2019.03.20 update

<Jalan Sriwijaya/ジャラン スリワァヤ>|ブランド史上初の別注ラストを製作、日本人の足型を研究し尽くしたメンズ館限定モデルが登場

03.20 Wed -03.26 Tue
メンズ館地下1階=紳士靴

その圧倒的なコストパフォーマンスと、トレンドをほどよく加味したシルエットやデザインで、伊勢丹メンズ館でもファンの多い<Jalan Sriwijaya/ジャラン スリワァヤ>。

インドネシアにファクトリーを構え、製靴業界における"第三国生産"という意味ではコストダウンを実現しながらも、本場英国のノーサンプトンで修業を積み、フランスで皮革の生産を学んだ職人が手掛けるだけあって、靴一足一足の佇まいは本格派そのもの。時間と労力のかかる「ハンドソーンウェルテッド製法」による靴づくりを実践し、ヨーロッパでも最上級のタンナーであるアノネイやデュプイといった高級レザーを採用しているという点だけ聞くと、それが3万円代で買える革靴にしては贅沢すぎる仕様であることは一目瞭然だ。


シューズ 30,240円

伊勢丹メンズ館ではこの春、お客さまの要望をまとめ、本国インドネシアに猛プッシュした結果、ついにイセタンメンズ限定で別注ラストの製作が実現。生産性を重視するがゆえ、通常ではラストの仕様変更など、少ロットでの生産を受け入れていない<ジャラン スリワァヤ>では異例ことだ。

ベースとなるラストとして採用したのは同ブランドの中でも、圧倒的人気を誇る「11120」。バランスがよく、美しいラストだが、一部のお客さまからは「足先部分の幅が狭く窮屈」という声が寄せられていた。(これを解消しようとサイズをアップすると、甲部分が浮いてしまい、親指付け根部分の痛みや大きな履き皺の入る原因となってしまう)

そこで、この別注ラストでは、足先の最大幅部分を約ハーフサイズ分だけ広くし、甲部分を低く設定することで日本人の足型に合わせて絶妙にモディファイド。何度も試し履きを繰り返し、微調整を行った結果たどり着いた自信作「11120I」が誕生したというわけだ。


シューズ
左上/ストレートチップ 30,240円
左下/クオーターブローグ 32,400円
右上/ダービープレーン 34,560円
右下/ダブルモンク 36,720円

今回ラインナップするのは。革底とゴム底を揃えたストレートチップと、堅牢なダイナイトソールを履いたクオーターブローグやダービープレーン、ダブルモンクの全5型。いずれもビジネススタイルを引き締める端正な顔たちとブラックカラーに絞って提案された。

イベント情報

<ジャラン スリワァヤ>プロモーション

□3月20日(水)~26日(火)
□メンズ館地下1階=紳士靴
*上記期間中、<ジャラン スリワァヤ>の靴をお買い上げの先着100名さまに、オリジナルの靴クリームを差し上げるノベルティキャンペーンも実施中。


*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館地下1階=紳士靴
03-3352-1111(大代表)