ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】カジュアル使いに重宝! <TUMI×SOPHNET.>ほか、デキる大人の“軽くて機能的”なショルダーバッグ5選
    2019.08.13 update

    【特集】カジュアル使いに重宝! <TUMI×SOPHNET.>ほか、デキる大人の“軽くて機能的”なショルダーバッグ5選

    スタイリングでは軽快感が求められる今日、ナイロンバッグでも選択肢の幅が広がっている。特に手荷物のコンパクト化に伴って、定番人気を獲得したサコッシュがその最たる例だ。薄マチ&軽量な作りは、休日バッグとしてうってつけのアイテムだが、“大は小を兼ねる”休日バッグとしての機能を果たす筆頭は、ショルダーバッグだろう。 ■大人が持つべきショルダーバッグは、「運ぶ」から「装う」へ   ▼ 1.<TUMI/トゥミ>×<SOPHNET./ソフネット>&nb

  • <master-piece/マスターピース>|あの人気モデルが再来!創設25周年記念モデル“Archives”コレクションが登場
    2019.03.31 update

    <master-piece/マスターピース>|あの人気モデルが再来!創設25周年記念モデル“Archives”コレクションが登場

    2019.04.03 - 2019.04.09

    ユーティリティーに溢れるデザインと機能性を、高い次元で融合させたバッグを展開する<マスターピース>。1994年に誕生し今年25周年を迎える同ブランドが、アニバーサリーイヤー限定シリーズをラインナップしたプロモーションを4月3日(水)より開催する。 バックパック 32,400円(47×29.5×18cm) 今回登場するのは、創設25周年を記念して作られた、通称“Archives”コレクション。過去に人気を集め、ファンから復活の声が寄せられていたモデルをベースに

  • “痛勤を快勤に"──満員電車も楽ラク「ビジネスリュック」3選
    2018.12.14 update

    “痛勤を快勤に"──満員電車も楽ラク「ビジネスリュック」3選

    仕事用のバッグがビジネスバッグと呼ばれているように、"背負える、手提げで持てる、斜めがけで移動できる"という通勤を快適にする多機能リュックを「ビジネスリュック」と呼ぶ時代が到来した。メンズ館地下1階=紳士鞄担当スタイリストが選んだ、スーツやジャケパンスタイルにもフィットするデザインやカラーでありながら、満員電車の中での“前に抱える”マナーにも適したリュックとは。 メンズ館地下1階=紳士鞄を担当するスタイリストの加藤雄平 “背負える”メリットを最大限に発揮 ノ

  • 定番と「雨の日仕様」を徹底比較!梅雨を乗り切るビジネスバッグを厳選
    2018.06.01 update

    定番と「雨の日仕様」を徹底比較!梅雨を乗り切るビジネスバッグを厳選

    レインコート、レインシューズがあるように、ビジネスバッグにも「雨の日仕様」があります。メンズ館地下1階=紳士鞄のビジネスバッグ担当の田中貴之は、「ビジネスマンから人気の高い定番デザインのレザー仕様と、同デザインで水に強い素材や機能のバッグをお比べいただくと、キズや雨などを気にせず毎日使いたい方は機能性のあるバッグを選ばれます」と言う。ビジネスバッグは仕事のモチベーションの一つなので、天候を選ばず持てるバッグで梅雨から夏を乗り切りたい。 メンズ館地下1階=紳士鞄にて、ビジネスバッグを担当するスタイリストの田

  • <MASTER PIECE/マスターピース>|スーツスタイルは"色"で個性を!豊富なカラーが揃う、新作ブリーフケースが登場
    2018.04.12 update

    <MASTER PIECE/マスターピース>|スーツスタイルは"色"で個性を!豊富なカラーが揃う、新作ブリーフケースが登場

    2018.04.11 - 2018.04.24

    ユーティリティー溢れるデザインと機能にファッション性を掛け合わせたバッグを提案する<マスターピース>の新作ブリーフケースがお目見え!4月11日(水)から、カラーバリエーション豊富にご紹介いたします。 ブリーフケース 47,520円(W36.5×H27.5×D6.5cm) バッグをファッションアイテムの一つとして捉え、時代のニーズとアイデンティティを持って数々のシリーズを発表し続けている<マスターピース>。1994 年のブランド誕生以来「メイド・イン・ジャパン」を誇りに掲げ、後に、自

