2017.12.10 update

大切な人に贈りたい今年限定のボックスフラワー──ジャス・トランぺッター黒田卓也のMAKE it HAPPY!(1/2)

「昨年12月に、NHK総合テレビ『あさイチ』に出演したときに、クリスマスソングを演奏してほしいと頼まれました。普通に演奏してもつまらないと思い、自分風にアレンジしたのが、公開収録でも演奏した通称“ファンキーサンタ”。今でもとても気に入って演奏しています」というジャズ・トランペット奏者の黒田卓也さん。黒田さんにとっての“MAKE it HAPPY!”とは。


黒田 卓也


ジャズ・トランペット奏者。兵庫県生まれ。12歳からトランペットを始め、16歳から神戸や大阪のジャズクラブでの演奏活動をスタート。2003年に渡米し、ニューヨークのニュースクール大学ジャズ課に進学。在学中からニューヨークの有名クラブに出演。2014年に日本人として初めて米国ブルーノート・レコードと契約。ホセ・ジェイムズのプロデュースでアルバム『ライジング・サン』でメジャーデビューを果たす。さらに自身の活動に加えて、ホセ・ジェイムズ、DJプレミアのバンドでも活躍中。

日本では、大和証券グループのTVCM「PLAYNG FOR CHANGE」への出演や、NY在住の日本人ジャズ・ミュージシャンによって結成されたスペシャルバンド「J-Squad」のメンバーとして、テレビ朝日系『報道ステーション』のテーマ曲を手がけたことでも話題に。最新アルバムは、三越伊勢丹クリスマスキャンペーンのコンセプトビジュアルを手がけた、モロッコ出身の写真家ハッサン・ハジャジ氏がアートワークを手がけた『ジグザガー』。“サムライ・トランペッター”渾身のセルフ・プロデュース作だ。来年2月は、ホセ・ジェイムズの日本ツアーに参加するので要チェック! 東京公演は2月21日(水)と22日(木)にビルボードライブ東京で開催される。


最近好きな格好は、ふんわりした動きやすいワーク系

 

――NYと日本のクリスマスを比べるとどこが違いますか。
決定的に違うのは、アメリカのクリスマスはファミリーで過ごしますね。僕の友だちのアメリカ人も「クリスマスだから実家に帰ってくる」と言うし、ちょうど日本のお正月のような感覚です。ドイツの友だちは、「クリスマスツリーが飾ってある間は、ずっとクリスマス」だし、お国柄はありますね。

――黒田さんはクリスマスはNYですか。
年末年始は日本で過ごします。この時期に帰ってくるのは、毎年の楽しみです。

――メンズ館の印象をお聞かせください。
メンズ館にはよく来ていました。こんなに男性向けの商品が揃っているのは唯一無二ですよね。もともとそれほどオシャレに気を遣ってはいませんでしたが、シンガーのホセ・ジェイムズがおしゃれが大好きで、ツアー中とかに話をしていて、「おしゃれするのも面白いな」と思うようになりました。

――演奏のときなど服装に気をつけますか。
僕の音楽は動きが多くて、自分もステージ上で動きたいほうなので、最近の自分の中での流行りは、ふんわりした動きやすいワーク系です。でもジャズクラブやホールコンサートのときにスーツなどで正装するのも好きです。