2019.11.15 update

【特集】イタリアンラグジュアリーを貫くアウターメゾン、<HERNO/ヘルノ>の注目アウターTOP3(1/4)

最高級のテーラードスーツを着る人にとって、冬場のコート選びは難問だろう。本来ならばウールのテーラードコートを着るべきなのだが、如何せん日本のドレスシーンには少々荷が重い。冠婚葬祭などフォーマルなシーンならともかく、街着やビジネススタイルにはドレス感が強過ぎて気が引ける。かといって日本のビジネスコートとして人気の薄手のステンカラーやトレンチコートは、お世辞にも温かいとは言い難い。多くのファッションメディアが冬のコート特集に頭を抱えるのは「結局ダウンが一番温かいでしょ」という正論に勝てないからだ。


しかしイタリアブランドとして唯一と言っていいだろう、本格的な冬アウターをリリースしているブランドがある。それが<HERNO/ヘルノ>だ。イタリア国内でもアウターのトップメゾンとして知られている同ブランドは、パックを用いないインジェクション方式の軽量でボリュームを押さえたダウンウェアを開発し、クラシックなコートから最新のスポーツアウターまでを網羅するコレクションは、モダンとスポーティを共有し、クラシックのもつ優雅さを最新鋭のスポーツユーティリティ性とともに再現することで、高機能なアウター&コートをラインナップしている。

<ヘルノ>ダウンコート 107,800円
なかでも「ラミナー」シリーズは、アウトドアスポーツウェアで使われる高機能素材ゴアテックスを採用しながら、エレガントに着られるアウター&コートをラインナップするコレクションだ。ゴアテックスを巧みなセンスでスタイリッシュなアウターに仕上げ、世界中のウェルドレッサーに愛されてきたこのシリーズは、今季遂に自社で新素材を開発する。上質なウールタッチのままゴアテックスと同じ透湿防水性を備えた新作「ラミナー」のコートは、著名なサルトでスーツを仕立てるような、こだわり派にも納得できるほどのエレガンスをもつダウンウェアを誕生させたのだ。

伊勢丹メンズにも毎シーズン、<HERNO/ヘルノ>のコレクションが充実している。先のラミナーのシリーズは、今年の目玉でもある。さっそく今季の注目トップ3をご紹介しよう。




■ <HERNO/ヘルノ>の注目ダウンアウターTOP3
▼ 1. 日本のビジネスシーンに即したイタリアメイドのステンカラー
▼ 2. ジャケット代わりに着たいフード付きテーラード型ダウンジャケット
▼ 3. ラグジュアリーなカシミヤチェスターにスポーティな味付け





Photo:ISETAN MEN‘S net
Text:Yasuyuki Ikeda

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館5階=メンズテーラードクロージング
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら