2016.12.04 update

【私の愛用品】メンズ館マネージャー岡田洋一|ソックスから始めるオシャレの楽しみ。こだわることから愛が芽生える(1/3)


この記事を読んで、メンズ館内で岡田を見つけたときは、まず足元にご注目を!


「愛用品を紹介させて!」とお願いして、岡田が持参したのは一同驚きの、エコバッグ一杯のロングホーズ!!
「家ではアクリルボックス10段分が全部ソックスです。スーツのときに履く無地のドレスタイプ、普段スニーカーを履くときのカジュアルソックス、それからシューズインタイプが2段、それとホーズですね」とこともなげに説明。
現在はメンズ館のマネージャーを務める岡田の“ソックス偏愛論”、ご堪能ください。

持参した大量のソックスを眺めながら、「ソックス用のアクリルボックスは…」と数え始め・・・取材はスタート。

そもそも、なぜソックスが好きなのか?



そもそもの始まりは、大学を卒業して入社したときに、先輩から「正統な男の着こなしの靴下はロングだ」「ワイシャツの下に肌着を着るな」と教えられてから、仕事でホーズを履くようになりました。

靴下は、1000円から自分の着こなしを変えられるアイテムで、ポケットチーフやネクタイより安価なのが魅力。今日は柄物のホーズを多く持ってきましたが、たとえばいつもの着こなしを赤のソックスに変えると、オシャレに見えたり、足元に気を遣っているように見えたり、さまざまな効果も生まれます。

毎日の洋服の選び方も「今日はこの靴下を履きたいな」と、靴下選びから始まって、パンツ、ジャケット、靴を選んでいきます。色柄のソックスが多いので、ジャケットは無地が多いですね。

柄では迷彩が大好きで、「一日1迷彩」必ず取り入れています。バイヤー時代にもよくバイイングしていましたが、迷彩はいろんなパターンがあり、規則正しくない柄なので、着こなしの全体を程良く中和してくれるのが魅力です。

<シーク>ロングホーズ 2,160円 商品を見る

ついに出会ってしまった、画期的なロングホーズ



ホーズは、その昔ブーツに合わせるためのロングの名残とか、短い丈のニッカボッカに合わせるなど諸説があって、日本では足を組んだときにすね毛を見せないという男のマナー上の理由などが語られます。

また、ソックスを好きな理由として、とても寒がりで足首が冷えるという体質的なものがあって、冬は靴下2枚履きもします。バイヤー時代には、靴下の中に履くパンストのような靴下が欲しくてメーカーと作ったことがありました。
素材にもこだわりがあって、これから冬に向かってのソックスなら、本当はカシミヤ入りなどを履きたいのですが、年間履けて、耐久性の高い、綿ナイロンを選ぶことが多いです。
これまでいろいろなソックスを履いてきて、やっぱりホーズが好きですが、ついに出会ってしまったのが、この<SEEK/シーク>のロングホーズです。

今の男の着こなしでテーパードパンツは定番ですが、「ふくらはぎ部が細すぎて、ソックスがまとわりつく」というお客さまの声を多くいただきます。
それを解消するのが、この<シーク>のホーズで、ふくらはぎ部が洋服の裏地に使われる滑りの良い素材のキュプラ素材の切り替えになっていて、パンツにまとわりつかず、蒸れにくいという画期的なもの。世界に通用するヒット商品になる予感がします。