2018.05.05 update

今年のサングラスは何を買う?キーワードで読み解く、フレーム&レンズの最新トレンド

この夏はサングラスのデザインバリエーションが豊富!――大定番のセルフレームのウエリントン型のほか、今シーズンはメガネ(オプティカル)とサングラスのハイブリッドモデルのようなフレームデザインとカラーレンズの組み合わせが熱い!イセタンメンズネットでは、「セルフレーム」、「折りたたみ式」、「ツーブリッジ」、「フラットレンズ」、「ライトカラーレンズ」の5つのキーワードをもとに、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス担当バイヤーの岡田洋一がお薦めをピックアップする。

関連記事

<TOM FORD/トムフォード>|アイコニックな“T”マークをあしらったサングラスで、真夏の装いにモードなエッセンスを添える



メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスを担当する岡田洋一バイヤー

よりファッションに近い感覚で掛けたいサングラス

 

アイウエアの技術革新が進むのと同じくして、これまでメガネ(オプティカル)に搭載されていたテクニックや素材がサングラスにも応用。今シーズンは、そのハイブリッドによって、サングラスでも凝ったメタルフレームやラウンド型、仕上げの美しいツーブリッジや折りたたみ式などバリエーション多彩に展開する。

さらに、サングラスらしい濃いカラーレンズとは対照的な目が透ける薄いカラーレンズや、ビンテージ的な雰囲気を醸し出すフラットレンズが登場。サングラスを超えた「ファッショングラス」として注目を集めている。


サングラスは、映画俳優や有名人、タレントなどとイメージが重なって個性が出やすいものだが、デザイン×レンズカラーで、自分のキャラクターを反映するファッションアイテムとして楽しみたい。

NEXT>サングラスの王道といえば「セルフレーム」