ページトップへ
CLOSE

Paul Smithポール・スミス

お取り扱いフロア
  • B1F=紳士鞄
  • B1F=紳士肌着・ナイトウエア・ルームウエア・靴下・ハンカチ
  • 1F=メンズアクセサリー
  • 6F=コンテンポラリー カジュアル
Paul Smith

<ポール・スミス>の歴史は、1970年イギリスのノッティンガムでセレクトショップとしてスタート。70年代半ばに自分自身のブランドを始め、ロゴ入りシャツなどの販売を開始する。オリジナルのシャツやネクタイなどが好評を博し、次第に<ポール・スミス>の名がイギリス国内に広がってゆく。彼自身が「ひねりのあるクラシック」と定義する手法で、イギリステーラードの伝統的なスタイルを継承しつつ、高品質で実用性を備え、遊び心を加えた個性的なコレクションを展開している。 1976年、パリメンズコレクションに初の参加を果たし、ロンドンのコヴェント・ガーデンに念願のショップをオープンさせた。
1984年には東京、1987年にはニューヨークに、次々とショップをオープン。コレクションライン以外にもカジュアルライン、シューズ、マフラー、時計、財布、香水などにアイテムを拡大し、1991年に英国産業デザイナー賞を受賞。1998年にはFIFAワールドカップフランス大会イングランド代表チームの公式スーツを手掛けた。1998年にロンドンの高級住宅街であるノッティングヒルに邸宅を改装し、長年の念願であった注文服のアトリエを併設した旗鑑店「ウエストボーンハウス」を開店。
2000年になると、ファッションデザイナーとしてはハーディ・エイミスについで2人目となるナイトに、エリザベス女王から叙勲された。また、ファッションやグラフィックを専攻する学生を対象にした、ポール・スミス奨学金を開設。ファッション業界で活躍する次世代の育成にも積極的に取り組む。