2018.09.07 update

祝う気持ちを装いで表現!基本と応用で学ぶ、ブライダルゲストのVゾーン&コーディネート術

気候がおだやかで、晴天も多い秋は絶好のブライダルシーズン到来!近年は結婚式のスタイルが多様化し、メンズ館1階=ドレスシャツ・タイでは、頻繁にブライダルの装いに関する相談があるそう。

式場のクラスや規模、席次、あるいはドレスコードによってもブライダルゲスト(参列者)の装いは変わりますが、今回はベーシックなブラックスーツ・ネイビースーツをベースに、シャツ・ネクタイ・チーフ+αの合わせ方をアテンドの高野が解説します。


ゲストは、着こなしでお祝いの気持ちを表す


アテンドの高野は、「結婚式や披露宴のカジュアル化が進み、いわゆるフォーマルのマナーも変化してきています。日本人も欧米並みにパーティーでの着こなしが上手になってきていますが、ブライダルでは自分の立ち位置を見極めながら“平服とブライダルの垣根”をうまく橋渡しする着こなしになってきています」と説明します。

同僚や友人なら、手堅い「黒やネイビーのスーツ」に、ネクタイをボウタイに変えたり、シルクではなくリネンのチーフをスリーピークスで飾ったり。Vゾーン+小物のアレンジでパーティーを楽しむのが、“平服とブライダルの垣根”を考えた、一つのスタンダード。
もちろん、そういう平服の延長で着こなしを決める人から、「オーダーメイドのタキシードを誂えるお客さまもいて、着こなしでお祝いの気持ちを表す方もいらっしゃいます」と高野。

今回はブライダルゲストの装いがメインテーマですが、参列者が一番困るのが、「会場で浮く」こと。
場違いな格好でいると、本人の居心地が悪いばかりではなく、まわりにも微妙な空気が流れてしまうかも…。かといって、「冠婚葬祭すべて略礼服であるブラックスーツでOK」というのも味気ないもの。
誰に対しても失礼にならない装いは大切なポイントですが、いわゆるT(時間)P(場所)O(場合)に加えて、新郎新婦との距離感や立場なども考慮した“バランスの整った装い”を心掛けましょう。

 

【合わせて読みたい関連記事はこちら】
▶お客さまのお買い物をお手伝い!フロアアテンドサービス活用術 
▶Q&A:1分動画で教えます!ネクタイの美しい結び方【実践編】
▶Q&A:装いの仕上げにポケットチーフを!基本の挿し方からカラーや柄の選び方を指南