ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】時代性と季節感を捉えた素材や機能に着目。2020年春夏のドレスクロージングの新潮流を解説
    2019.12.07 update

    【特集】時代性と季節感を捉えた素材や機能に着目。2020年春夏のドレスクロージングの新潮流を解説

    イセタンメンズの新しい提案に心躍る春――メンズ館5階=メンズテーラードクロージングの編集平場「インターナショナル セレクション」と、ドレスクロージングの聖地として品格あるスタイルを発信する「アルチザン」の早期ご予約&販売会が12月14日(土)よりスタート。それぞれのカテゴリーを担当するバイヤーが、注目の“スタイル・ブランド・アイテム”をいち早くご紹介する。■ 伊勢丹メンズ館バイヤーが2020年春夏のドレスクロージングの新潮流を解説▼ 1. 【山浦バイヤーが解説】

  • 世界でも類を見ない錚々たるブランドが集う「アルチザン」コーナーがオーダーフェアを開催
    2019.11.13 update

    世界でも類を見ない錚々たるブランドが集う「アルチザン」コーナーがオーダーフェアを開催

    2019.11.13 - 2019.11.26

    限られた職人のみが手作業で仕立てる妥協のないモノづくりを行う、サルトリア。メンズ館5階には、<キートン>や<イザイア>といった名門ブランドはもちろん、ロンドン、ナポリといった異なる街に一軒しかない知る人ぞ知るサルトリアが一堂に介す紳士服の名店街「アルチザン」コーナーが存在する。11月13日(水)から26日(火)までの期間、同コーナーでは、<キートン>や<イザイア>といった錚々たるブランドによるオーダーフェアが開催される。 世界で最も美しい服を仕立てるといわれる<Kiton/キートン> 着心地の良さを追求

  • 装いを愉しむ紳士に捧ぐ2日間限定フェス、”FUN TO DRESS”がメンズ館5階で開催
    2019.09.16 update

    装いを愉しむ紳士に捧ぐ2日間限定フェス、”FUN TO DRESS”がメンズ館5階で開催

    9月21日(土)と22日(日)の2日間、メンズ館5階=テーラードクロージングでは、"FUN TO DRESS(装いを楽しむ)"をテーマにした特別なイベントを開催。自分らしい装いを発見し、体験できるさまざまなモノやコト企画をご用意し、作り手と直接出会うことのできるオーダー会や普段目にすることのできないパフォーマンスが行われる。 ■関連記事・【特集】注目の秋アイテム、個性と装いを愉しむ "最旬名品" 7選 メンズ館5階に"PITTI IMMAGINE UOMO"を模したブランドブースが登場   毎

  • <Orazio Luciano/オラッツィオ ルチアーノ>|伝統的なサルトリア・ナポリターノが3日間限定のオーダー会を開催!
    2019.09.04 update

    <Orazio Luciano/オラッツィオ ルチアーノ>|伝統的なサルトリア・ナポリターノが3日間限定のオーダー会を開催!

    2019.09.21 - 2019.09.23

    ナポリ流エレガンテを継承する実力派サルト<オラッツィオ ルチアーノ>。9月21日(土)から3日間限定でメンズ館5階=メンズテーラードクロージングにてオーダー会を開催する。  <Kiton/キートン>創業当時にマスターカッターを務めたオラッツィオ・ルチアーノ氏が自身の名を冠して立ち上げたブランドは、現在息子のピーノ・ルチアーノ氏が舵をとる。 その豊富な経験から生み出される大胆で精巧なカッティングは同ブランドの真骨頂。手仕事によるやわらかな縫製と軽い着心地といった伝統的なナポリ仕立てを現代に継承し

  • “一生モノを仕立てる”──イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催。
    2019.07.27 update

    “一生モノを仕立てる”──イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催。

    2019.07.24 - 2019.08.06

    7月24日(水)から、メンズ館5階=メイド トゥ メジャーでは、イセタンメンズと雑誌「THE RAKE」による『THE RAKE WEEKS』を開催いたします。雑誌『THE RAKE』の最新号では、“一生モノを仕立てる”と題し、伊・英・仏の名門テーラーの世界初となる“本国仕立てのMTMスーツ”や、それらの服にふさわしいスペシャルな生地などのオーダー特集が掲載されています。素材を選ぶことの楽しさに加え、どのテーラーが自分の個性を最大限に引き出してくれるのかを吟

