ページトップへ
CLOSE
  • 【マフラー特集 2018】“王道ブランド”で失敗しない!自分にぴったりのマフラー選び教えます
    2018.12.04 update

    【マフラー特集 2018】“王道ブランド”で失敗しない!自分にぴったりのマフラー選び教えます

    一日の最低気温が10度を切ると感じるのが首周りの寒さ。コートと同時にマフラーも出番です! 今年の本命マフラー「バイカラー」と、2018年らしい「旬な色柄」をテーマに、メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具のスタイリスト小原が、失敗しないマフラー選びを指南。お好みのカラーや素材、長さが揃っているうちに早めにご来店ください。 マフラー選び #1 マフラー選びの基準として知っておきたい4つのポイントを解説 ①手持ちのアウターやジャケットなどと「色の相性」を見る □ブラック・グレー・ネイビー系&hel

  • <Drake's/ドレイクス>|シャツ&ネクタイの名門ブランドからシューズコレクションが初登場!2019年春夏の新作が先行でお目見え
    2018.11.21 update

    <Drake's/ドレイクス>|シャツ&ネクタイの名門ブランドからシューズコレクションが初登場!2019年春夏の新作が先行でお目見え

    2018.11.21 - 2018.11.27

    上/エスパドリーユ 9,720円、下/ブーツ 44,280円から ネクタイとシャツの生産を手掛ける、英国に残る希少なファクトリーブランドとして名を馳せる<Drake's/ドレイクス>からシューズコレクションが満を持して登場。上質な素材を用いたマフラーやスカーフなどの服飾小物からスタートし、トータルブランドへと歩みを進める同ブランドのシューズは、ラストから作り込んだ、カジュアルなチャッカブーツやモカシンブーツの2型とエスパドリーユの計3型が2019年春夏シーズンに先駆けてお目見え。 今回、メンズ館地下1階

  • <Drake's/ドレイクス>|英国を代表する装身具ブランドが、1日限りのネクタイ&シャツオーダー会を開催
    2018.11.19 update

    <Drake's/ドレイクス>|英国を代表する装身具ブランドが、1日限りのネクタイ&シャツオーダー会を開催

    2018.11.24

    伝統的な柄を基調としながらも、意表をつくカラーやモチーフをミックスさせた斬新なデザインのネクタイで人気を博す<Drake’s/ドレイクス>が、11月24日(土)にメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイにて、ネクタイ&シャツのオーダー会を開催。当日は、本国より同ブランドのHead of salesであるChristopher Gumbs(クリストファー・ガムズ)氏が来店し、お客さまのパーソナリティに合わせた生地選びやフィッティングのアドバイスを行います。 関連記事►【インタビュー】<ドレイクス>マ

  • 人気4ブランドのコラボが実現!ここでしか手に入らない特別なシャツ&タイが登場
    2018.09.15 update

    人気4ブランドのコラボが実現!ここでしか手に入らない特別なシャツ&タイが登場

    2018.09.19 - 2018.10.02

    一点ものの価値を追求する「ONE OF A KIND」企画が、いよいよ9月19日(水)よりスタート。メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイでは、人気の4ブランドが相互にコラボレーションをするという、これまでにはない企画が実現!英国のファクトリーブランド<ドレイクス>と、ミラノが誇る老舗<ステファノビジ>が互いにネクタイを、そしてナポリの老舗<ルイジ ボレッリ>と、フィレンツェ屈指の洒落者フランコ・ミヌッチ氏によって創設された<タイ ユア タイ>がドレスシャツ&ネクタイをクリエイトしました。今回のプロモーショ

  • 男の装いの魅力が引き立つ、最新Vゾーン「トレンド&ニュース」
    2018.08.20 update

    男の装いの魅力が引き立つ、最新Vゾーン「トレンド&ニュース」

    夏休みも終わって、そろそろ秋が香るシャツとネクタイの季節が到来――8月22日(水)から伊勢丹新宿店全館では秋の訪れを発信する『彩り祭』を開催。メンズ館1階=ドレスシャツ&ネクタイでは「ヴィンテージ&スコティッシュ・イタリアン」をテーマに掲げ、男のVゾーンを美しく演出するシャツとネクタイの最新コレクションをラインナップ。同担当バイヤーの渡部智博が、今季のトレンドと見逃せないトピックスを解説する。 クラシックスタイルを彩る「ヴィンテージ&スコティッシュ・イタリアン」  50年代のヴィンテージネクタ

  • 夏のネクタイ&ポケットチーフは“素材”にこだわれば格段に美しく仕上がる!
    2018.05.22 update

    夏のネクタイ&ポケットチーフは“素材”にこだわれば格段に美しく仕上がる!

    今年14年目を迎えたクールビズ。イセタンメンズでは簡略化されたクールビズを見直し、“夏のコンフォートスタイル”として「機能性」素材などを上手に取り入れたドレスな装いを提唱する。キーアイテムとなる「トラウザーズ」を中心に、「首元」「胸元」のあしらい方なども解説する。 ►「夏のコンフォートスタイル」に関する記事はこちら 「ネクタイを締めない“ノータイ”という認識が定着したクールビズですが、シャツやポロシャツなどカジュアルな仕事スタイルに、ネクタイをきちんと締める

  • Q. 色彩効果を狙ったVゾーンの作り方を教えてください
    2018.03.23 update

    Q. 色彩効果を狙ったVゾーンの作り方を教えてください

    アメリカ大統領の赤と紺のネクタイの使い分けの意味を考えたことがありますか?パーソナルカラーアナリストの資格を持つメンズフロアアテンダントの岩見は、「色彩学はアメリカが発祥なので、アメリカ人は色が持つ効果を上手に使います。強く主張したいときには赤、誠意を示す場には紺と、彼の意思表示がネクタイで表現されていて、まさにパワータイの象徴だなと思います」と解説。私たち日本人はVゾーンのカラーリングを無難にまとめがちですが、実は色は能弁に人となりを語ります。春の新生活がスタートする前に、“ネクタイの色で攻

  • <Drake's/ドレイクス>|カジュアルラインが一堂に揃う、2018年春夏ポップアップ開催
    2018.01.21 update

    <Drake's/ドレイクス>|カジュアルラインが一堂に揃う、2018年春夏ポップアップ開催

    2018.01.24 - 2018.02.06

    伝統的な柄を基調としながらも、意表をつくカラーやモチーフをミックスさせた斬新なデザインのネクタイで人気を博す<Drake’s/ドレイクス>。今年の「ピッティ イマージネ ウォモ」でも、その注目度の高さを見せつけた同ブランドが、1月24日(水)よりメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にてポップアップを開催する。 関連記事 【インタビュー】<ドレイクス>2代目当主 マイケル・ヒル|ロンドンの中心で手縫いされる<ドレイクス>のタイには伝統と革新が結ばれている 1977年にマイケル・ドレイクによって創