ページトップへ
CLOSE
  • TODAY'S STYLIST|下山 弦也(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)
    2019.11.06 update

    TODAY'S STYLIST|下山 弦也(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)

    下山 弦也メンズ館5階=メンズテーラードクロージングアシスタントバイヤー (モデル身長:180cm) ITEMS タイロッケンコート:<イーヴォ>104,500円商品を見る(モデル着用サイズ:50)■メンズ館5階=メンズテーラードクロージングジャケット:<ザ・ジジ> 121,000円 ニット:<フィリッポ デ ローレンティス> 26,400円パンツ:<ピーティートリノ> 45,100円ストール:<パオロアルビザッティ>26,400円■メンズ館5階=メンズテーラードクロージング Pho

  • 【特集】注目の秋アイテム、個性と装いを愉しむ "最旬名品" 7選
    2019.09.04 update

    【特集】注目の秋アイテム、個性と装いを愉しむ "最旬名品" 7選

    “FUN TO DRESS”──自分らしい装いを再発見し、装いを愉しむ、この秋の名品をメンズ館5階=メンズテーラードクロージングでチョイス。9月に入り、いよいよ本格的な秋冬シーズンが到来。これから先のジャケットやコートに合わせたコーディネートを考え始めることほど気分が上がるものはない。今回選んだアイテムは、どれも秋スタイルを上品にランクアップさせる一着として、クローゼットに揃えておきたいもの。いずれのアイテムも高度な仕立て技に軽快な着心地を実現した大人の男を満足させる逸品ばかりだ。

  • ココロもほころぶ「春アウター10選」──マルチに使える“薄・軽・快”アウターが大充実
    2019.02.09 update

    ココロもほころぶ「春アウター10選」──マルチに使える“薄・軽・快”アウターが大充実

    昼間の陽射しに春を感じるとき、年を越してきた冬アウターはちょっと重く感じてしまうもの。そんな「ジャケットだけでは心許ない日」に重宝するのが、冬に着るコートとは一線を画すほどの軽快さを実現する“春アウター”だ。見た目はしっかりしていても、素材に薄・軽なナイロンを採用したり、コットン素材でも縫製の進化で軽くなるなど、ジャケット感覚で羽織れる新作が今シーズンは目白押し。イセタンメンズネットでは、近年では類を見ないほど充実している春アウターを3つの切り口でピックアップした。 =====

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ネクタイとシャツが印象を変える「Vゾーンの流儀」
2019.11.18 update

ネクタイとシャツが印象を変える「Vゾーンの流儀」

『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けするコーナー「Vゾーンの流儀」。ここでは、シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集|インタビュー】稀代のファブリッククリエイターが牽引、“機能服”のパイオニア<C.P.COMPANY/C.P.カンパニー>がこれからもスペシャルである理由
2019.11.18 update

【特集|インタビュー】稀代のファブリッククリエイターが牽引、“機能服”のパイオニア<C.P.COMPANY/C.P.カンパニー>がこれからもスペシャルである理由

ミリタリーウェアの機能性を日常的なカジュアルウェアへと落とし込み、“ガーメントダイ(製品染め)”という技法を考案したといわれる<C.P.カンパニー>。自社製品のファブリックに並々ならぬこだわりを見せるこのイタリアンブランドにおいて、“ファブリッククリエイター”という最重要職を担うステファノ・ポラト氏にインタビュー。<C.P.カンパニー>は他ブランドとどこが異なり、なぜ創設から半世紀を経てもなお“特別”であり続けられるのだろうか──。

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[イメージコンサルティングサービス]仕事用のスーツばかりで、年相応の自分に似合うカジュアルウェアを探しています。
2019.11.21 update

[イメージコンサルティングサービス]仕事用のスーツばかりで、年相応の自分に似合うカジュアルウェアを探しています。

メンズ館の専任スタイリストが、お客さまのパーソナルカラー、体型、雰囲気、キャラクターなどを総合的に判断し、トータルイメージをプロデュースする無料のサービスが「イメージコンサルティングサービス」です。 その専任スタイリストの一人「カテゴリースペシャリスト」としてお客さまをご案内する関川 晃彦は、“カジュアル”を主に担当するイメージコンサルタントです。 ここでは、イメージコンサルタント関川の得意分野についてご紹介します。   イメージコンサルタント 関川 晃彦