ページトップへ
CLOSE
  • 2018年を3大キーワードで総括!ビジネス クロージング編|ビジネスシーンの変化が男の装いを「コンフォート/本物志向」へと加速させた
    2018.12.30 update

    2018年を3大キーワードで総括!ビジネス クロージング編|ビジネスシーンの変化が男の装いを「コンフォート/本物志向」へと加速させた

    2018年もいよいよ終盤、今年もイセタンメンズネットではファッションに関わるさまざまな特集やニュースなどの話題をお届けしてきました。今回は常に注目を集めるフロアである、紳士靴・ビジネスクロージング・オーセンティックウェアの各バイヤーから、1年を象徴する3つのキーワードを軸に2018年を振り返ります。第3弾は、メンズ館5階=ビジネスクロージング担当バイヤーの稲葉に話を伺いました。トレンドが最も気になるフロアが選ぶキーワードとはいかに…。最後までじっくりとご覧ください。▶『2018年を振り返る

  • <INCOTEX/インコテックス>|トレンドスタイルはパンツで決まる!今季のベストセラーから定番までが集結
    2018.12.04 update

    <INCOTEX/インコテックス>|トレンドスタイルはパンツで決まる!今季のベストセラーから定番までが集結

    2018.11.28 - 2018.12.11

    ボトムストレンドを牽引するイタリアのパンツ専業ブランド<インコテックス>が、現在メンズ館5階=ビジネス クロージングでプロモーションを開催中。今季メンズ館が別注した「04型」をはじめ、一本は抑えておきたい定番からベストセラーモデルまで、圧倒的なバリエーションでご紹介している。1951年、ヴェネツィアで創業以来、60年以上にわたり世界中のパンツ好きを虜にしている同ブランド。計算された美しいシルエットと穿き心地の良さは格別で、メンズ館でも毎シーズン新たな一本を求めて来店するファンが後を絶たない。その魅力は細か

  • 【2018年秋冬速報⑦】パンツ2大ブランドに伊勢丹スペシャルモデルが完成
    2018.07.20 update

    【2018年秋冬速報⑦】パンツ2大ブランドに伊勢丹スペシャルモデルが完成

    この秋、伊勢丹メンズは15周年を迎える。クラシコ・イタリアブーム真っ只中に誕生し、つねに時代のクラシックと向き合いながら、紳士のドレスウェアを提案してきたスペシャリティストア。ここから今季の15周年を記念したスペシャルなアイテムと、最新ブランド&最旬トレンドを順次お伝えしていこう。ノータック&美脚スリムからプリーツ&テーパードへ、パンツのトレンドはいま急激に移り変わっている真っ最中だ。ファッションユースだけでなく、ビジネスなどの実用面でもプリーツ&テーパードパンツのニーズは高く、あと数年でコレクションのほ

  • 定番だけじゃない<INCOTEX/インコテックス>の魅力、バイヤーが語る"今シーズンの1本"とは?
    2018.05.05 update

    定番だけじゃない<INCOTEX/インコテックス>の魅力、バイヤーが語る"今シーズンの1本"とは?

    美脚パンツの元祖にして、キレイめパンツの代名詞である<インコテックス>。生産量の多いファクトリーブランドでありながら、フロントの持ち出しのテング鼻や、シャツの滑り止めとなる袋縫いされたマーベルト、細いベルトループ、ピスポケットの玉縁など、いずれもクラシックなサルトリアのディテールを取り入れて上品に仕立てているのは見事だ。モデル「J35」に代表されるような日本人の体型に合わせたヒップ位置や、ワタリ幅と股上のバランスによるきれいなドレープ感も特徴で、徹底した穿きやすさと美しさの追求は、毎シーズン感心させられ

  • バイヤーが選ぶ“一針入魂” #5──<INCOTEX/インコテックス>カラバリも楽しめるキャロットフィットの別注モデル「29」
    2018.04.18 update

    バイヤーが選ぶ“一針入魂” #5──<INCOTEX/インコテックス>カラバリも楽しめるキャロットフィットの別注モデル「29」

    「<インコテックス>は、誰が穿いても美しいシルエットが楽しめるインターナショナルなパンツメーカーです。今はパンツのトレンドが変動している時期ですが、ディテールやサイジングを変更しても<インコテックス>の魅力は変わらず、まさにウェルドレッサーのためのボトムスです」と評すのは、メンズ館5階=ビジネスクロージングのバイヤー稲葉智大。4月18日(水)より開催される、今季の“ベスト・インコテックス”が結集する期間限定のポップアップストアでは、イセタンメンズ別注のモデル「29」が満を持して登場

  • シューズデザイナー 坪内 浩さんと歩く「春のメンズ館」 #3|5階=ビジネスクロージングで気に入って試着した3着
    2018.04.13 update

    シューズデザイナー 坪内 浩さんと歩く「春のメンズ館」 #3|5階=ビジネスクロージングで気に入って試着した3着

    「坪内さんはファッションで憧れた人はいますか?」と尋ねると、即答に近く「(音楽プロデューサーの)加藤和彦さん」と名前を上げた坪内 浩さん。「加藤さんは圧倒的に何でも早く着こなしてしまってすごいなと、フォークル(音楽グループ:ザ・フォーク・クルセダーズ)の頃から思っていて、ずっとスタイルが気になっていた人です」と言います。現代のウェルドレッサーである坪内さんに、メンズ館5階=ビジネスクロージングで気になったものを着ていただきました。柄物を自分のスタイルにしてしまう“坪内流”5階=

  • Vゾーンの流儀|「 ウールタイ」AD&C 1956 tie
    2017.11.30 update

    Vゾーンの流儀|「 ウールタイ」AD&C 1956 tie

    今年もすっかり風が冷たくなり、自然と温かい素材に手が伸びる季節に。Vゾーンを引き締めるネクタイも素材をウールやカシミヤに替えて、「オシャレの冬」をさらに楽しまれてみてはいかがでしょうか?素材に統一感を持たせならが異なる3種類のチェック柄を合わせた、季節感とトレンドの両方を意識したVゾーン。シャツとネクタイの色柄を控えめにすることで、ジャケットの大胆な柄の主張を抑えつつ、シンプルで存在感のあるコーディネイトに仕上げました。■シャツ: <Luigi Borrelli/ルイジ ボレッリ> 35,640円

  • Vゾーンの流儀|「ウールタイ」Drake’s tie
    2017.11.24 update

    Vゾーンの流儀|「ウールタイ」Drake’s tie

    今年もすっかり風が冷たくなり、自然と温かい素材に手が伸びる季節に。Vゾーンを引き締めるネクタイも素材をウールやカシミヤに替えて、「オシャレの冬」をさらに楽しまれてみてはいかがでしょうか?ツイードのジャケットにやや厚みのあるウールタイを合わせ、素材感のまとまりを意識したVゾーン。ネクタイは無地の中でも表情のあるメランジのものを選び、マルチストライプのシャツと合わせることでシンプルなVゾーンに深みと奥行きを演出しています。■シャツ: <Luigi Borrelli/ルイジ ボレッリ> 38,880円■