2018.11.27 update

バイヤーが"3D計測を体験!"アシックス発、次世代ドレスシューズ<Runwalk/ランウォーク> の魅力とは。(1/3)


ことし7月に念願の旗艦店、アシックスランウォーキングギンザをオープンするなど<Runwalk/ランウォーク> がじわじわとその存在感を高めている。はやくから次世代ドレスシューズの最右翼と位置づけてきたバイヤー、福田隆史は満を持してパターンオーダー会を開催することが決定した。初のパターンオーダー会には伊勢丹メンズ限定でグレーが、アシックスランウォークギンザとの2店限定でグリーンが登場する。今回は、同店長の石坂道大が指南役となってその魅力を開陳する。

イベント情報

 <ランウォーク> パターンオーダー会

□11月28日(水)~12月11日(火)
□メンズ館地下1階=紳士靴



福田
ブラックを基調とした高級感あふれるつくり。<ランウォーク>初の単独直営店は銀座にふさわしい佇まいですね。立ち上がりも好調とうかがっています。
石坂 おかげさまでプレステージラインはすでに完売、カラーバリエーションを揃えたレザースニ ーカーは白を残すのみとなっております。
福田 本日はそんなお店を牽引するパターンオーダーを体験したくお邪魔しました。目玉は3次元足形計測機ですね。
石坂 ええ。では早速ですが、まずはシールを貼らせていだきますね。これはボールガース (親指と小指の付け根をぐるりと囲んだ、靴の構造上もっとも大切なパート)とアーチ (クッションの役割を果たす骨組み)の高さを確認するためのものです。では足を入れていただけますか。



(福田の足が数秒でモニターに映し出される)


福田 とてつもなく速い。そしてまさに3D。
石坂 計8台のカメラが駆動、計測しています。福田さんの足は、甲はそこまで高くありませんし、親指の外反も踵の傾斜角もほぼ正常な数値に収まってい ます。全体的にほっそりされていますが、弊社では2Eから4Eまでウィズ展開しておりますので、ご自身の足に合った靴を選んでいただけます。
福田 多岐にわたる採寸ポイントはさすがの一言ですね。

NEXT>革・仕上げ・デザインへの拘りが"顔(ツラ)"を決める