ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】年代別(20~40代)に支持されるビジネスバッグとは?デキる男にふさわしいブリーフケース10選
    2019.09.04 update

    【特集】年代別(20~40代)に支持されるビジネスバッグとは?デキる男にふさわしいブリーフケース10選

    ビジネスバッグを選ぶ時に、何を一番に重視していますか。機能性やデザインなどはもちろん、それ以上に、自身の年齢や雰囲気、会社の風土やクライアントへの配慮なども意識する必要があるのをお忘れなく。「年代別に推奨するビジネスバッグの選び方」を見て、持つべきバッグのポイントを押さえたい。 ビジネスシーンで使用するバッグは、個人的な基準や好みだけでなく、職場のドレスコードを意識することが最も大切。業種や職業にもよるが、迷った場合はビジネスのイメージが強く、より誠実な印象のあるバッグを選ぶのがポイントだ。モバイルデバ

  • <FUJITAKA/フジタカ>×<KYOTO Leather/京都レザー>|日本の伝統と現代の感性が融合したモダンで美しいレザーグッズ
    2018.12.21 update

    <FUJITAKA/フジタカ>×<KYOTO Leather/京都レザー>|日本の伝統と現代の感性が融合したモダンで美しいレザーグッズ

    2018.12.26 - 2018.12.31

    日本の伝統技術を大切に継承してきた2ブランドの競演!12月26日(水)から、メンズ館地下1階=紳士鞄では、<フジタカ>と<京都レザー>のコラボレーションによって生まれた新作レザーグッズをご紹介するほか、<京都レザー>を用いたバッグのパターンオーダーも承ります。 ブリーフバッグ 291,600円 日本の伝統工芸の技法を用いたレザーを製造し、新しい皮革素材ブランドを諸工芸と共に創造している<京都レザー>。そして、大切に伝承されてきた日本の職人技術と現代を意識したデザイナーの感性を融合させたブランド<フジタカ>

  • ナイロン×レザーの傑作ブリーフケースでお馴染み、45年目を迎えた<Felisi/フェリージ>の変わらないこと
    2018.12.15 update

    ナイロン×レザーの傑作ブリーフケースでお馴染み、45年目を迎えた<Felisi/フェリージ>の変わらないこと

    この冬、<Felisi/フェリージ>の定番ブリーフケースにイセタンメンズ別注モデルが登場した。こう書いただけで、勘のいい人なら、あぁ、あのモデルだなと見当がつくはず。それほどまでに「8637/2」は、<フェリージ>を代表するモデルだからだ。 関連記事:大人が選ぶべき10ブランドを厳選──“ボーナス買い”の大本命は、使い勝手満点の「ミニ財布」と「ミニ鞄」 ブリーフケース「8637/2」71,280円ご購入はこちら シルキーなタッチに上品な光沢を湛えるナイロンボディに、トスカーナ

  • “痛勤を快勤に"──満員電車も楽ラク「ビジネスリュック」3選
    2018.12.14 update

    “痛勤を快勤に"──満員電車も楽ラク「ビジネスリュック」3選

    仕事用のバッグがビジネスバッグと呼ばれているように、"背負える、手提げで持てる、斜めがけで移動できる"という通勤を快適にする多機能リュックを「ビジネスリュック」と呼ぶ時代が到来した。メンズ館地下1階=紳士鞄担当スタイリストが選んだ、スーツやジャケパンスタイルにもフィットするデザインやカラーでありながら、満員電車の中での“前に抱える”マナーにも適したリュックとは。 メンズ館地下1階=紳士鞄を担当するスタイリストの加藤雄平 “背負える”メリットを最大限に発揮 ノ

  • 見た目重視で選ぶ“モテ”バッグvsタフで実用的な“機能”バッグ──あなたが通勤に選ぶのはどっち?
    2018.10.27 update

    見た目重視で選ぶ“モテ”バッグvsタフで実用的な“機能”バッグ──あなたが通勤に選ぶのはどっち?

