2022.03.04 update

著名インスタグラマーと老舗繊維専門商社が創り上げた大人気ブランド<fuu/project>が、待望のポップアップストアを開催!

03.09 Wed -03.22 Tue
伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション

Instagrmで2.8万人のフォロワーを抱える、ちゃんソーw氏が繊維専門商社である瀧定名古屋のバックアップを受け、オンライン限定で展開するファッションブランド<fuu/project/フープロジェクト>が、伊勢丹新宿店で初のポップアップストアを開催する。このイベントでは、ちゃんソーw氏が偏愛する浅草発のシューズブランド<DOUBLE FOOT WEAR/ダブルフットウェア>のオーダー受注会も同時開催。<fuu/project>とはどんなブランドなのか、なぜ他ブランドのオーダー会を行うのか──話題のディレクター本人にインタビュー。

<fuu/project>商品一覧を見る



  1. 人気インスタグラマーのセンスが凝縮された、上質で洗練された大人服
  2. 衣食住すべてにこだわり支持される、ちゃんソーw氏が率いるプロジェクト
  3. 多彩なファッション遍歴の結論は、ラクでカッコいい服しか着たくない
  4. 極上のスウェットセットアップと、カワイハルナ氏とのコラボレーション
  5. <DOUBLE FOOT WEAR/ダブルフットウェア>など、大好きなものの素晴らしさも伝えたい

人気インスタグラマーのセンスが凝縮された、上質で洗練された大人服

オンライン限定での展開ながら、新商品の発売後はすぐに完売してしまうことも多い大人気ファッションブランド<fuu/project>は、その成り立ちからしてユニークだ。
ディレクターとしてものづくりを主導するのは、名古屋をベースにファッション、インテリア、フードなど広範囲な“おしゃれ生活”を発信し2.8万人のフォロワーを抱えるインスタグラマー、ちゃんソーw氏(@08.y.sou)。それを生産やオンラインリテールの面からバックアップをするのが、同じく名古屋を拠点とする創業150年以上の老舗繊維専門商社である瀧定名古屋だ。2020年にローンチされたばかりだが、SNSとECというデジタルツールの相乗効果で瞬く間に全国区の人気ブランドとして認知されるに至っている。
そんな<fuu/project>が、初のポップアップストアを伊勢丹新宿店メンズ館1階POPUPスペースで開催するという。コスト度外視の上質な素材使いや、こだわり抜いたパターンやサイジングによる着心地のよさがアイデンティティとされるブランドにとって、実物の商品に触れ、サイズ感や着心地を確かめてから、しかも誰よりも早く購入することができる実店舗での先行販売会は、熱烈なファンにとっても、未体験のユーザーにとっても、またとない絶好の機会。

会期内の土曜と日曜は、ディレクターであるちゃんソーw氏、“相方さん”ことmiyu氏という夫妻に加え、愛娘“あんず”ちゃんも在店予定。以前からのファンにとっても見逃せない、楽しいイベントとなりそうだ。


ちゃんソーwファミリー(左から:ちゃんソー氏、あんずちゃん、miyu氏)


PROFILE
ちゃんソーw(Instagram:@08.y.sou

名古屋をベースにファッションやフード、インテリアなどライフスタイル全般の発信を行い、2.8万人のフォロワーを抱えるインスタグラマー。瀧定名古屋とのファッションプロジェクト、<fuu/project>のブランドディレクターも務める。

衣食住すべてにこだわり支持される、ちゃんソーw氏が率いるプロジェクト

本イベントを企画した紳士靴担当バイヤーの宮下創太氏、さらにISETAN MEN’Sデジタル担当として<fuu/project>の2022年春夏コレクションのイメージビジュアルの制作に関わった松岡歩氏をナビゲーターに、打ち合わせと取材対応のためファミリー総出で東京を訪れた、ちゃんソーw氏を直撃インタビュー。ブランド創設のきっかけ、ものづくりへのこだわり、ポップアップの見どころなどについて、話を訊いた。

宮下:実は、ちゃんソーwさんのInstagramアカウントは、以前からフォローさせていただいていたんですよ。ジャンルを絞ったほうがフォロワー獲得には有利と言われていた5,6年前から、ファッションだけではなく、食べ物や家具、日常の何気ない一コマをポストされていて、自然体でオシャレだなって思っていました。


宮下創太
伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴バイヤー
“世界一の品ぞろえ”と言われる伊勢丹新宿店の紳士靴売り場を、“世界一楽しい世界一賑わう紳士靴売り場”に昇華するため日々奮闘中。高校時代は甲子園に春夏合わせて3度出場した元野球少年。

