2018.09.22 update

<PRINCIPE D' ELEGANZA/プリンチペ ディ エレガンツァ>|上質な手仕事を新世代"ナポリ・クラシック"を味わう──9月29日(土)にトランクショーが開催

09.29 Sun
メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー
名だたるサルトリアで研鑽を積んだアントネッラ・デ・ローザ氏の高い技術に惚れ込んだ実業家のエンリコ・マンツォ氏が、彼女とともに2009年にナポリ郊外に工房を構えてスタートした<PRINCIPE D' ELEGANZA/プリンチペ ディ エレガンツァ>。 現在は30名のほどの職人を擁し、ス ミズーラを中心に展開する新興ファクトリーだ。 

そんな同ブランドが、9月29日(土)にメンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーにてトランクショーを開催。 当日はエンリコ・マンツォ氏も来場する。


ジャケットの裾まで貫通するフロントダーツをはじめ、広めのラペルや極めて薄くした副資材が入った肩回り、袖付けのいせ込みのふんわり感、 さらにパンツの縫い代のハンドステッチによる片倒しやタックのかんぬき止めなど、すべてに丁寧な手仕事を感じさせる。

スーツ 313,200円


左/ジャケット 248,400円
右/コート 313,200円


パンツ 69,120円

大量生産の画一的なファクトリーではないからこそ、成し得る業はジャケットやコートにも。特に、グルカディテールのパンツは、名だたるファクトリーでも、作りの複雑さから非効率で生産が難しい意匠を積極的に採用している。

規模は小さいながら、ナポリのラグジュアリー・クラシックを熟知した贅沢な仕立て服が、その確かな経歴と腕前を物語る<プリンチペ・ディ・エレガンツァ>。昨年からナポリ仕立ての新潮流として、伊勢丹メンズも注目してきたファクトリーの一つだが、ナポリ然としたディテールや柔らかく軽いフィッティング、美しいドレープ感など、実に良い作りをしている。

今回のトランクショーでは、エンリコ・マンツォ氏がセレクトした希少性の高い素材を多数用意。なかでもイタリアの名門生地メーカーであるピアツェンツァ社製のフランネルはカラーバリエーションを豊富に揃え、特別価格の248,400円(税込)にてジャケットのオーダーを承るなど見逃せない機会となる。


ピアチェンツァ社製生地使用 メイド トゥ メジャージャケット仕立て上がり 248,400円から
*9月29日(土)限り
*数に限りがございます。無くなり次第終了とさせていただきます

<プリンチペ ディ エレガンツァ>トランクショー
□9月29日(土)10時30分~18時30分
□メンズ館4階=インターナショナルラグジュアリー *エンリコ・マンツォ氏が来店
■価格 :スーツ 376,920円から、ジャケット 271,080円から、コート 382,320円から、パンツ 105,840円から、グルカパンツ 115,560円から 
■お渡し:約3か月後
*トランクショーにてお買い上げいただいたお客さまに<プリンチペ ディ エレガンツァ>社製のネクタイをプレゼントいたします。ネクタイは在庫がなくなり次第、終了とさせて頂きます。 

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー
03‐3352‐1111(大代表)