2019.08.13 update

セレブが愛用、メッセージ入りのカシミヤニット from NY

昨今、多様なメディアから様々なメッセージが発信されている。ランウェイショーでは登場するモデルが手描きのメッセージを掲げたことも話題になったし、社会派のセレブリティはSNSで発信する。Tシャツのプリントにメッセージを込めたアイテムもブームとなっている。


そんななかアメリカ・ニューヨークでメッセージを刺繍したカシミヤニットブランドが話題となっている。ニューヨークのバーグドルフ・グッドマンやロンドンのセルフリッジなど、ハイセンスなショップで取り扱われているのが<Lingua Franca/リンガフランカ>。上質なクルーネックのニットに手刺繍のメッセージが踊るこのニットブランドを、伊勢丹バイヤーは世界中のファッショントレンドに詳しい某世界的インフルエンサーに紹介された。

デザイナーはラシェール・ラスカ・マクファーソン。自身、実業家としてNYのファッション&ソーシャルシーンに身を置きながら、2016年に趣味の延長でカシミヤセーターにメッセージを刺繍しはじめた。「Power to the people」「Let it be」「Come together」など、映画や音楽でしばしば使われるフレーズは、仲間内に声がけするようなつもりで着られるものだが、社会へのメッセージ性をもつメッセージもラインナップされている。


セーター 各57,240円
商品を見る


アーティストやセレブリティがインスタグラムで着用するなど密かな支持者も増えているこの<リンガフランカ>。伊勢丹メンズ館では、同ブランドの初展開に合わせ、自分好みのメッセージを刺繍できるイベントの開催を予定している。貴方なら、どんなメッセージを刺繍するだろう。

 
*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
メンズ館1階=シーズン雑貨・帽子
03-3352-1111(大代表)