ページトップへ
CLOSE
  • 冬の着こなしを際立たせる"一流の手袋"5選
    2018.12.22 update

    冬の着こなしを際立たせる"一流の手袋"5選

    一流のコートには、一流のグローブを――コートのボタンを留める、ベルトをギュッと締める、そして最後の仕上げとしてグローブを手にはめる。コートを着る季節になったら、手元を男らしく演出するグローブにもこだわりたい。外出時に手を温めるのはもちろん、コートの胸ポケットに挿すとグッとオシャレ度がアップする名脇役だ。メンズ館で扱うグローブブランド<デンツ>のペッカリー革の世界的な定番から、今季らしいスタイリングにフィットするデザイン性の高いラグジュアリーなグローブまでをピックアップした。防寒性と男らしさを兼ね備える

  • 現代的に昇華した新たな「名品」──ホリデーシーズンを彩る<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>の傑作3選
    2018.12.22 update

    現代的に昇華した新たな「名品」──ホリデーシーズンを彩る<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>の傑作3選

    1897年の創業以来、エレガントなトラベルケースで名を馳せる英国老舗<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>。何年経とうと決して色褪せることのない不変的な魅力は、拘りを持つ男の"良き相棒"として長らく愛されている。今回は、道具としての機能性はもちろん、贅沢な素材使いに優美な佇まいなど、現代のライフスタイルに合わせて昇華した新たな「名品」をお届けする。=====上/ジェット トラベルブリーフ 291,600円(40.6 x 31.5 x 15 cm)下/トロリーケース 205,200円(

  • 男心を惹きつける、「品」と「暖」を備えた極上ニット5選
    2018.12.19 update

    男心を惹きつける、「品」と「暖」を備えた極上ニット5選

    朝晩の寒風が本格化してきた昨今、ニットアイテムの有り難みがほっこり沁みる季節となった。冬の着こなしをリッチに格上げしてくれるラグジュアリーブランドのマフラーやセーターは、トレンドに流されずおしゃれに仕上がる秀逸アイテム。「ついつい毎年新調したくなる」という人も多く、冬の思い出となるギフトにも最適だ。 最高峰の素材と編みから生まれるラグジュアリーニットは、先端素材を悠々と超える! =====GIORGIO ARMANI<ジョルジオ アルマーニ>マフラー 各29,160円

  • 大人が選ぶべき10ブランドを厳選──“ボーナス買い”の大本命は、使い勝手満点の「ミニ財布」と「ミニ鞄」
    2018.12.14 update

    大人が選ぶべき10ブランドを厳選──“ボーナス買い”の大本命は、使い勝手満点の「ミニ財布」と「ミニ鞄」

    最近、身近な人の財布やバッグがどんどん小さくなっていると思いませんか? ICカードでの決済やPayPayのようなスマホアプリ決済も普及しだして、財布やバッグの中身もスマート化しているのを実感するが、そんな時代背景から注目されているのが"ミニ財布"&"ミニ鞄"。薄仕立てながら機能をしっかり搭載したミニ財布や、ちょっとした外出のときにスマホや財布が収納できるマルチユース型のミニ鞄を伊勢丹メンズが厳選。ラグジュアリーメゾンから実力派ファクトリーブランドがこぞって展開するニュースタンダードを提案する。&nbs

  • "季の美"が香るカクテルと味わう2019年春夏コレクション──デザイナーズ&ラグジュアリーカタログ『EPOCH』2018.12.12号が発刊
    2018.12.12 update

    "季の美"が香るカクテルと味わう2019年春夏コレクション──デザイナーズ&ラグジュアリーカタログ『EPOCH』2018.12.12号が発刊

    ラグジュアリーブランドによるイセタンメンズの最旬をお届けするデザイナーズ&ラグジュアリーカタログ『EPOCH』の最新号が、12月12日(水)に発刊。今号では、2019年春夏シーズンの最旬ファッションをいち早くご紹介する。 ▶『EPOCH』最新号はデジタルカタログでご覧いただけます 『EPOCH』では毎号、日本酒や和菓子、ギターなど、さまざまな分野で活躍する世界のトップブランドとのコラボレーションや独自の切り口も楽しみの一つ。2018年は年間を通じて、「日本/JAPAN」に

  • "クラシックの追求"をテーマに、2019年春夏コレクション早期ご予約会&販売会が開催
    2018.12.11 update

    "クラシックの追求"をテーマに、2019年春夏コレクション早期ご予約会&販売会が開催

    2018.12.12 - 2018.12.31

    伊勢丹メンズは早くも2019年春夏シーズンに突入!――本格シーズンに先駆けて開催し、毎回好評をいただいている「早期ご予約会(受注会)」がボリューム&パワーアップしてメンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーと同5階=ビジネス クロージングに再び登場する。──“装うことを愉しむすべての人へ“12月12日(水)から同31日(月)まで、メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーと同5階=ビジネス クロージングで開催される「2019年春夏コレクション早期ご予約会&販売会」で

  • <malo/マロ>|"極上カシミヤ"に代表格、真の贅沢を味わえる至高のニットウェア
    2018.12.08 update

    <malo/マロ>|"極上カシミヤ"に代表格、真の贅沢を味わえる至高のニットウェア

    カシミヤニットといえばスコットランド製の商品が主流だった1970年代当時に、斬新なデザインやカラーでスタイリッシュな"メイド・イン・イタリー"を打ち出し、現在ではカシミヤニットの代名詞とまでいわれるブランドとなった<malo/マロ>。今季のコレクションでは、モンゴル産ホワイトカシミヤを贅沢に使用したニットアイテムが豊富にラインナップするなど、冬の装いを上品に仕上げる逸品の数々がお目見えした。(左から)ニットキャップ 各31,320円 ご購入はこちらクルーネックセーター 96,120円&nbs

  • 【動画】矢部克已×ナポリの新世代クリエーターたち| vol.4 ファビオ・ボリエッロ──使命は洗練されたシャツ仕立て
    2018.11.21 update

    【動画】矢部克已×ナポリの新世代クリエーターたち| vol.4 ファビオ・ボリエッロ──使命は洗練されたシャツ仕立て

    若きクリエーターたちが提案する新しいナポリスタイルに注目するイセタンメンズ。ビジネススタイルにも「スーツの必然性がない時代」だからこそ、本当に必要な場面でスーツを着る、好きだからネクタイを締める、Tシャツやポロシャツよりシャツが好きという「自主的にスーツスタイルを愉しむ」ことが新鮮だ。熱い思いがこもったものづくりに取り組むナポリの若きサルトの個性とお客さまの個性がメンズ館で出会って、お客さま一人ひとりのために仕立てられた服を纏うことから、新しい時代が見えてくる。 イベント情報<ボリエッ