2018.07.12 update

<Steiff/シュタイフ>|過去に発売された限定品も登場──「男のシュタイフ展@CHALIE VICE」が開催

07.11 Wed-07.24 Tue
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
約140年前に生まれたシュタイフの歴史を感じる──7月11日(水)から、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスでは、男のシュタイフ展@CHALIE VICEプロモーションを開催。過去に発売された限定品や滅多にお目にかかれない非売品など、シュタイフの世界観をご堪能いただける特別な機会となります。


「ディッキーベア レプリカ1930」*非売品
1930年に登場し大人気を博したベアを、素材からボタンやタグまで忠実に再現したレプリカ。微笑んだ表情と肉球のプリントが特徴です。おなかを押すとキューッと音が出るスクエーカーが内蔵。

1880年創業、ドイツの高級ぬいぐるみブランド<シュタイフ>。1902年には、腕と脚を動かせる毛足の長いモヘアで作られたクマのぬいぐるみを設計し、世界で最初のテディベア「55PB」が誕生しました。当時のアメリカ大統領であるルーズベルトが晩餐会のディスプレイにベアのぬいぐるみを使用したことから、大統領のニックネームであるテディにちなんで「テディベア」と呼ばれるようになりその後一大ブームに。

 
左「イル・ベネチアーノ」*非売品
シュタイフクラブの会員限定「マルガレーテ・シュタイフ・エディション」の4作目。ベニスの仮面舞踏会をイメージしたベアは、スイスの金属繊維技術と熟練のマイスター技術が惜しみなく注ぎ込まれています。

右「テディベア カール・ラガーフェルド」*非売品
デザイナー、写真家として世界的に有名なカール・ラガーフェルドプロデュースのベア。彼のドレスと同生地のジャケットに自身のブランドのサングラス、ラインストーン付きベルト、シルクネクタイにスワロフスキーのクリスタル製タイピンと細部までこだわりぬいたベア。

100年以上経った今でも変わらないのは、子どもたちに対する深い愛情と、本物だけを作り続けることへの熱意、そしてこだわり。その伝統を守り続けるために、厳しい管理のもとで作られたシュタイフ製品には、トレードマークである「ボタン・イン・イヤー」が付けられています。

左「クラシックテディベア 1920」35,640円
1920年に登場したデザインを再現したテディベアで、長く定番としてラインナップ。丈夫な作りや素材、飽きのこないデザインは<シュタイフ>ならでは。体を寝起きさせると音が出るグロウラー(鳴き笛)入り。

右「ディッキーベア レプリカ 1930」45,360円 *限定品
1930年に登場し人気を博したベアを、生地や中の詰め物など素材から左耳のボタンとタグまで、忠実に再現。微笑んだ表情と手足の肉球のプリントが特徴で、おなかを押すとキューッと音が出るスクエーカーが内蔵。

今回、メンズ館8階のTHE GALLERY by CHALIE VICEにて開催するプロモーションでは、ライフスタイルにこだわりをもつ男性が部屋に飾りたくなるような、“可愛すぎない可愛さ”をもったシュタイフベアたちをご紹介。これまでに販売されてきた、限定品の数々をラインナップするほか、滅多にご覧いただくことが出来ない非売品も展示いたします。ご自身の書斎や、大切な家族と過ごす空間に癒しを与えてくれる最良の相棒に出会われてはいかがでしょうか。

<シュタイフ>男のシュタイフ展@CHALIE VICE
□7月11日(水)~24日(火)
□メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス

*価格はすべて、税込みです。

展示品の貸し出し協力:日本玩具文化財団
©Margarete Steiff GmbH 2018

お問い合わせ
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら