2020.11.19 update

【イベントレポート】慶伊道彦と青山「J.プレス&サンズ」の最新アイテムを見て歩く|Trad Channel Vol.3

「Trad Channel」第3回は、キュレーターの慶伊 道彦さんと、日本橋三越本店 紳士フロアマネージャーの関 太樹が、日本橋三越本店を飛び出して、「トラッド次世代に繋げる」をコンセプトに掲げるショップ「J.PRESS & SON’S/J.プレス&サンズ」までお散歩。
「J.プレス&サンズ」のバイヤー兼企画担当の黒野 智也さんの案内で、今の気分で着たいトラッドなアイテムをチェックします。

▶これまでの連載はこちらから
▶対談の模様は日本橋三越本店公式SNSで配信中
日本橋三越本店 メンズクロージング公式Instagram

ドレスとカジュアルを自在に行き来する、“大人やんちゃ”を楽しむ着こなしを



左から「J.プレス&サンズ」のバイヤー兼企画担当の黒野 智也さん、日本橋三越本店 紳士フロアマネージャーの関 太樹、Trad Channelキュレーターの慶伊 道彦さん

「J.プレス&サンズ」は、〈J.プレス〉の原点=オリジナルをモダンなシルエットとこだわりの素材で表現する〈J.プレス オリジナルズ〉のフルコレクションを揃える初のコンセプトストアとして、昨年青山にオープン。今も世代を超えて愛される数々のベーシックアイテムがアップデートして、新しい魅力を放ちます。

関 太樹(以下:関)  今回は、日本橋三越本店を飛び出し「J.プレス&サンズ」にお邪魔いたしました。まずは、今季のオススメアイテムを、黒野さんからご紹介いただきましょう。

黒野 智也 (以下:黒野)〈J.プレス〉は大きなシーズンテーマよりも、長年に渡って作り続けてきた定番を時代に合わせてアップデートしてコレクションを作り上げています。今シーズン、まずオススメしたいのは、ポリエステルとコットンのカツラギ素材を使った〈J.プレス オリジナルズ〉のカバーオールです。

慶伊 道彦(以下:慶伊) 黒に見えますが、濃いグリーンなのが新鮮だね。

 
黒野 ワークウエアでよく使われているカツラギ素材ですが、カジュアルになり過ぎず、ダークグリーンが大人らしさも出て、新鮮さがあるアメリカンワークウエアとなっています。

胸ポケットの上のデザインは何ですか?

黒野 ポケットの上は、ヴィンテージのアーカイブに企業のワッペンが貼られていたので、名前を記載するようなディテールとしてアップデートしました。

慶伊 なるほど。オリジナルやルーツに敬意を払って残しているわけですね。

黒野 アメリカンカジュアルなアウターですが、今季はタイドアップしたり、カジュアル過ぎない着こなしをおすすめしています。

このカバーオールでタイドアップするのは新しいですね。

フレンチヴィンテージ的な香りがする太畝コーデュロイシリーズにひと目惚れ



慶伊 今年は太い畝のコーデュロイを着たいと思っていたら、「J.プレス&サンズ」で見つけました。

黒野 ダブルブレスト、スイングトップ、CPOタイプとパンツの4アイテムあって、自由に組み合わせてセットアップも楽しんでいただけます。このコーデュロイは、水中で揉みたたくことで、フィブリル(毛羽立ち)が起きるニドム加工を施していて、光沢や弾力性、カサ高性など、新しい表情に生まれ変わりました。

太畝コーデュロイだと粗野な印象になりがちですが、これは光沢感があって上品に見えますね。

黒野 太畝はカジュアルな要素が多いのですが、光沢感と品の良さのギャップが新鮮さを生み出しているのではないかと個人的には思っています。

慶伊 素材感からフランスの香りがするね~。

同じ素材で多アイテム展開というのは面白いし、コーディネートに使いやすいですね。

今の時代感をツイストして、伝統的なブレザーを現代的に昇華



〈J.プレス オリジナルズ〉ブレザー 70,400円


〈J.プレス〉といえば、ブレザーはやはり外せません!

慶伊 この〈J.プレス オリジナルズ〉の3つ釦ブレザーは、素材感が新しいね。

黒野 はい、このシーズン性を取り入れたブレザーは、ユニフォームや軍モノによく使われているポリエステルウールのサージ素材を使っています。着用回数が多くてもシワになりにくく、耐久性がある素材ですが、リッチな素材感が魅力です。

慶伊 シルエットもややゆったりめなボックスシルエットだから、いろんな着こなしが楽しめる。

タイドアップはもちろん、カットソーなどでラフに着ても格好いいですね。チャレンジしてみたくなります。

黒野 ガシガシ着ていただけるブレザーなので、レイヤードなども楽しんでいただきたいです。

新鮮なスタイルを楽しむのに適したカラフルなシャギードッグセーター



〈J.プレス オリジナルズ〉シャギードッグセーター 各29,700円

シャギードッグセーターは一際目を引きますね。

黒野 シェットランドウールで有名な英国スコットランドの紡績会社「J.C.レニー社」のシェットランドブレンドの糸を使用したシャギードッグセーターです。

慶伊 今年もどの色も欲しいラインナップになっていますね。

黒野 ありがとうございます。毎シーズン、長い時間をかけて色を選んでいて、今季はイエロー、オレンジ、チャコールブラウン、ネイビー、カーキなど無地を7色揃えました。単色ではなくマーブルっぽいカラーが特徴です。さらに今年は大胆なパネルっぽい柄のボーダータイプも2色展開しています。

色使いのうまさといえば慶伊さんですが、今年のラインナップの中からどれを選びますか?


