2019.07.30 update

新潟発アウトドアブランド<Snow Peak/スノーピーク>のポップアップショップがオープン!機能とデザインを兼備した新作ウエアが続々と登場。

07.31 Wed -08.20 Tue
メンズ館6階=メンズコンテンポラリー
ハイスペックかつデザイン性にも優れたプロダクトで人気を集める、新潟発のアウトドアブランド<スノーピーク>のポップアップショップが、7月31日(水)から、メンズ館6階=メンズコンテンポラリーにオープン。会期中は、人気のアパレルラインを中心に、ギアアイテムなどのアウトドア用品もラインナップする。


「TAKIBI」シリーズ
左)ジャケット 41,040円
右)ベスト 38,880円
*8月2日(金)発売開始予定

<スノーピーク>のアパレルラインは、「HOME⇄TENT」をコンセプトに、街と自然を行き来するウエアを提案。独自の視点で素材開発やデザインを行い、日常着にアウトドアの機能や知恵を備えたアイテムを展開している。

“焚き火”を楽しむためのアパレル「TAKIBI」シリーズは、火の粉で穴が空いてしまわないよう、消防服などにも使用される難燃性に特化したアラミド素材を使用。磨耗や強度にも優れ人気の高い同シリーズだが、今シーズンはさらに進化を遂げた。表地に撥水加工を施すことで雨天にも強い素材となり、あらゆるシーンでの対応が可能。焚火を囲むことはもちろん、アーバンアウトドアスタイルにも欠かせない同シリーズの新作は、ツナギ、ジャケット、ベスト、パンツの全4型が登場する。


「LOCAL WEAR IWATE」
左)HANTEN 25,920円
右)HAPPI VEST 127,440円

また、“その土地を着る”をコンセプトに、日本各地の風土や技法に特化したものづくりを活かしたアパレルライン「LOCAL WEAR by Snow Peak」 も登場。岩手県にフォーカスした「LOCAL WEAR IWATE」は、郷土芸能の“鹿踊り”をはじめ、半纏や浴衣など祭りの衣装を100年以上にわたり手掛けている老舗「京屋染物店」との共同製作によるもの。昔ながらの技術でつくられる生地を用いた伝統的な祭り衣装を<スノーピーク>の世界観に落とし込んだ「昔シリーズ」と、あえて和裁の手法で洋服に仕立てた「現代シリーズ」がラインナップする。


<スノーピーク>ポップアッププロモーション
□7月31日(水)~8月20日(火)
□メンズ館6階=メンズコンテンポラリー

Text:ISETAN MEN'S net

*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
03-3352-1111(大代表)