東京が全国トップで桜の開花宣言がありましたね。お花見前の景気づけに、サロンで一杯いかがでしょうか。会話に花が咲いて、夜桜見物のお時間になってしまうかもしれませんが…。


さて、サロン ド シマジのセレクトショップで以前からご紹介しているグロースヴァルトのバッグに新色が登場。このバッグは無花果(いちぢく)をモチーフにしたもので、名前を『フィーグ』といいます。
2015年の夏に島地さんがスコットランドにボトリングに行った際にも使用していたバッグです。


シマジ「このバッグを肩に掛けて、エジンバラの街を歩いていたら、紳士がいきなり、“そのバッグはどこで購入されたんですか?”と訪ねてきたんです。自分が身に付けているものが、海外で褒められるのは、とても嬉しかったなぁ~。しかもロンドンのハロッズでも、“そのバッグは何階に売ってましたか?”と聞かれて、嬉しくなって、“東京の伊勢丹にある私のブティックです。”と教えたんです。」


英国紳士にも一目置かれるお洒落で機能的なバッグです。

シマジ「この度、新色が出ました。しかも革を変えましてね、某高級ブランドも使っている革に一新しました!今までの色は落ち着いた色でしたが、今回はインパクトのある色使いですよ。」
以前からある色とあわせて全10色展開。96,660円です。

シマジ「美しいものを見つけたら迷わず買う。これが目利きになる方法ですよ。」


今週の格言
「美しいものを見つけたら迷わず買え!」

今週のお酒
「キルホーマン シマジオリジナル」
2015年に島地さんがボトリングしたウイスキーです。5年物と若いだけあってアタックの強いアイラモルトです。


島地勝彦
メンズ館8階=イセタンメンズレジデンス<サロン ド シマジ>のプロデューサー。1941年生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。「週刊プレイボーイ」に配属され、1983年に同紙編集長に就任、柴田 錬三郎・今 東光・開高健を回答者に据えた「人生相談」で一世を風靡し100万部雑誌に育て上げる。その後、「PLAYBOY日本版」「BART」の編集長を歴任。集英社インターナショナルの代表取締役を経て、2008年に退任。現在は作家・エッセイストに転向。
来店スケジュールはこちら
サロン ド シマジ オンラインストアはこちら

Photo:TAKU FUJII

*20歳未満の方の喫煙は法律で禁止されています。
*20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。
*お車(二輪車・自転車を含む)を運転されるお客さまと未成年の方の飲酒・試飲はご遠慮ください。
*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
03-3352-1111(大代表)