ページトップへ
CLOSE
  • ミラノを代表する高級コートブランド<Sealup/シーラップ>の豊富なラインナップが揃うプロモーションを開催
    2019.10.02 update

    ミラノを代表する高級コートブランド<Sealup/シーラップ>の豊富なラインナップが揃うプロモーションを開催

    2019.10.02 - 2019.10.08

    ミラノ発のコート専業メーカー<シーラップ>が10月2日(水)から8日(火)まで、プロモーションを開催。メンズ館5階=メンズテーラードクロージングでは、期間中、同ブランドの秋冬コレクションから最新のアウターウエアを豊富にラインナップする。1935年にミラノで創設した<シーラップ>は、レインウェアを専門に取り扱いをスタートさせてから、この80年の間に、世界を代表する高級レインウェアとアウターウェアのトップブランドに成長した。コンセプトは、常に新しい最先端の技術とデザインを、“100%メイド イン

  • 2019年秋冬シーズン 遂に本格上陸する<PAUL & SHARK/ポール&シャーク>|メンズ館5階にてポップアップストアを開催!
    2019.08.20 update

    2019年秋冬シーズン 遂に本格上陸する<PAUL & SHARK/ポール&シャーク>|メンズ館5階にてポップアップストアを開催!

    2019.08.21 - 2019.09.03

    イタリアで誕生した<ポール&シャーク>。2019年秋冬シーズンから日本で本格上陸となる今回、アウターにフォーカスしたポップアップストアをメンズ館5階=メンズテーラードクロージングにて、8月21日(水)~9月3日(火)まで開催する。  かつては有名ブランドのOEMも手掛けてきたニットファクトリーであったが、ヨットをはじめとした海の世界にインスピレーションを受け1975年に創業。今では、イタリア本国は勿論、ヨーロッパを中心に400以上のショップを展開する世界的にも愛されているブランド。ファクトリー

  • 【特集】薄くて・軽くて・快適な、マルチに使える「春アウター10選」
    2019.02.09 update

    【特集】薄くて・軽くて・快適な、マルチに使える「春アウター10選」

    昼間の陽射しに春を感じるとき、年を越してきた冬アウターはちょっと重く感じてしまうもの。そんな「ジャケットだけでは心許ない日」に重宝するのが、冬に着るコートとは一線を画すほどの軽快さを実現する“春アウター”だ。見た目はしっかりしていても、素材に薄・軽なナイロンを採用したり、コットン素材でも縫製の進化で軽くなるなど、ジャケット感覚で羽織れる新作が今シーズンは目白押し。イセタンメンズネットでは、近年では類を見ないほど充実している春アウターを3つの切り口でピックアップした。 1. 素材と仕

  • <SAVE THE DUCK/セイブザダック>|ダウンよりもスッキリで暖かい!イタリア発アウターブランドが登場
    2018.11.21 update

    <SAVE THE DUCK/セイブザダック>|ダウンよりもスッキリで暖かい!イタリア発アウターブランドが登場

    2018.11.21 - 2018.12.11

    イタリア・ミラノで生まれたアウターウエアブランド<セイブザダック>が、11月21日(水)からメンズ館5階=ビジネス クロージングにてポップアップを開催。会期中は、美しいデザインと、最先端テクノロジーによる素材を使った2018年秋冬の新作コレクションを一堂にラインナップする。<セイブザダック>は、世界中で採取され続けている“羽毛を持つダック達を守りたい”という信念のもとに誕生したアウターウエアブランド。同ブランドの製品は、羽毛の代わりに「PLUMTECH®」という特殊のポリエ

  • <HERNO/ヘルノ>|ベストセラーアウターが集結、ブランド創立70周年を記念したコートも登場!
    2018.11.17 update

    <HERNO/ヘルノ>|ベストセラーアウターが集結、ブランド創立70周年を記念したコートも登場!

