2017.03.14 update

【インタビュー】木梨憲武|木梨サイクルのユーモア溢れる「大人の遊び」を伊勢丹で

取材日の3月10日の前日は、木梨憲武さん55歳の誕生日。「50代はちょうどいい感じになってきました。仕事ではいろんなジャンルで遊ばせてもらっていて、仕事とプライベートを行ったり来たりしながらバランスを整えて、楽しい55歳を迎えたばかりです」と憲武さん。テーブルに並んだ<木梨サイクル×イセタンメンズ>で販売する限定キャップを愛おしそうな目で眺めます。


関連記事
<木梨サイクル×イセタンメンズ>の商品一覧&販売方法はこちら

前回はとても多くの人に来てもらって、本当に感謝です


昨年1月に行われた<木梨サイクル×イセタンメンズ>ポップアップショップでは、入店の行列情報がファンのツイッターで刻々とアップされるなど、<木梨サイクル×伊勢丹>のコラボキャップは早々に完売。ファンの間から、「第2回に期待」という声も挙がるほどの盛況ぶりでした。

そして再び、木梨憲武さんの父、木梨作三が経営する自転車店<木梨サイクル>とコラボレーションした同ショップが3月29日(水)から4月11日(火)までメンズ館1階=プロモーションにオープンします。


――昨年のポップアップショップはものすごい人気でしたが、振り返って感想を。

メンズ館の1階は世界の錚々(そうそう)たるトップブランドがポップアップショップを行う場所で、その合間にイセタンメンズの皆さんが<木梨サイクル>という、"そういう遊び"をしたがるからね(笑)。<木梨サイクル>もようやく<エルメス>っぽくなってきたという心境(笑)。(*取材時、メンズ館1階=プロモーションでは<エルメス>のポップアップが開催。)

前回はいろんなコラボをしながら限定商品を販売しましたが、本当に多くの人が来てくれて感謝してます。森三中の黒沢(かずこ)も1時間半並んだとかで、電話したら、「私、並びたいんです!」って買ってくれました。ありがたいよね。

今回、また伊勢丹でやらせていただけると聞いて、前回とは違う遊び方を考えました。商品はもちろん、期間限定ショップのインテリアやレイアウトとか、いろんなアイデアの中で整ったものが1階に登場します。所さんの「世田谷ベース」とのコラボもその一つ。