    10月に入って衣替えも終わり、スーツにタイドアップで背筋も伸びる季節。仕事のパートナーであるビジネスバッグも新しくしてみませんか。女性スタイリスト代表の右田は、「職業柄、通勤電車内でついバッグをウォッチしてしまうのですが、男性には“仕事のテンションが上がるかっこいいビジネスバッグ”を持ってほしいなと思います」といい、メンズ館地下1階=紳士鞄の担当スタイリストの野村は、「自分は20代なのでリュックも抵抗なく使えます」という。今回はこの男女2人のスタイリストが、見た目重視で選ぶ&ldq

  • ロゼワインをイメージした<SERAPIAN/セラピアン>のブリーフケースが登場
    2018.07.23 update

    ロゼワインをイメージした<SERAPIAN/セラピアン>のブリーフケースが登場

    1923年に創業、フランク・シナトラやオードリー・ヘプバーンも愛したイタリアの名門<SERAPIAN/セラピアン>から世界30本限定のブリーフケースが登場する。  ▶2018年秋冬プレス展示会速報!記事一覧はこちら   <セラピアン> ブリーフケース左:285,120円(29×40×9㎝)右:324,000円(29×40×9㎝)*9月19日(水)より展開 革の風合いから色、仕様までシックの一言   「そのレザーは1970年代

  • <GLENROYAL/グレンロイヤル>|自分色を纏った愛着の湧く一品を──使うほどに味わいの増す、ブライドルレザーのカラーオーダー会を開催
    2018.03.22 update

    <GLENROYAL/グレンロイヤル>|自分色を纏った愛着の湧く一品を──使うほどに味わいの増す、ブライドルレザーのカラーオーダー会を開催

    2018.03.21 - 2018.03.27

    英国伝統のモノ作りを継承するレザーグッズブランド<グレンロイヤル>。3月21日(水)から、メンズ館地下1階=紳士鞄では、英国発祥といわれるブライドルレザーを纏ったブリーフケースのカラーオーダー会を開催いたします。   1979年、スコットランド中西部エア・シャーで設立された<グレンロイヤル>。厳選した高品質のブライドルレザーを用いたアイテムは、デザイン性の高さはもちろん、レザーのみならずステッチやファスナーに至るまで、全ての素材に吟味を尽くし強いこだわりをもって作られています。

  • 【特集】干場義雅が“3度感涙”──<ペッレ モルビダ>と歩む「人生という旅」
    2018.02.06 update

    【特集】干場義雅が“3度感涙”──<ペッレ モルビダ>と歩む「人生という旅」

    【第1回】「干場」モデルが登場!旅で出合った場所やイメージをパターンオーダーで鮮やかに表現 「<PELLE MORBIDA/ペッレ モルビダ>は船旅を愉しむような本質を知る大人たちに向けて作ったバッグで、僕の原体験に映画『めぐり逢い』(1957年・アメリカ)があります。豪華客船でめぐり逢った男女が織りなす美しくて素敵な恋物語ですが、ブランド名となった“柔らかな肌(革)”は、その主演女優のデボラ・カーをイメージしたものなのです」と語るのは、ブランドをプロデュースする干場義雅。オリジ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

EDITORS’ PICK
2019.09.11 update

EDITORS’ PICK

最新トレンドからメンズ館に新たに登場する新ブランドまでを完全網羅。編集部員が独自目線で切り取った最新情報をお届けする。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】バイヤー、ブロガー、モデル、編集者etc、5人の識者に聞くそれぞれの「PITTI IMAGINE UOMO」
2019.09.11 update

【特集】バイヤー、ブロガー、モデル、編集者etc、5人の識者に聞くそれぞれの「PITTI IMAGINE UOMO」

毎年1月と6月、イタリア・フィレンツェで開かれる「PITTI IMAGINE UOMO」は世界最大級のメンズプレタポルテ=既製服の国際見本市。歴史と伝統に支えられ、国内外1200以上ものブランド、メーカーが出店する紳士服の祭典でもある。世界中からウェルドレッサーが来場することから、ファッションスナップの一大会場としても知られ、の様子に世界中のメディアが注目している。このピッティ・ウォモを伊勢丹で再現する「PITTI IMAGINE UOMO @ ISETAN MEN’S」は、今年で12回目を迎

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

白いTシャツ・白いキャップの洗濯方法とは?|洗濯ブラザーズが教える、自宅で出来る夏アイテムのセンタクノシカタ
2019.08.06 update

白いTシャツ・白いキャップの洗濯方法とは?|洗濯ブラザーズが教える、自宅で出来る夏アイテムのセンタクノシカタ

"洗濯ブラザーズ"こと、<リブレ ヨコハマ>の茂木貴志氏(左)と康之氏(左)第2弾となる今回も、稼働中の工場に取材班がお邪魔させていただき、洗濯にまつわるお話を伺いました。 メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスのギフトコーナーで人気のナチュラルな洗濯洗剤ブランド<リブレ ヨコハマ>を手がける洗濯ブラザーズが、白い衣類専用の粉洗剤「ホワイト ディタージェント パウダー(漂白剤・蛍光増白剤フリー)」をリリース。液体洗剤だけでは落としきれなかった頑固な汚れにアプローチし、白い洗濯物(肌着やタオル、靴下な