2019.03.29 update

<ANNA MATUOZZO/アンナ・マトッツォ>|ナポリの頂点に君臨するカミチェリアが一日限りのオーダー会を開催

04.06 Sat
メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ
イタリア・ナポリの伝説のカミチェリア<アンナ・マトッツォ>。例年、秋冬シーズンに一度ス・ミズーラ会を開催している同ブランドが、今回リモデルオープンを記念し、一日限りとなるス・ミズーラ会を開催。4月6日(土)の当日は、アンナ・マトッツォ女史がメンズ館に来店し、お客さま一人ひとりのスタイルに合わせた一着をご提案する。





ナポリの頂点に君臨するカミチェリア<アンナ・マトッツォ>。1970年~80年代にかけて、かのルビナッチが手掛けた名店「ロンドンハウス」は、アントニオ・パニコがジャケットの“カーポ タリアトーレ”、アンナ・マトゥッツォがシャツの”タリアトリーチェ“という、とてつもなく豪華な布陣だった。
彼女が90年に独立し、自身のカミチェリアを構えて以降もパニコのシャツは常にアンナだ。氏が惚れ込んだアンナ女史のシャツもまたナポリの奇跡だといえる。


アンナ女史のシャツは、シャツ生地の宝石とも称される「カルロリーバ」のような高番手の甘織り生地と最高にマッチする。ディティールはドラマチックで、ルビナッチでエレガンスを叩き込まれているからか表現に品がある。どこまでも柔らかなフラシの襟、袖山のギャザー、首の吸い付き、体の動きに追従する着心地の良さに感動するはずだ。

今回行われるス・ミズーラ会では、彼女の真骨頂である“13ポイント”のハンドメイド仕立てはもちろんのこと、裄丈、着丈、首回り、カフスなどの「縦補正」に加え、バストやウエスト、ヒップなどの「横補正」も可能。
また、前述の「カルロリーバ」や「トーマスメイソン」といった最高級クラスのシャツ生地に加え、イタリアの工房で大切に保管されてきたスペシャル生地もご用意するので、ビンテージ生地を使用したシャツやジャケットのオーダーも可能となる。

<アンナ・マトッツォ>ス・ミズーラ会のご予約はこちら


<ANNA MATUOZZO/アンナ・マトッツォ>ス・ミズーラ会
アンナ・マトッツォ氏来店
□4月6日(土)11時~7時
□メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ
□価格:ドレスシャツ 129,600円から(ビンテージファブリック  151,200円から)
ジャケット 248,400円から(ビンテージファブリック  432,000円から)
□お渡し:約6カ月後
□ご予約:ご来店をご希望のお客さまは予約フォームまたは、下記までお問い合わせください。

*ご予約に関しましてご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。
*都合により、来店予定が中止または変更になる場合がございます。また、時間帯により不在の場合がございます。予めご了承ください。


今後のオーダー会スケジュール
■4月6日(土) <アンナ・マトッツォ>ス・ミズーラ会
■4月13日(土)・14日(日) <ルイジ ボレッリ>ネクタイ オーダー会


Text:ISETAN MEN'S net

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら