2018.07.09 update

新生<BREITLING/ブライトリング>による「ナビタイマー 8」が登場!スぺシャルトークセッションも開催

07.11 Wed-07.17 Tue
本館4階=ジュエリー&ウォッチ
2018年の新作や話題のアイテムをご紹介するウオッチコレクターズウイーク。4週目となる7月11日(水)から、本館4階=ジュエリー&ウォッチ/ウオッチプロモーションでは<BREITLING/ブライトリング>が登場。昨年、新たな経営陣を迎え大幅なイメージの転換を図った同ブランドが、2018年、これまでとは異なるテイストの”新しいブライトリング“を提案する。

今回のフェアでは、新生<ブライトリング>を象徴するニューコレクション「ナビタイマー 8」をフルラインナップでご紹介。さらに、7月15日(日)は、時計ジャーナリストの広田雅将氏と、<ブライトリング>の技術トレーナー林繁氏によるスペシャルトークセッションを開催。<ブライトリング>の過去の歩みとこれからの展望を語る。

新生「ナビタイマー 8」がフルラインナップで登場


ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43
896,400円
SSケース:直径43mm、クロノグラフ、約70時間パワーリザーブ、COSC認定クロノメーター、10気圧防水、自動巻

「ナビタイマー」から計算尺を取り払い、シンプルな見た目を追及した「ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43」。1930年から40年代の航空時計をモチーフにしたというデザインは、ダイヤル上の情報が整理されるとともに、アラビア数字へのインデックスの変更と相まって視認性が向上した。また、これまでの<ブライトリング>を象徴する翼のロゴも一新され、往年の雰囲気を感じさせるものに。
ムーブメントには自社製造のCal.01が搭載されている。


翼のついたロゴが配された、日本限定モデルが登場


クロノマット 44 ブラックローマン マザー オブ パール
1,188,000円
SSケース:直径44mm、クロノグラフ、MOPダイヤル、約70時間パワーリザーブ、COSC認定クロノメーター、20気圧防水、自動巻

青みがかったマザー・オブ・パールのダイヤルが、光の反射によって、深いブラックにも鮮やかなダークブルーにも色合いを変える「クロノマット 44 ブラックローマン マザー オブ パール」。インデックスは現行の「クロノマット」がバーインデックスであるのに対し、ローマ数字を使用。さらにベゼルにもアラビア数字が配されるなど、モデルチェンジ前の意匠が残された貴重な一本となっている。
こちらもムーブメントはフラッグシップモデルにふさわしく、Cal.01が搭載されている。

ウオッチコレクターズウイーク
<ブライトリング>フェア
□7月11日(水)~17日(火)
□本館4階=ジュエリー&ウォッチ/ウオッチプロモーション

スペシャルトークセッション
□7月15日(日) 午後2時~3時
□本館4階=ジュエリー&ウォッチ/ウオッチプロモーション

昨年大きな反響を呼んだ時計ジャーナリストの広田雅将氏と、<ブライトリング>の技術トレーナー林繁氏によるスペシャルトークセッションを開催。130年以上にわたるブランドの長い歴史やアーカイブを紐解きながら、そのデザインや現在のコレクションに至るまでの道のりをお伝えする。

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
本館4階=ジュエリー&ウォッチ/ブライトリング
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら