ページトップへ
CLOSE
  • 世界的生地メーカー エルメネジルド・ゼニア社と<トゥモローランド>の共同開発で生まれた「薄・軽・快」なジャケットを着る
    2019.04.18 update

    世界的生地メーカー エルメネジルド・ゼニア社と<トゥモローランド>の共同開発で生まれた「薄・軽・快」なジャケットを着る

    時代を超えて受け継がれていく洗練されたエレガントスタイルを提案する<TOMORROWLAND/トゥモローランド>がメンズ館6階から5階に移設して、ドレスの品揃えがボリュームアップ。そんな同ブランドの春夏のキーアイテムとなるのが、エルメネジルド・ゼニア社との共同開発で生まれた「TRAVELLER+SPHERE PROJECT」のスーツ&ジャケット。同ブランドのクロージングレーベル「トゥモローランド ピルグリム」から昨年初登場し、ビジネスマンから高評価を受けリピーターが続出。今年は、同素材を使ったスーツ・ジャ

  • 第30回|クールな素材で快適に着こなせる、人気3ブランドの真夏スーツを徹底比較
    2018.05.26 update

    第30回|クールな素材で快適に着こなせる、人気3ブランドの真夏スーツを徹底比較

    今年14年目を迎えたクールビズ。イセタンメンズでは簡略化されたクールビズを見直し、“夏のコンフォートスタイル”として「機能性」素材などを上手に取り入れたドレスな装いを提唱する。►「夏のコンフォートスタイル」に関する記事はこちらTPOに合わせて、夏でもタイドアップを求められるビジネスマンへ朗報!――先進の生地メーカーの技術革新による涼感と、ブランドの服作りの創意工夫、そして涼しげに見えるコーディネートで夏を乗り切る。メンズ館5階=ビジネスクロージングで人気の<イセタンメンズ>、<

  • 夏のネクタイ&ポケットチーフは“素材”にこだわれば格段に美しく仕上がる!
    2018.05.22 update

    夏のネクタイ&ポケットチーフは“素材”にこだわれば格段に美しく仕上がる!

    今年14年目を迎えたクールビズ。イセタンメンズでは簡略化されたクールビズを見直し、“夏のコンフォートスタイル”として「機能性」素材などを上手に取り入れたドレスな装いを提唱する。キーアイテムとなる「トラウザーズ」を中心に、「首元」「胸元」のあしらい方なども解説する。►「夏のコンフォートスタイル」に関する記事はこちら「ネクタイを締めない“ノータイ”という認識が定着したクールビズですが、シャツやポロシャツなどカジュアルな仕事スタイルに、ネクタイをきちんと締める

  • トラウザーズと首元でつくるこの夏の“クールスタイル”で自分らしさを発揮
    2018.05.16 update

    トラウザーズと首元でつくるこの夏の“クールスタイル”で自分らしさを発揮

    今年14年目を迎えたクールビズ。イセタンメンズでは簡略化されたクールビズを見直し、“夏のコンフォートスタイル”として「機能性」素材などを上手に取り入れたドレスな装いを提唱する。キーアイテムとなる「トラウザーズ」を中心に、「首元」「胸元」のあしらい方なども解説する。►「夏のコンフォートスタイル」に関する記事はこちらメンズ館5階=ビジネスクロージングの提案はずばり、男を上げるクールスタイル――。担当バイヤーの稲葉は、「お客さまの“真夏に装う意識”が高まってき

  • 装いの仕上げにポケットチーフを!基本の挿し方からカラーや柄の選び方を指南
    2018.05.16 update

    装いの仕上げにポケットチーフを!基本の挿し方からカラーや柄の選び方を指南

    ビジネススーツにポケットチーフを!――「朝、シャツを着て、ネクタイを締めて、スーツを着て、最後の仕上げがポケットチーフ。TVホールドで挿すと気持ちのスイッチが入るので、仕事のときのルーティンになっています」というのは、メンズ館5階=ビジネスクロージングのアシスタントバイヤー羽鳥。メンズ館1階でスタイリストをモデルに実践も見せます。「ネクタイを締める、次にチーフを挿す」ことを意識=クセづける入社したときに先輩から言われたのが、「ポケットチーフぐらい挿しなさい」でした。まだスーツも着慣れていなかったので、

  • 高温多湿なアジア特有の気候を乗り越える!<トゥモローランド>がErmenegildo Zegna社と共同開発した“TRAVELLER NANOSPHRE”がデビュー
    2018.05.03 update

    高温多湿なアジア特有の気候を乗り越える!<トゥモローランド>がErmenegildo Zegna社と共同開発した“TRAVELLER NANOSPHRE”がデビュー

    メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアル<TOMORROWLAND/トゥモローランド>では、過去10年以上に渡りErmenegildo Zegna社との取り組みから実現した、Exclusive Quality “TRAVELLER NANOSPHRE”が今季デビューした。Ermenegildo Zegna社の名作ファブリック”TRAVELLER”をアレンジ今回、<トゥモローランド>のExclusive modelとして共同開発したファブリックは、Supe

  • 連載③フロアアテンダントが新たな着こなし提案「毎週金曜日は"脱スーツ"」──伊藤忠商事×伊勢丹新宿店|脱ワンパターンで“柔らかダンディスタイル”に挑戦【本司 博さんの場合】
    2017.08.16 update

    連載③フロアアテンダントが新たな着こなし提案「毎週金曜日は"脱スーツ"」──伊藤忠商事×伊勢丹新宿店|脱ワンパターンで“柔らかダンディスタイル”に挑戦【本司 博さんの場合】

    繊維一筋で洋服に詳しい田中裕也さんとは対照的に、食料カンパニーの水産部に所属する本司 博さんは、「カジュアルフライデーといっても、手持ちのシャツにブレザーを羽織るぐらい」といういわゆる無頓着派。しかし、小柄な体型に合わせて、スーツはパターンオーダーで作るというこだわりの一面も。「普段はトータルコーディネートというのをあまり考えないので、メンズ館のスタイリストさんの提案に期待します」という本司さんの「脱スーツ・デー」コーディネートを担当するのは、販売担当マネージャーの嶋崎とアテンダントの田村。伊藤忠商事の

  • 連載②フロアアテンダントが新たな着こなし提案「毎週金曜日は"脱スーツ"」──伊藤忠商事×伊勢丹新宿店|"サイズバランス"をキーワードにトレンド性とスッキリ感を演出【田中裕也さんの場合】
    2017.08.12 update

    連載②フロアアテンダントが新たな着こなし提案「毎週金曜日は"脱スーツ"」──伊藤忠商事×伊勢丹新宿店|"サイズバランス"をキーワードにトレンド性とスッキリ感を演出【田中裕也さんの場合】

    「1970年、京都生まれで、中2のときにDC(デザイナーキャラクター)ブームと出会って、洋服を買うのが大好きになり、<アルマーニ>などのインポートブームを経て、大学では"渋カジ"など経験。服が大好きで伊藤忠商事(以下、伊藤忠)に入社して、繊維アパレルを希望。服好きが高じて生地に興味を持ち、入社23年、繊維一筋です」という、ある意味、メンズ館のスタイリスト(販売員)やアテンダントよりも生地の知識が豊富な田中裕也さん。「痩せているころは好きなブランドもあって、こだわりもありましたが、今は清潔感を保とうと思って