ページトップへ
CLOSE
  • <Globe-Trotter/グローブ・トロッター>|ザ・コンランショップの創始者が手がけたスペシャルモデル、全世界100台限定で登場!
    2019.12.03 update

    <Globe-Trotter/グローブ・トロッター>|ザ・コンランショップの創始者が手がけたスペシャルモデル、全世界100台限定で登場!

    最も影響力のある英国人デザイナーのひとり、テレンス・コンラン氏が<グローブ・トロッター>のために特別にデザインした最初で最後のトラベルケースが、12月1日(日)よりメンズ館地下1階=ラゲッジにて発売を開始した。 「Travel the world 」テレンス・コンラン 20インチ トロリーケース284,900円(55×42×18cm)商品を見る   イギリスの家具デザイナーで、<THE CONRAN SHOP/ザ・コンランショップ>の創始者であるテレンス・コンラン氏が

  • 深紅のルージュがブラックウォッチを覆う!? MINIとISETAN MEN'Sがコラボレーション
    2019.10.18 update

    深紅のルージュがブラックウォッチを覆う!? MINIとISETAN MEN'Sがコラボレーション

    2019.10.23 - 2019.11.12

    ドイツの自動車会社、BMWが2001年に設立した自動車ブランド「MINI(ミニ)」。10月3日(木)に発表され、新型MINI Clubmanの販売に伴い、10月23日(水)よりMINIとコラボレーションした、上質なライフスタイルの提案を行う。 伊勢丹メンズ館とMINIが協業したスぺシャルイベントを開催 10月3日(木)に発表された新型MINI Clubmanは、ラゲッジ・ルームのドアが観音開きとなることが特徴のモデルであり、伊勢丹メンズ館の常に新たな扉を開け時代の流行を司る理念が、「OPEN MORE D

  • <GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>|宇宙旅行時代のトラベルケース「AERO」が世界初お披露目、<NEIGHBORHOOD/ネイバーフッド>とのコラボモデルも登場。
    2019.08.20 update

    <GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>|宇宙旅行時代のトラベルケース「AERO」が世界初お披露目、<NEIGHBORHOOD/ネイバーフッド>とのコラボモデルも登場。

    2019.08.21 - 2019.09.03

    伝統ある英国のラグジュアリーブランド<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>から、23世紀にも存在し続けるであろう、未来の冒険家のための旅行鞄が誕生。新時代の幕開けを告げる、革新的なフル・カーボンボディのトラベルケース「AERO(エアロ)」が、8月21日(水)からメンズ館1階=プロモーションで開催するポップアップストアで、全世界どこよりも先行で販売。さらに、ポップアップのみで販売する<ネイバーフッド>との限定アイテムも登場する。 <グローブ・トロッター>キャビンケース 「エアロ」288,00

  • 【特集】パーソナライズした<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>のトラベルケースと共に旅に出る
    2019.03.15 update

    【特集】パーソナライズした<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>のトラベルケースと共に旅に出る

    <GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>のトラベルケースは、自分好みにオーダーできることをご存知だろうか。これまでロンドン本店と銀座店でのみ行われてきたビスポークサービスが、この春から、伊勢丹メンズ館でも可能になる。グローブ・トロッター 銀座2階「ザ・クラブハウス」は特別なフロアだ。イベントスペースとして使われたり、アーカイブギャラリーとして映画『007 スカイフォール』で実際に使われたトラベルケースのレプリカや、各有名ブランドとコラボした特別なモデルも展示されている。なかでも気になるのは実際

  • 【特集】<RIMOWA/リモワ>などラグジュアリーラゲッジ売場を新設──さまざまなトラベルニーズに応えるパーソナルサービスも強化
    2019.03.13 update

