ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】今大人が持つべきキャッシュレス時代の「財布とカードケース」7選
    2019.05.14 update

    【特集】今大人が持つべきキャッシュレス時代の「財布とカードケース」7選

    買い替えるときに「開運」を気にする唯一のアイテムといえば財布。定番ものの新色や最新モデル、同素材の財布と名刺入れを新調すると“景気づけ”になり、取り出すたびに気分が高揚する財布を持っていると、前向きになれるのは間違いない。多くの人の目に触れるSLG(スモールレザーグッズ)である財布と名刺入れは、第一印象をより良くするスマートな見た目にはこだわりたい。Photo&Text:ISETAN MEN'S net*価格はすべて、税込みです。お問い合わせ03-3352-1111(大代表)==

  • “スマート=すっきり”整理・収納できるオーガナイザーで、旅と仕事をもっと楽しく
    2017.09.25 update

    “スマート=すっきり”整理・収納できるオーガナイザーで、旅と仕事をもっと楽しく

    「これまでのオーガナイザーは、"大きな財布"という印象が強かったと思います」というのは、メンズアクセサリー担当バイヤーの吉田俊介。「今回紹介するオーガナイザーは、従来の進化版で、旅や仕事を“より上質に、よりコンフォータブルに”する革小物です」。メンズ館1階=メンズアクセサリーでは、国内外の人気4ブランドが旅をテーマに使い勝手の良さを追求したオーガナイザーを展開する。メンズアクセサリー担当バイヤーの吉田俊介旅慣れたデザイナーやクリエイターが考えた、最新オーガナイザー"orga

  • 【私の愛用品】太田陽介|13年目の<エドワードグリーン>
    2017.02.22 update

    【私の愛用品】太田陽介|13年目の<エドワードグリーン>

    中学生のときに<ナイキ>のエアマックス95でスニーカーに目覚めて、雑誌『BOON(ブーン)』を穴が開くほど読み込んで、古着やヴィンテージジーンズに興味を持ち、大学入学で上京して、頭にたたき込んだ原宿や渋谷の地図をもとにショップを巡る――そんな“体験”を持つ30代前半の男性はきっとたくさんいるはず。伊勢丹新宿店の看板セール「紳士ファッション大市」などの催事の企画・運営を担当するセールスマネージャー太田 陽介もそんな一人。でもちょっと変わっているのは、エイジングが楽しめる“

  • <SMYTHSON/スマイソン>|2017年春夏 三越伊勢丹の限定カラー「Dove Gray(ドーブグレー)」登場
    2017.02.13 update

    <SMYTHSON/スマイソン>|2017年春夏 三越伊勢丹の限定カラー「Dove Gray(ドーブグレー)」登場

    <スマイソン>のベストセラーコレクション「PANAMA(パナマ)コレクション」の革小物3種に、2017年春夏 三越伊勢丹の限定カラー「Dove Gray(ドーブグレー)」が登場。メンズ館1階=メンズアクセサリーにて発売中です。<スマイソン>の持つ上品なイメージをグレーとシルバーで表現「パナマコレクション」の革小物は、ブラック、ネイビー、レッド、ピンク、サックスなど、澄んだ色調のはっきりしたカラーがラインナップしていますが、今シーズン、三越伊勢丹の限定カラーとして登場するのが、男女ともに使える"ドープグ

  • 男を飾る名品"The Precious ONE"|英国のラグジュアリーブランドとしての魅力を放つ <スマイソン>からプレシャス革の人気アイテムが登場
    2016.11.03 update

    男を飾る名品"The Precious ONE"|英国のラグジュアリーブランドとしての魅力を放つ <スマイソン>からプレシャス革の人気アイテムが登場

    <SMYTHSON/スマイソン>の革小物にエキゾチックレザーを使ったアイテムがあるのをご存知ですか?――名品を愛し続ける英国をフィーチャーする11月2日(水)からの英国ウィークに、<スマイソン>のアリゲーター(ワニ革)小物が新たにラインナップ。メンズ館1階=メンズアクセサリーでは、ノートやダイアリーはもちろん、革小物も含めたトータルブランドとして展開していきます。“ラグジュアリーレザーの王様”を惜しみなく使った格上小物<スマイソン>というと「パナマ」を代表とするノートやダイアリーと

  • “すっぴん=ヌメ革”を纏ったバッグ&革小物の"エッセンシャル"コレクション
    2016.09.13 update

    “すっぴん=ヌメ革”を纏ったバッグ&革小物の"エッセンシャル"コレクション

    9月14日(水)からスタートする【オンリー・エムアイ 秋のキャンペーン】のテーマ、“エッセンシャリズム=本質主義”を、牛革本来の魅力=「ヌメ革」で表現するのが、メンズ館地下1階=紳士鞄と1階=メンズアクセサリーです。人気ブランドのマスターピース(名作)の数々を、プリミティブなナチュラルレザーで再構築。通常は店頭には存在しないエクスクルーシブなヌメ革バッグ&革小物が登場します。紳士鞄担当バイヤー 井波亮と革小物の担当バイヤー 橋本宗宏革の本質を突き詰めた、ヌードなレザーコレクショ

  • 【インタビュー】<ED ROBERT JUDSON>江崎 賢|相反するものが融け合って生まれる、新しくも懐かしいデザイン
    2016.08.11 update

    【インタビュー】<ED ROBERT JUDSON>江崎 賢|相反するものが融け合って生まれる、新しくも懐かしいデザイン

    エド・ロバート・ジャドソンとは自由なもの作りを提示する為に、生まれた架空の職人。それは、大量消費が中心の現代において、古き良き時代に少し夢を馳せる様な懐かしさを醸しながらも今までにない新しいアプローチとの融合で得られる不思議な世界観を演出する為の設定である。そんな、架空の職人が生み出すアイディアツールをコンセプトにデザイナーの江崎賢は立ち上げ時に、固定概念に縛られない、新しいものづくりを誓った。「2009年にブランドを立ち上げ、7年ほど経ちますが、基本的なもの作りへのアプローチは変わっていません。エド・ロ

  • <GIORGIO ARMANI/ジョルジオ アルマーニ>|シンプル&エレガントに仕上げたアルマーニを代表するレザーシリーズ
    2016.06.10 update

    <GIORGIO ARMANI/ジョルジオ アルマーニ>|シンプル&エレガントに仕上げたアルマーニを代表するレザーシリーズ

    「イタリアモード界の帝王」と謳われ、デビュー以来常に世界の様々なシーンで愛され続け、揺るぎない人気を確立する<GIORGIO ARMANI/ジョルジオ アルマーニ>。ナチュラルで余分な装飾を廃したシンプルなシルエット、そして時代を超えたエレガンスと洗練されたモダニズムが宿る同ブランドが提案する旬のアイテムをシリーズでご提案いたします。今回ご紹介するのは、<ジョルジオ アルマーニ>を代表する革小物から長財布と二つ折り財布、そして名刺入れの3型。同シリーズは、表情豊かなシボ加工を施し、触り心地の良い質感、見た