慶伊 僕はいつも黄色だけど、今年はカーキかな。着るとシブいけど、肩に掛けたり、腰に巻いたり、寒ければ着ればいいし、セーター一枚あると何でもできる。映画『アナザー・カントリー』風のコーディネートができるね!

〈J.プレス×ケネスフィールド〉のコラボレーションアイテムはディテールに注目!

11月30日(月)まで日本橋三越本店2階 紳士フロアにてご紹介しているのが、〈J.プレス〉と日本ブランド〈ケネスフィールド〉のコラボレーションコレクションです。

黒野 今回は、デザイナーの草野さんとともに、「黒」と「英国」に着目しました。


慶伊 〈J.プレス〉の伝統と看板に、新しい今の空気感を触れさせるということですね。「黒」というところに今季のこだわりと空気感があるよね。

黒野 たとえば、シャギードッグセーターの黒を作ったんですが、草野さんの「エルボーパッチつけて欲しい」というリクエストに応えて、日本で工場を探して、エルボーパッチをハンドで縫い付けました。
草野さんいわく、「シャギードッグのエルボーパッチも、本来なら穴が空いたり破れたりした後にパッチを付けるわけだけど、最初から付いているエルボーパッチなんてお洒落過ぎですよね?」とブログに書かれています。

シャギードックのタグに、赤い〈ケネスフィールド〉のリーフマークがコラボレーションのモチーフとしてありますが、着たら見えないのが草野さんって感じです。シンプルですけど、こだわりがあって、奥深いですよね。


〈J.プレス×ケネスフィールド〉シャギードッグセーター 42,900円

慶伊 ワイドカラーのシャツもしっかりコラボレーションしていますね。胸ポケットにフラップが付いていますが、イギリスは本来、ポケットを付けないけど、ここにアイビーを入れているのが上手い。

黒野 2代目のJ.PRESSが、「大学生はモノを落とすから、フラップをつけて欲しい」というリクエストからずっと継承されていて、隠れたところでコラボレーションが起きています。

それは良いエピソードですね。アメリカ製だとどうしても土臭くなるところを、ベースは変えずに英国をミックスしているんですね。


〈J.プレス×ケネスフィールド〉シャツ 17,600円、ネクタイ 各15,180円

黒野 それと、コーディネートに欠かせないのが、〈J.プレス〉の4 FACE TIEです。J.PRESSアーカイブからストライプと小紋柄を、〈ケネスフィールド〉からはリーフ&ピースパターンをチョイスし、ネイビーベースで数パターン組み合わせました。

ベーシックなネイビーとチェックや小紋などを組み合わせていて、4倍楽しめます。

黒野 全部で15種類ぐらいラインナップしているので、選ぶ楽しみもありますね。

慶伊 4面使えるネクタイだから、ドレスからカジュアルまでとても使いやすいですよ。まさにマルチで使えるネクタイです。

黒野 さらに〈ケネスフィールド〉の人気アイテムのグルカパンツ×ブラックウォッチは私たちが一番作りたかったアイテムです。ワイドトラウザーズの新鮮なシルエットで、柄物をシックに差すスタイリングが作れます。

ボトムスのボリューム感が変わって、穿くと新鮮でしょうね。

慶伊 クラシックな柄を選んでいますが、イギリスのプライベートスクールのやんちゃな生徒のようなニオイがありますよ。

着こなしを考えるのが楽しくなりそうなアイテムばかりですね。ぜひプロモーション期間中は足をお運びいただき、ご覧いただければと思います。お二人とも今日はありがとうございました。




黒野 智也●くろの ともや
J.PRESS&SON'Sの企画、バイヤー。一度オンワードを離れるも昨年、J.PRESS&SON'S立上げの為に再び戻る。J.PRESS LADIESのMDを経て現職に至る。バイイングに関しては国内外から仕入れを行い。海外はアメリカでの買付けがメイン。現在はJ.PRESS&SON'Sの店舗にも立ち、直接お客様と接する事で企画、バイイングに活かしている。SHOP Instagramにも注力し、趣味でもあるカメラを活かし、自ら運営も行なっている。週1ペースでSHOPのアカウントからインスタライブも開催。
Instagram(@tomoya.kurono


慶伊 道彦●けいい みちひこ
1976年、青山にてネクタイブランド〈フェアファクス〉を創業。東京発“ボールドトラディショナル”を切り口にし、ドレスシャツも手掛けていた。〈フェアファクス〉という社名は、当時ワシントンにあったフェアファクスホテルからインスパイアしたもの。現在は後世にトラッドマインドを継承すべく、『Kay_Standard_Style_TOKYO』にてYouTubeチャンネルを開設。アイテムを切り口にした着こなしの提案や参考にしたい映画の紹介で人気を博している。ラルフ ローレン氏と初めて契約をした日本人というのも知る人ぞ知るエピソードとなっている。
Instagram(@kay_standard_style
 
イベント情報
「J.プレス&サンズ」プロモーション
  • 開催場所:日本橋三越本店 本館2階 紳士クロージング


▶対談の模様は日本橋三越本店公式SNSで配信中
日本橋三越本店 メンズクロージング公式Instagram

Photo:Taku Fujii
Text:Makoto Kajii

お問い合わせ
日本橋三越本店2階 紳士ファッション/紳士雑貨
03-3241-3311(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら