ページトップへ
CLOSE
  • コートスタイルに美変化をもたらす、オンオフで使える「個性派」ウールコートに注目
    2018.12.02 update

    コートスタイルに美変化をもたらす、オンオフで使える「個性派」ウールコートに注目

    「コートで新しいブランドと出合うと、冬スタイルが新鮮に映えます」というメンズ館5階=ビジネスクロージングのアシスタントバイヤー今泉がオススメする、今年らしい柄物ウールコートをご紹介。クラシックな英国調や大柄なガンクラブチェックなど、“ビジネススタイル+休日コーデ”に活躍するコートが登場します。 【2018年コート特集】関連記事はこちらから=====素材×柄の効果で、奥行きのある立体感が美しく映える<ティモシー エベレスト ロン

  • Vゾーンの流儀|「2017秋冬最旬トレンド Classic」NICKY tie
    2017.10.17 update

    Vゾーンの流儀|「2017秋冬最旬トレンド Classic」NICKY tie

    今年も待ちに待った「おしゃれの秋」が到来。取り入れ方は十人十色でも、トレンドを意識することでおしゃれがグッと楽しくなるのはきっと誰もが同じはず―――。担当バイヤーのトレンド解説をチェックしたら、メンズ館1F=ドレスシャツ・ネクタイが提案する"旬なVゾーン"を参考に、今年も「おしゃれの秋」を満喫しましょう!クラシック回帰をテーマにお届けする今回のVゾーン。トレンドを押さえつつ、様々なビジネスシーンに相応しいスタンダードな装いにまとめました。タブカラーシャツやペイズリー柄のプリントタイといった個性的なアイテム

  • Vゾーンの流儀|「クラシック回帰」  Drake's tie
    2017.02.26 update

    Vゾーンの流儀|「クラシック回帰」 Drake's tie

    『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けする『Vゾーンの流儀』。シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介しています。2月のテーマ「クラシック回帰」ビンテージ調のペーズリー柄をトレンドのセミワイドカラーに合わせたコーディネート。主張が強

  • Vゾーンの流儀|「クラシック回帰」 ROBERT FRASER tie
    2017.02.25 update

    Vゾーンの流儀|「クラシック回帰」 ROBERT FRASER tie

    『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けする『Vゾーンの流儀』。シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介しています。2月のテーマ「クラシック回帰」タブカラーのシャツと大柄なプリントネクタイを素材感あるジャケットに合わせた、トレンドを意