    2018.11.14 - 2018.11.27

    1948年、イタリア北部にあるマジョーレ湖半の町レーザで誕生し、今年ブランド創立70周年、日本上陸50周年を迎えた<ヘルノ>。2018年秋冬シーズン、同ブランドでは70年間にわたるイタリアの卓越性を祝した特別モデルを制作。11月14日(水)からメンズ館5階=ビジネス クロージングにて開催中のプロモーションでご紹介している。 関連記事▶<HERNO/ヘルノ>&<MOORER/ムーレー>、ビジネスアウターの2大巨頭に新たな名作が誕生? ブランドのルーツであるレインコートを彷彿とさせるベルテッド、エポレット

  • 今年は何を着る?「毎日付き合いたいアウター」をテーマ別に厳選!【12月6日(水)更新】
    2017.12.06 update

    今年は何を着る?「毎日付き合いたいアウター」をテーマ別に厳選!【12月6日(水)更新】

    今年トレンドでもある80年代を彷彿とさせるオーバーサイズのアウターから、時代を越えて愛されるエターナルなアウターまで。多種多様なシルエットや素材、機能を備えたアウターが充実しているメンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルより、この冬一押しのアウターを4つのテーマでご紹介。本格的な冬の寒さを感じるようになった今こそ、シーンに合わせたアウターを纏って冬のコーディネートを楽しみたい。  NEW 12.6 update 色褪せることのない、長く着られる 『マスターピースなアウター』3選

  • <CANADA GOOSE/カナダグース>|今年は全11モデルを展開──バイヤー柴田が最強ダウンアウターとして<カナダグース>を推す理由
    2017.11.17 update

    <CANADA GOOSE/カナダグース>|今年は全11モデルを展開──バイヤー柴田が最強ダウンアウターとして<カナダグース>を推す理由

    昨年、<CANADA GOOSE/カナダグース>を購入できなかった方へ朗報──「欲しいモデル、自分のサイズが買えなかった」という声にお応えして、メンズ館7階=オーセンティック カジュアルに先駆け、伊勢丹オンラインストアでの販売がスタート。まず人気の4モデルが登場した。さらに、同階を担当する柴田信友バイヤーは、「(<カナダグース>は)店頭では8月下旬からご紹介しますが、伊勢丹オンラインストアでは毎月下旬に入荷モデルを最速アップするので、ぜひ小まめにチェックをお願いします」と語る。バイヤー柴田が解釈する201

  • <HANCOCK/ハンコック>|雨の日はもちろん、ビジネスにも活躍──拘りの詰まった英国伝統の"ゴム引き"コートはこの冬も必須
    2017.10.24 update

    <HANCOCK/ハンコック>|雨の日はもちろん、ビジネスにも活躍──拘りの詰まった英国伝統の"ゴム引き"コートはこの冬も必須

    2017.10.25 - 2017.10.31

    英国ゴム産業の創始者であるトーマス・ハンコックにより発明された技術を継承したスコットランドのハンドメイドによるアウターブランド<HANCOCK/ハンコック>が、10月25日(水)より、メンズ館5階=ビジネス クロージングにてプロモーションを開催。期間中は、今シーズンのアウターコレクションが一堂に介するほか、2018年春夏コレクションの先行受注も承る。 コート 78,840円 <ハンコック>は、英国伝統のゴム引きコートをスタイルコンシャスなブランドへと成長させ、この業界に大きな功労を果たしたダニエル・ダンコ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ISETAN MEN'S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~
2020.03.27 update

ISETAN MEN'S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~

伊勢丹新宿店メンズ館のスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けするコーナー、「Vゾーンの流儀」。『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』ここでは、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ビジネスシーンに使える!
2020.03.27 update

【特集】ビジネスシーンに使える!"今どきスーツ"に似合う「白Tシャツ」5選

ジャケットのインナーとして使えるのは、断然「白T」 ビジネススタイルの多様化が進んで、ネクタイ着用が求められない職場が増え、足元もスニーカーを推奨する企業も増えている。そういう変化を背景に、カジュアルに着用できるセットアップが春夏のワードローブの主役に躍り出ているのは周知の通り。スタイリングはTシャツをインナーにして、ストレッチやジャージー素材など、旬の機能性素材を使ったスーツとセットアップ感覚で着るのが定番になってきている。 旬の機能性素材を使ったセットアップスーツには、ドレスシャツ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の