ちゃんソーw:ありがとうございます(笑)。

宮下:そうしたらある日、伊勢丹とのお取り引きがあってカットソーを中心にとてもクオリティの高い商品を展開している瀧定名古屋さんが、新ブランドをローンチするという話を耳にしました。しかもそのプロジェクトを、ちゃんソーwさんがディレクションするという……。歴史も実績もある繊維メーカーさんの果敢なチャレンジに、並々ならぬ熱意を感じました。

ちゃんソーw:瀧定名古屋のご担当者の方から直接、Instagramのダイレクトメッセージをいただいたんです。過去に、とあるブランドさんとコラボした経験はあったのですが、ブランドをいちから立ち上げるという大きなプロジェクトは初めて。正直、とてもビックリしました。僕たちが夫婦で発信していること、ファッションもご飯も、家具や雑貨も含めたライフスタイル全般を網羅しているというのが理由なんだそうです。多くのフォロワー(3月1日現在約2.8万人)の方に支持いただけているというのは、もちろんなんですが(笑)。


宮下:イセタンメンズのお客様でも、以前はファッションに資金を集中投下されるお客さまが多かったんです。なかには食事代を削ってでも、新しい洋服が欲しいなんて方も(笑)。でも、いまはそういう時代ではありません。衣食住のすべてをバランスよく豊かにしたいというムードが高まっていて、インテリアを充実させたり、キャンプなどの“体験”を重視されている方がどんどん増えています。僕のなかでも、ちゃんソーwさんのような生活に憧れ、「こういう暮らし方っていいな」と思われているお客さまが、たくさんいらっしゃるはずだという確信がありました。そんな状況下で今回、ちゃんソーwさんが提案するアパレルをご紹介できることになったのを、個人的にも大変うれしく思っています。


多彩なファッション遍歴の結論は、ラクでカッコいい服しか着たくない


松岡:ところで、ちゃんソーwさんはファッション業界関係者ではないというのは、本当ですか?


松岡 歩
ISETAN MEN'S デジタル担当
2016年三越伊勢丹に入社。ISETAN MEN'Sのさまざまなメディアを通して、コミュニケーション設計やディレクションを行う。
Instagram:@ayumumatsuoka

ちゃんソーw:はい(笑)。僕は自動車の部品メーカーに勤めていて、妻は看護師をしています。ファッションは本当に、ただ好きで自分なりにいろいろ楽しんできただけなんですよ。古着から入ってアメカジやキレイめなど一通りを経験してきましたが、年齢を重なるうちにカッコつけて“頑張る”ファッションが辛くなってしまって……。いまでは、とにかくラクでカッコいい服しか着たくなくなってしまいました。この「ラクでカッコいい」というのが、<fuu/project>のテーマにもなっています。

松岡:たしかに<fuu/project>を象徴するアイテムといえば、着心地のいいビッグシルエットのスウェットですよね。

ちゃんソーw:そうなんです。パンツに関しては、ウエストがドローコードになっているものしか展開していないくらい(笑)。プライベートで他ブランドのモノを購入する際も、最近はほとんどがジェンダーレスで着られて、妻とシェアできるものばかりなんです。


miyu:私は元々、メンズウエアやオーバーサイズの服が好きだったんです。身長は153cmと小さいんですけど、わざとユルく着るのが好きで。ウィメンズがあっても、あえて大きめのメンズを選んで買ったりしていました。旦那さんとは好みが似ているので、付き合っている頃から普通に服の共有はしていましたね。パンツもウエストが紐で縛れるやつなら、全部イケるので穿いちゃいます(笑)。

松岡:ファーストシーズンでは、「大人をダメにするパンツw」というキャッチーなパンツも爆発的に売れたそうですね(笑)。自宅で快適に過ごせる着心地の良さと、ご近所はもちろんお出掛けにも使えるデザイン性の両立は、<fuu/project>の大きな魅力となっています。今回制作させていただいた2022年春夏のイメージビジュアルでも、ホーム(自宅)とタウン(街中)を同じルックで、快適かつおしゃれに回遊できることをコンセプトにしました。

<fuu/project>
2022年春夏シーズンイメージビジュアル

 

ちゃんソーw:家のなかで心地よく過ごせて、そのままカッコよく外出できる──そういう服を作りたいと思っていました。そのために生地の質感やサイジングには、徹底的にこだわっているんですよ。そのおかげで原価率は、通常ではありえないくらい高くなってしまっているんだとか。瀧定名古屋さんには、「コストの掛かる一番いい生地ばっかり選んでいる」って言われてしまっています(笑)。

miyu:ブランド名の“fuu”には、この心地よく機能的な服を着て、出かける先々で「風土」を感じ、美味しい「FOOD」を食してもらいたいという想いが込められています。それから公式には謳っていませんが……、心からリラックスしているときにふと漏れる、「ふぅ」という吐息をイメージしたものでもあるんです(笑)。


miyu:ユニセックスなデザインですし、サイズも身長177cmの“旦那さん”なら2、153cmの私なら0、その中間くらいなら1という、3サイズ展開ですので、どなたでも楽しめる内容になっていると思います。残念ながら、娘の“あんず”のサイズは、ないんですけど(笑)。

ちゃんソーw:子供服も、いつかやれたらと思ってるんですけどね(笑)。


極上のスウェットセットアップと、カワイハルナ氏とのコラボレーション

宮下:オンラインに先駆けてこのポップアップで販売される、今季の新作について教えていただけますか?