  • 名うてのサルトが手がけたテーラードコートの饗宴
    2019.07.19 update

    名うてのサルトが手がけたテーラードコートの饗宴

    伊勢丹メンズ館は、アポイントメントを取り付け、アトリエを訪問し採寸してもらい、仕上がりまで半年から1年待たねばならない高名なサルトの逸品を、既製服で購入することができる世界でも類を見ない百貨店だ。たとえばそれはナポリ伝説のサルトである<Antonio Panico/アントニオ パニコ>に代表される。 <アントニオ パニコ>コート 1,188,000円 工房にミシンを置かず型紙を引かずにハサミを使う、稀代のサルトの既製服はビスポークと同じクオリティ。今季は<アントニオ パニコ>からスポーティなラグランスリー

  • <Orazio Luciano/オラッツィオ ルチアーノ>|"ナポリ流エレガンテ"を継承する実力派サルトが2日間限定のトランクショーを開催
    2019.02.15 update

    <Orazio Luciano/オラッツィオ ルチアーノ>|"ナポリ流エレガンテ"を継承する実力派サルトが2日間限定のトランクショーを開催

    2019.02.23 - 2019.02.24

    <Kiton/キートン>創業当時のマスターカッター、オラッツィオ・ルチアーノ氏が自身の名を冠したブランドは、現在息子のピーノ・ルチアーノ氏が舵をとる。 その豊富な経験から生み出される大胆で精巧なカッティングは同ブランドの真骨頂。柔らかな縫製と着心地に伝統的なサルトリア・ナポレターノを現代に継承しながら、モダナイズされた丸みのある立体的なフォルムとバランスは良好だ。 今回、メンズ館5階では、「アルチザン」をキーワードに新たに誕生する編集ショップにてトランクショーを開催。2月23日(土)と24日(日

  • ジェントルマンが集う男の語り場、"il Barbiere"の全貌
    2019.02.13 update

    ジェントルマンが集う男の語り場、"il Barbiere"の全貌

    この春、伊勢丹メンズ館は大きくリニューアルされる。フロア構成や取り扱いブランドの再編成とともにオーダー環境の拡大など、より深く、よりパーソナルな空間へと生まれ変わろうとしているのだ。このリモデルにあたりメンズテーラードクロージングを担当し、「アルチザン」をキーワードに新たに誕生する編集売場の指揮を執るバイヤーの山浦勇樹に、今回の新ショップへの想いを聞いた。===== 「とくに意識したのはパーマネントやアルチザンといった、メンズ館の春夏キーワードにもなっているテーマ性です。伊勢丹メンズ館はつねに世界中から

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言
2020.01.20 update

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言

サロン ド シマジは、元週刊プレイボーイの編集長であり、現在は作家として活躍する島地 勝彦氏がプロデュースをするライフスタイルセレクトショップ。週末には島地氏がバーマンとしてお酒を振舞い、大人の嗜みを教えている。この「今週の格言」では、島地氏直筆による格言とともに、サロン ド シマジで起きた出来事を紹介。提供されたお酒や島地氏本人のコーディネートを毎週更新する。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー
2020.01.20 update

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー

東京発のフットウエアブランド<YOAK/ヨーク>のポップアップが、1月22日(水)からメンズ館1階=紳士靴でスタート。ISETAN MEN'S netでは、毎シーズン恒例となったデザイナーの広本 敦氏へのインタビューを実施。広本氏が自身の旅からインスピレーションを受けて開発した新モデルや今シーズンの話を伺った。 アメリカを旅して生まれた、出張・旅行・遊びまでカバーする新作モデル 広本氏がアメリカ・サンフランシスコからポートランド、カナダのバンクーバーまで旅をして生まれたのが、待望の新作"JOURNEY"だ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の