2018.07.04 update

【インタビュー】<YOAK/ヨーク>広本 敦|シンプルさに「意味と理由」があるスニーカーブランド初の別注モデルが登場

スニーカーブランド­<YOAK/ヨーク>のデザイナー広本 敦氏の足元は、3年間履いているというブランドのファーストモデル「ULYSE」。履き心地を訊くと、「時を経ても心地よく履けますよ」と一言。「ファッショントレンドは刻々と変わっていきますが、3年前のモデルも今の雰囲気に合わせられるデザインにしているのが<ヨーク>の特徴です」と広本氏。

“ジャケットやシャツに合わせることを前提に作る”というブランド哲学のもと、「シンプルでかっこいい」デザインにこだわる<ヨーク>が、7月4日(水)よりメンズ館地下1階=紳士靴にてポップアップを開催。ブランド初となる別注モデル「ULYSE TRIPLE BLACK」も登場する。

イベント情報

<ヨーク>ポップアップストア

□7月4日(水)~7月17日(火)
□メンズ館地下1階=紳士靴


”ジャケットやシャツに合わせることを前提に作る”というブランド哲学のもと、東京で生まれたスニーカーブランド<YOAK/ヨーク>。先日公開された動画では、これまでカメラの入ることが出来なかった生産背景を特別に撮影している。­

東京での生産背景を特別に撮影したムービーも公開中


<ヨーク>は、無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインとこだわりの機能性でスタイルを格上げするスニーカーブランド。今回のポップアップでは、都内最大のラインナップを揃え、イセタンメンズとのコラボレーションモデルも限定販売する。

今回のポップアップを記念して、<ヨーク>の縫製や裁断、吊り込み、ソールの接着まで職人の手で丁寧に作られている生産背景を特別に撮影したムービーを公開中。来館前にチェックして実物を手にすると、デザイナーの広本氏が言う「余計なことはしない、シンプルなデザインを心がけていて、それが結局他にないものに繋がっていると思います」という言葉がリアルに伝わってくるはずだ。


<YOAK/ヨーク>のデザイナー広本 敦氏

ブランドビジネスに長く携わってきて疑問に感じたこと


――スニーカーブームは長く続いていますが、作り手としてはどう感じていますか?
広本 ブームというより世の中に定着してきたと思いますが、トレンドが強く出ているマーケットになっているので、「今年買ったけど来年履けない」ものも多いと思います。<ヨーク>のスニーカーは、普遍的に長く履いていただけるものを目指して作っているので、時代には逆行していますね。ただ、スポーツブランドやラグジュアリーブランドのスニーカーとは違うポジションで、常にアップデートすることは意識しています。

――<ヨーク>を立ち上げる前もスニーカーに関わっていたのですか。
広本 グラフィックの学校を出ましたが、ファッション業界で働きたくて、大手スポーツメーカーに入社。シューズ部門の企画に配属されてイタリアのファッションブランドのスニーカーのデザインを6年ほど手がけました。そこでの仕事は、“ブランドらしさ”が常に問われるのと、スポーツブランドなので機能性やパフォーマンスの部分を意識して作っていました。


――その後に、商社に転職されたとか。
広本 はい。総合商社で10年ほど海外ブランドのMD(マーチャンダイザー)を務めました。多いときは4~5ブランドのMDを兼任し、毎月のように海外出張があり、カンファレンスや生産工場へ足を運びました。このときにブランドビジネスの管理や物流、PRなどを学びました。

─―ブランドビジネスに関わっていて、どうしてスニーカーブランドを作ろうと思ったのですか。
広本 商社時代は仕事も満足していたのですが、メーカー、小売、ディストリビューターという相互関係について考えることが多くなりました。アパレルの業界の“商売の仕方やサイクル”などに疑問があって、組織の中で自分の新しい可能性を具現化する難しさも感じていました。


左:スニーカー「ULYSE」24,840円
中:スニーカー「LUKE」25,920円
右:スニーカー「STANLEY」25,920円

「意味と理由」があるものを作りたいという思いからスタート 


――そういう疑問や難しさから、<ヨーク>が立ち上がったわけですね。
広本 自分の中ではごく自然な流れでした。頭でっかちになった自分を一度リセットし、自分のスキルを活かせることが「スニーカーブランドを作る」ことでした。商品、生産、販売、PRのすべてに意味があり、最適化されたブランドを世の中に出したかった。

――その「最適化」がシンプルなデザインに繋がっていくと。
広本 人もブランドも変わったモノがかっこいいとされる風潮へのアンチテーゼとして「シンプルで、引き算していくデザイン」が、他にないものに繋がっていきました。デザインのこだわりは、とにかくシンプルにかっこいいモノです。<ヨーク>は余計なことはしない、シンプルなデザインを心がけていて、限られた範囲の中で“引いていく”作業は楽しいですね。

NEXT>ブランド初の別注モデルが伊勢丹新宿店限定で登場