておきたいのが大人の装い。ボリューム感のある冬のダウンコートや中綿のコートを脱いで、肌寒さの残る時期でも着られる春のレザーアウターをチョイスした。 春を感じながら軽快に着こなす、2020年春のレザーアウターが到着 実力を誇る名だたるレザーブランドが技術を駆使して仕上げた、軽くて薄い、やわらかな風合いの春のレザーアウターは、それぞれブランドならでは

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の