ページトップへ
CLOSE
  • 【2019年春夏速報⑮】<リーバイス®>公認の、古着再生プロジェクトがついに始動!
    2019.02.11 update

    【2019年春夏速報⑮】<リーバイス®>公認の、古着再生プロジェクトがついに始動!

    2018年のオープン15周年を記念したさまざまな取り組みを経て、唯一無二の圧倒的な存在“PEERLESS STORE”を目指す新たなフェーズへと突入した、2019年春夏の伊勢丹メンズ館。7階=オーセンティックウエアでは、昨年取り扱いを開始したヴィンテージクローズが大好評。その象徴的存在であるビッグブランド<Levi's®/リーバイス®>と、多彩な実力派デザイナーとのコラボレーションによる「リプロダクトプロジェクト」がスタートする。▶「メンズ館7階=オーセンティッ

  • 【インタビュー】軽く纏う、楽しく着こなす、 5人のデザイナーが語る "My Best Coat"
    2017.02.28 update

    【インタビュー】軽く纏う、楽しく着こなす、 5人のデザイナーが語る "My Best Coat"

    "My Best Coat"――デザイナーの感性が息づく“春のコート”この春の合言葉は、「コートを脱いでコートを着よう」――季節が春へと移り変わり、装いが軽くなるからこそ、纏(まと)うモノには“纏う意味”が求められます。イセタンメンズが春の新しいスタイリングとして提案するのが、"My Best Coat(マイベストコート)"。さまざまな個性を発するブランドが考えるスプリングコートは、まさに百人百色のバリエーション。素材の持つオリジナリティや機能性、デザイナ

  • 【メンズ館6階の最旬名品③】<SLOWGUN/スロウガン>|洋服好きが作る、洋服好きのための進化する“大人スタジャン”
    2016.11.29 update

    【メンズ館6階の最旬名品③】<SLOWGUN/スロウガン>|洋服好きが作る、洋服好きのための進化する“大人スタジャン”

    メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルで扱う、進化する男の定番アイテム=マスターピースをご紹介する連載3回目にフォーカスするのは、<SLOWGUN/スロウガン>の最新コレクション。ファッションをこよなく愛するデザイナー小林 学さんの洋服に対する想いや熱を、担当バイヤーの今泉洋祐がお伝えします。 「洋服が本当に好きなんだろうな」という想いが伝わってくる服<スロウガン>でまずご紹介したいのは、通称“大人のスタジャン”。ボディに上質なカシミヤやアルパカ素材を使用し、袖

  • <Slow Gun/スロウガン>|大きいサイズのスーパーメンズにてスタジアムジャンパーオーダーイベントを開催
    2016.11.01 update

    <Slow Gun/スロウガン>|大きいサイズのスーパーメンズにてスタジアムジャンパーオーダーイベントを開催

    2016.11.02 - 2016.11.08

    メンズ館7階=大きいサイズのスーパーメンズでは、11月8日(火)まで、<スロウガン>のスタジアムジャンパーオーダー会を開催いたします。通常のスタジアムジャンパーにはないような、カシミアやベビーアルパカ、ヨーロッパヘリテージツイードなどラグジュアリーな素材を取り揃えています。さらに、個性的なボタンをお選びいただき、お好みのスタイリッシュなスタジアムジャンパーをオーダーいただけます。<スロウガン>のスタジアムジャンパーは、最小限に留めたデザインとシンプルかつ細身のシルエットで、素材の雰囲気を最大限に活かした上

  • <Slow Gun & Co./スロウガン>|"大人のスタジャン"カスタムオーダー会を開催、週末はデザイナーも来店
    2015.10.31 update

    <Slow Gun & Co./スロウガン>|"大人のスタジャン"カスタムオーダー会を開催、週末はデザイナーも来店

    2015.10.28 - 2015.11.03

    「なつかしくて新しい服」をコンセプトに根強い人気を誇る<スロウガン>。メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルでは10月28日(水)から11月2日(月)まで、ポップアップショップを開催中。なかでも注目はイセタンメンズでは初となる"大人のスタジャン"カスタムオーダー会。10月31日(土)と11月1日(日)の両日は、デザイナー小林 学氏が来店し接客販売を行います。また三越伊勢丹のキャンペーン「JAPAN SENSES」に合わせ、日本メイドにこだわる新たな切り口として京都の染色家 丸橋誠司氏によるヴィンテージフ

  • 世界の傑作モノ博2015|モノ博別注 アウター・トップス・パンツ編
    2015.09.20 update

    世界の傑作モノ博2015|モノ博別注 アウター・トップス・パンツ編

    <キャプテンサンシャイン>×<ロッキーマウンテン>なんと異なるブランドのアウター同士の合体が可能!それぞれ単品でも、2枚合わせてインナー付コートとしても着用できちゃいます。着心地を追求して何度もパターンとサンプルを行き来させ試行錯誤の結果、誰もが納得のいく仕上がりを実現。担当バイヤーとBegin編集長の熱い想いがこもったこの冬の大本命アウターが完成しました。コート 99,360円(税込)<カナダグース>“青いシロクマ”は今年も健在!モデルはジャスパ―と人気を二分するブル