  • メッセンジャーブリーフ プロモーション|多様化する現代人の働き方を網羅する、ハイブリッドなバッグをご紹介
    2017.02.25 update

    メッセンジャーブリーフ プロモーション|多様化する現代人の働き方を網羅する、ハイブリッドなバッグをご紹介

    2017.03.01 - 2017.03.14

    都市回帰、職住近接という潮流。あるいはデジタルガジェットのドラスティックな進化が可能とした携行品のミニマル化。これらの流れを受け止めるジャンルがバッグやウォレットに生まれています。自転車で通勤する、いわゆる“ツーキニスト”のためのブリーフケース顔したメッセンジャーバッグ、そして旅先はもちろん、普段も重宝するトラベルオーガナイザー&ウォレットがそれにあたります。ナイロン採用による軽量化、精密機器を持ち運ぶための衝撃吸収材の内蔵。作り手はさまざまな創意工夫を重ねてきたが、大航海時代の大

  • ONLY MI -お客さまの声を三越伊勢丹の手で-|働く男の機能とお洒落を満たした実力派バックパック
    2016.03.02 update

    ONLY MI -お客さまの声を三越伊勢丹の手で-|働く男の機能とお洒落を満たした実力派バックパック

    左から<フェリージ>バックパック 100,440円、<サムソナイト>バックパック 42,120円、<マスターピース>バックパック 38,880円実用性とデザイン性、その両面を満たしたビジネスマンのためのバックパック「薄く小さく」がビジネスバッグのトレンドになりつつある中、イセタンメンズが次に注目するのがバックパックとしての機能も備えたブリーフケース。"ジャケパン"スタイルに代表されるようにビジネスウェアのカジュアル化が進み、形崩れを気にせずにバッグが背負えるのが人気の秘訣。また、通勤に自転車を利用する人が

  • マスターピースコレクション|機械式時計100年の歴史を、さまざまなブランドの時計と共に辿るプロモーションを開催。
    2016.01.13 update

    マスターピースコレクション|機械式時計100年の歴史を、さまざまなブランドの時計と共に辿るプロモーションを開催。

    2016.01.20 - 2016.02.01

    機械式時計が誕生しておよそ100年。懐中時計から始まるその歴史は、腕時計へと変化し、今もなお日々進化し続けています。1900年代初頭の黎明期から最盛期となる1950~60年代へのあゆみ、クオーツショックを経て新たな時代を築いてきた時計や、独立時計師による作品など、機械式時計の歴史をその時代を代表するマスターピースとともにご紹介いたします。【1910年代】ー懐中時計から腕時計へー19世紀において、携帯用の時計と言えば懐中時計が主流でしたが、1900年代初頭から徐々に腕時計が普及し始めます。<アエロウォッチ>

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S TAILORED CLOTHING Event Information
2019.10.11 update

MEN'S TAILORED CLOTHING Event Information

メンズ館5階=メンズテーラードクロージング、メイド トゥ メジャーの最新情報を随時更新!オーダー会情報や入荷情報をお届けします。 ALFONSO SIRICA / Aquascutum / CORNELIANI / D'URBAN OMBRARE / EMPORIO ARMANI / J.PRESS / KITON / MACKINTOSH LONDON / PAUL & SHARK / PAUL STUART / PT05 / RICHARD JAMES / TIMOTHY EVEREST LONDON / TOMORROWLAND (アルファベット順)

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集|インタビュー】鴨志田康人、世界的”天の邪鬼”のファッション感度
2019.10.11 update

【特集|インタビュー】鴨志田康人、世界的”天の邪鬼”のファッション感度

10月16日(水)から、メンズ館5階=メンズテーラードクロージングで<Camoshita UNITED ARROWS/カモシタ ユナイテッドアローズ>のポップアップが開かれる。メンズファッションについて多少なりとも造詣があれば、鴨志田康人の名を知らない人はいないだろう。ユナイテッドアローズ(以下UA)のクリエイティブ ディレクターとして国内外の数々のメディアで取り上げられてきたのは、彼の知見の広さと深さとともに、オリジナリティ溢れるそのスタイリングの妙だ。つねにトレンドを発信する立場にもかかわらず、鴨志田

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

白いTシャツ・白いキャップの洗濯方法とは?|洗濯ブラザーズが教える、自宅で出来る夏アイテムのセンタクノシカタ
2019.08.06 update

白いTシャツ・白いキャップの洗濯方法とは?|洗濯ブラザーズが教える、自宅で出来る夏アイテムのセンタクノシカタ

"洗濯ブラザーズ"こと、<リブレ ヨコハマ>の茂木貴志氏(左)と康之氏(左)第2弾となる今回も、稼働中の工場に取材班がお邪魔させていただき、洗濯にまつわるお話を伺いました。 メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスのギフトコーナーで人気のナチュラルな洗濯洗剤ブランド<リブレ ヨコハマ>を手がける洗濯ブラザーズが、白い衣類専用の粉洗剤「ホワイト ディタージェント パウダー(漂白剤・蛍光増白剤フリー)」をリリース。液体洗剤だけでは落としきれなかった頑固な汚れにアプローチし、白い洗濯物(肌着やタオル、靴下な