ちゃんソーw:目玉はふたつあります。まず春夏の人気アイテムとなっている「スウェットTシャツ」。定番の「半袖スウェットTシャツ001」をブラッシュアップした、「半袖スウェットTシャツ002」では、衿にVガゼットを取り入れました。色バリエーションも“いま”の気分を取り入れて、絶妙にくすんだピンクやピスタチオ、ベージュ、それからベーシックなブラックという展開になっています。

左男性ルック:<fuu/project>
Tシャツ 8,800円

商品を見る


カーゴパンツ 20,900円

商品を見る


▢伊勢丹新宿店メンズ館1階 プロモーション


宮下:今回は伊勢丹新宿店限定の別注カラーとして、ネイビーをご用意いただいているんですよね。

ちゃんソーw:はい。汎用性の高いアイテムですが、このTシャツは同素材のカーゴショーツとのセットアップも楽しめるようになっているんです。

<fuu/project>
カーゴショーツ 16,500円

商品を見る


▢伊勢丹新宿店メンズ館1階 プロモーション


松岡:<fuu/project>を語る上でスウェットセットアップは外せませんからね。

ちゃんソーw:最高にイージーな着心地とデザイン性を追求するため、素材には光沢感のある度詰めコットンの裏毛素材を使用しています。スウェットもショーツもシルエットはゆとりがあって、風通しがよく夏でも気持ちよく着られるんです。おしゃれ着として、そのままお出掛けできるパジャマのような感覚ですね。スウェットのセットアップというのは世にごまんとありますが、“ありそうでなかった”逸品に仕上がっていると思います。

宮下:もうひとつは?

ちゃんソーw:アーティストのカワイハルナさんとコラボした、ロンTが登場します。


<fuu/project>
「Haruna Kawaiコラボ」ロングTシャツ 11,000円

商品を見る


▢伊勢丹新宿店メンズ館1階 プロモーション


松岡:カワイさんは以前からお好きだったんですか?

ちゃんソーw:そうなんです。名古屋で開催されたイベントで初めてお会いして、勢いでコラボを打診したところ快くOKをいただきまして。<fuu/project>をイメージした「部分的一定の距離」という、スペシャルな描き下ろし作品を提供していただくことができました。


松岡:それはすごい! きれいなカラーリングの作品ですね。ボディにも品のいい艶があって、上質さが感じられます。

ちゃんソーw:カワイさんからお送りいただいた最初の作品は、もう少し暗い色を使った部分があったんです。それも素晴らしいものではあったんですが……無理を言って、少しくすんだ明るめのピンクやグリーンを使っていただきました。ボディには作品とのバランスも意識して。ほどよいハリとコシ、光沢感のあるデラヴェジャージー素材を使用しています。

宮下:作品に使われているベージュ、グリーン、ピンクなどのカラーは、今季のスウェットシリーズともリンクしていますね。

ちゃんソーw:それを狙いました、と言いたいところですが、まったくの偶然です(笑)。スウェットのセットアップはもちろんですが、このロンTとカーゴショーツを合わせても、マッチすると思います。

<DOUBLE FOOT WEAR/ダブルフットウェア>など、大好きなものの素晴らしさも伝えたい

宮下:今回は特別な取り組みとして、<DOUBLE FOOT WEAR>のオーダー会もメンズ館地下1階紳士靴で同時開催されますね。

ちゃんソーw:<DOUBLE FOOT WEAR>は昨年初めて知ったブランドなのですが、「HENDRICK」というモデルをセレクトショップで購入して以来、ほとんど毎日履いているくらいのお気に入りなんです。どんな服にも合うし、履き心地が抜群。宮下さんの専門はシューズだということを伺ったので、宮下さんを通じて<DOUBLE FOOT WEAR>さんにコンタクトを取っていただき、僕の提案する組み合わせをサンプルでお見せするパターンオーダー会を実施できることになりました。ご尽力、ありがとうございました(笑)!