    【特集】<RIMOWA/リモワ>などラグジュアリーラゲッジ売場を新設──さまざまなトラベルニーズに応えるパーソナルサービスも強化

    メンズ館地下1階=紳士鞄がアイテムを拡充し、この春、「バッグ&ラゲッジ」として生まれ変わる──これまでのデイリーユース主体の鞄売場は継続しながらも、「旅」をテーマにしたエリアを新設。スーツケースやボストンバッグなど、ラグジュアリーなラゲッジをメインに編集されていくという。同コーナーでは、パーソナルカスタマイズによって旅をより豊かで魅力的なものにしてくれるサービスも用意される。お問い合わせメンズ館地下1階=ラゲッジ03-3352-1111(大代表)===== 本館地下1階連絡通路からアクセスすると、紳士肌

  • 現代的に昇華した新たな「名品」──ホリデーシーズンを彩る<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>の傑作3選
    2018.12.22 update

    現代的に昇華した新たな「名品」──ホリデーシーズンを彩る<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>の傑作3選

    1897年の創業以来、エレガントなトラベルケースで名を馳せる英国老舗<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>。何年経とうと決して色褪せることのない不変的な魅力は、拘りを持つ男の"良き相棒"として長らく愛されている。今回は、道具としての機能性はもちろん、贅沢な素材使いに優美な佇まいなど、現代のライフスタイルに合わせて昇華した新たな「名品」をお届けする。 ===== 上/ジェット トラベルブリーフ 291,600円(40.6 x 31.5 x 15 cm)下/トロリーケース 205,200円(

  • <GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>|トラベルケースの「センテナリー」シリーズに、バーガンディカラーが新色で登場!
    2018.10.05 update

    <GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>|トラベルケースの「センテナリー」シリーズに、バーガンディカラーが新色で登場!

    世界中のセレブリティに愛される<GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>に2018年秋冬の新色がラインナップ。同ブランドのトラベルケースを象徴するコレクションの一つ、「センテナリー」シリーズにニュアンスカラーのコーディネートにも映えるバーガンディカラーが登場した。 「20インチトロリーケース」205,200円(55x40x20cm) <グローブ・トロッター>の創業100周年を記念して1997年に発表された「センテナリー」は、ヴァルカン・ファイバーのボディーに、レザーコーナーとレザーストラップ(2

  • 一流品の条件
    2018.07.18 update

    一流品の条件

    4年に1度のサッカーの祭典ワールドカップ中は、みなさま深夜まで熱心に観戦され寝不足だったのではないでしょうか?島地さんが予想したフランスが見事優勝して幕を閉じました。法力を操る島地さんにはそういった類の予知能力もあるのかもしれません・・・ 関連記事:島地勝彦は法力の使い手である さて、現在発売中のライフスタイル雑誌「Pen」に、毎号連載しているページのほかに、“一流品の条件”というテーマで島地さんの私物が掲載されています。ぜひ書店で雑誌をお買い求めの上、ご覧ください。 和

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言
2020.01.29 update

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言

サロン ド シマジは、元週刊プレイボーイの編集長であり、現在は作家として活躍する島地 勝彦氏がプロデュースをするライフスタイルセレクトショップ。週末には島地氏がバーマンとしてお酒を振舞い、大人の嗜みを教えている。この「今週の格言」では、島地氏直筆による格言とともに、サロン ド シマジで起きた出来事を紹介。提供されたお酒や島地氏本人のコーディネートを毎週更新する。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】スペイン発のドレスシューズブランド<Berwick/バーウィック>の尽きない魅力とは。
2020.01.29 update

【特集】スペイン発のドレスシューズブランド<Berwick/バーウィック>の尽きない魅力とは。

メンズ館地下1階=紳士靴担当バイヤー田畑智康が、2020年春夏シーズンのスタートに注目したのが、職人の技術とテクノロジーを組み合わせたスペインブランド<Berwick/バーウィック>だ。この春、満を持して伊勢丹メンズ館でのローンチが決定した同ブランドの“推しポイント”をスペシャルアイテムの紹介とともにバイヤー視点で解説する。 伊勢丹メンズ館地下1階=紳士靴担当バイヤーの田畑智康 スペイン発、最新設備の工場で一貫生産される<バーウィック>の革靴 ワークスタイルを含めたライフスタイル

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の