ページトップへ
CLOSE
  • “アウター×マフラー”をどう着こなす?メンズ館スタッフ6名による季節を楽しむコーディネート術
    2018.11.20 update

    “アウター×マフラー”をどう着こなす?メンズ館スタッフ6名による季節を楽しむコーディネート術

    朝晩の気温が10度以下になり、冬の気配を感じ始めたら、お気に入りのコートを羽織って、首元にはマフラーをというシーンも自然と増えてくるのではないでしょうか。今回は、メンズ館のアシスタントバイヤーと、イセタンメンズネット編集部の総勢6名が、アウター×マフラーを使ったこの冬のファッションの楽しみ方を提案。冬の2大マストアイテム、アウターとマフラーの相性はもちろん重要ですが、ひと手間加えていつもよりかっこよく、お洒落に冬の装いを楽しみませんか?ぜひコーディネートのヒントにしてください。

  • <Graphpaper/グラフペーパー>|期間限定ショップに別注アイテム2型が登場!ブランドの世界観を表現する作家の作品も展示販売
    2018.10.12 update

    <Graphpaper/グラフペーパー>|期間限定ショップに別注アイテム2型が登場!ブランドの世界観を表現する作家の作品も展示販売

    2018.10.17 - 2018.10.23

    東京のファッションシーンを盛り上げるべく2016年からスタートした「TOKYO MEN'S FES」。 3年目を迎えた今回は、本館7階=催物場をメイン会場に伊勢丹メンズと共に15周年アニバーサリーイヤーとなるLDH apparelと協業。サテライト会場となるメンズ館2階、6階、7階でもさまざまなイベントが催される。メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルでは、<Graphpaper/グラフペーパー>のポップアップショップが期間限定で登場。伊勢丹新宿店別注アイテムのほか、<グラフペーパー>の世界観を表現する

  • My Summer Shorts Style|“メンズ館のミレニアル世代”が自分なりに解釈したこの夏のショートパンツスタイルとは
    2018.06.23 update

    My Summer Shorts Style|“メンズ館のミレニアル世代”が自分なりに解釈したこの夏のショートパンツスタイルとは

    軽やかで、涼しくて、一度穿いたらやみつきになるショートパンツ(ショーツ)。イセタンメンズの“20代=ミレニアル世代”のアシスタントバイヤー3名が、私物も交えながらショートパンツをメインに使った2018年夏のコーディネートを提案。自分の好きなカルチャーなどもベースにしながら、それぞれが個性を表現している。【My Summer Shorts Style_1】デニムバギーショーツをヒップホップ的に着こなす【My Summer Shorts Style_2】カットオフショーツはリアル

  • 今年は何を着る?「毎日付き合いたいアウター」をテーマ別に厳選!【12月6日(水)更新】
    2017.12.06 update

    今年は何を着る?「毎日付き合いたいアウター」をテーマ別に厳選!【12月6日(水)更新】

    今年トレンドでもある80年代を彷彿とさせるオーバーサイズのアウターから、時代を越えて愛されるエターナルなアウターまで。多種多様なシルエットや素材、機能を備えたアウターが充実しているメンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルより、この冬一押しのアウターを4つのテーマでご紹介。本格的な冬の寒さを感じるようになった今こそ、シーンに合わせたアウターを纏って冬のコーディネートを楽しみたい。 NEW 12.6 update色褪せることのない、長く着られる『マスターピースなアウター』3選

  • “ONE OF A KIND”──自分だけのひとつを探し出す6日間、「TOKYO MEN'S FES 2017@ISETAN」が開催
    2017.09.06 update

    “ONE OF A KIND”──自分だけのひとつを探し出す6日間、「TOKYO MEN'S FES 2017@ISETAN」が開催

    2017.09.13 - 2017.09.18

    今年もはじまる、男の祭典「トウキョウ メンズ フェス 2017@イセタン」。 “個”の時代を楽しむためにも、自分だけのこだわりのひと品を探し出したいもの。 文字どおりバイヤー渾身の一点ものから、人気デザイナーが出品するフリーマーケット、 はたまた靴磨きのワークショップや魅力溢れる限定品の販売、 普段はメンズ館には登場しないショップやブランドなど、 どこを見ても楽しめる、大人の男のための“お祭り”を開催!男のワガママをかなえる、ファッションの祭典TOKYO

  • 特集【毎日着たい防寒アウター】|トレンドど真ん中で着こなしたい、"まるっと"包むビッグシルエットアウター
    2016.12.06 update

    特集【毎日着たい防寒アウター】|トレンドど真ん中で着こなしたい、"まるっと"包むビッグシルエットアウター

    時代はタイトフィットからビッグシルエットへ――メンズファッションのトレンドの変遷はとても緩やかですが、この秋冬、明らかになってきたのが“オーバーサイズ”の流れ。特に、アウターやトップスをたっぷりシルエットにして、ボトムスは細くというのが、最新トレンドです。「ファッションだから、最旬の服を着たい」という方に、メンズ館2階と6階で、ビッグシルエットを見つけました。関連記事あなたならどれを選ぶ?特集「毎日着たい防寒アウター」記事一覧はこちら関連商品はこちら伊勢丹オンラインストア「防寒アウ

  • 【メンズ館6階の最旬名品①】<Graphpaper/グラフペーパー>|<LOOPWHEELER/ループウィラー>別注のビッグシルエット・スウェットシャツ
    2016.09.17 update

    【メンズ館6階の最旬名品①】<Graphpaper/グラフペーパー>|<LOOPWHEELER/ループウィラー>別注のビッグシルエット・スウェットシャツ

    メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルに、クリエイティブ・ディレクター南 貴之氏が手がけるブランド<Graphpaper/グラフペーパー>が今シーズン初登場。担当バイヤーの今泉洋祐がひと目惚れしたのは、<LOOPWHEELER/ループウィラー>製の“着心地の良い”吊り編みスウェットシャツです。「ビッグシルエットのフリーワンサイズのみ。今季の新色オリーブも揃っています」と、最旬アイテムの太鼓判です。<LOOPWHEELER for Graphpaper>ラグランスウェット 25,