宮下:とんでもありません(笑)。僕も以前から気になっていたのですが、メンズ館でのご紹介はできていなかったので、いい機会だと思ったんです。メイド・イン・浅草ジャパンを掲げる<DOUBLE FOOT WEAR>は、数々のストリートブランドの靴制作を手掛けてきた、実力派シューメーカーによるオリジナルブランド。デザイナーの中原さんも、ちゃんソーwさんのことはご存知で、POPUP開催にすんなりご賛同をいただきました。以前からハンドメイドのパターンオーダーシューズを手掛けてこられたメーカーさんということもあって、自由度の高いカスタマイズを、非常にお求めやすいプライスでご提供することができたんです。

ちゃんソーw:ありがたいですね。今回はInstagramと同じような感覚で僕自身の“お気に入り”をご紹介したいという趣旨もあり、選べるモデルは愛用している「HENDRIK」と今までオーダーできる機会の少なかった「HENDRIK LO」に限定させていただきました。「HENDRIK LO」のシューレースタイプは、このイベントで初めて披露される未発表の組み合わせなんですよね。

*ちゃんソーw氏愛用のモデル「HENDRIK」
*「HENDRIK LO」
 

宮下:はい。どちらのモデルにするかを決めたら、アッパーの素材やカラー、ベルクロか紐かなどをチョイス。さらにソールもビブラム、クレープ、シャークというバリエーションを揃え、自由に選択して組み合わせることができます。ワン&オンリーのシューズを気軽にオーダーできる、貴重な体験型イベントだと思います。今回は、女性サイズにも対応していただけるのがありがたいですね。

miyu:実は私も履いてみたかったので、うれしいです! あまりにも“旦那さん”が気に入っているので(笑)。オーダーサンプルの色決めの際には、ピンクのアッパーがカワイイんじゃないかとか、私もいくつかご提案させていただきました。“旦那さん”は黒のソールが気分のようで、そればっかり推してましたね(笑)。



ちゃんソーw:はい(笑)。僕は絶対、黒ソールでオーダーしようと思います……。そういえば、宮下さん。例の“お土産”はOKもらえました?

宮下:大丈夫です(笑)!ちゃんソーwさんの大好物だという名古屋ベーカリー「Le Supreme.」さんのラスクを、ご購入いただいたお客様にノベルティとしてお渡しできることになりました。

ちゃんソーw:うれしいですねー。僕たちも、そしてもちろん娘の“あんず”も、週末は店頭に立ってお客様をお迎えし、商品の魅力を直接お伝えできればと思っています。皆さん、ぜひ遊びに来てください!

宮下:通常オンラインでしか購入できない<fuu/project>の商品に手を触れ、試着したうえで購入できる。そして<DOUBLE FOOT WEAR>のシューズを、自由にカスタマイズしてオーダーできる。これらの実体験を伴うリッチな購買体験は、やはり実店舗としての百貨店ならではのものです。2週間限定のイベントですので、“うっかりスルー”には十分ご注意いただきたいですね!

<fuu/project>商品一覧を見る



イベント情報
<fuu/project>ポップアップストア
        • 開催期間:2022年3月9日(水)~3月22日(火)
        • 開催場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション
    •  
      ちゃんソーw夫妻来店
            • 来店日時:3月12日(土)正午~午後3時、13日(日)午前11時~午後2時
            • 来店場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション
            • *諸般の事情により来店日時が変更になる場合がございます。また時間帯により不在の場合がございます。

<DOUBLE FOOT WEAR>オーダー会
▢開催期間:2022年3月9日(水)~3月22日(火)
▢開催場所:伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴


オーダー詳細

  • モデル:2種類(HENDRIK / HENDRIK LO)
  • 素材:アッパー10種類 / ソール6種類 / その他紐またはベルクロから留め方も変更可能
  • 価格:20,680円から
  • お渡し:2022年6月中旬頃(受注数量により遅れる可能性があります)

*諸般の事情によりイベントが変更・中止となる場合がございます。予めご了承ください。
*営業時間のお知らせはこちら
*三越伊勢丹リモートショッピングはこちら


Text:Junya Hasegawa(america)
Photograph:Naoto Date

 紳士靴Instagram:@isetanmens_shoes



オンラインでのお買物は「三越伊勢丹リモートショッピング」

どこにいても、店頭の商品を、百貨店の接客でおもてなし。
アプリ内で店頭の商品を接客から決済/お渡しのご指定までどこにいても実現できます。
チャットはもちろんビデオ通話で実際にお品物をご覧いただけます。
三越伊勢丹リモートショッピングをご利用いただくには、専用アプリへログインが必要です。
またその後の利用方法についてはごちらをご覧ください。

三越伊勢丹リモートショッピングについて



*撮影時のみマスクを外して、撮影を実施しています。
*価格はすべて、税込です。
*本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。


お問い合わせ
伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
電話03-3352-1111 大代表
メールでのお問い合わせはこちら