2018.03.16 update

<OLIVER GOLDSMITH/オリバー ゴールドスミス>|不動の人気モデル"3選"──紳士の国、英国生まれのアイウエアを豊富にラインナップ

03.14 Wed -03.27 Tue
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
1990年代のブランド休止期間を経て、2005年センセーショナルに復活した、英国の老舗アイウェアブランド<オリバー ゴールドスミス>。過去に多くの著名人をも魅了した、1950年代から1970年代のアーカイブモデルを中心としたコレクションは、 ヨーロッパビンテージの色香漂う重厚ながら普遍的な魅力を放ち、他のブランドとは一線を画す存在となっています。


3月14日(水)から、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス/アイウェアコーナーでは、<オリバー ゴールドスミス>をクローズアップし豊富なラインナップをご紹介。今回は、同ブランドを代表する人気の3モデルにフィーチャーいたします。


 「CONSUL-S」34,560円

俳優マイケル・ケインがプライベートでも愛用していたとされるモデル。 このフレームの最大の魅力は、時を経ても色褪せない定番であるということ。トレンドを超えたアイウェアデザインのオリジンが感じられる、同ブランドを象徴するモデルです。



 「LIBRALY」 34,560円

『初代ゴールドスミス』を彷彿させるモデル。 ラウンド型にややティアドロップのシェイプが入った珍しい玉型フレーム。ストレート気味に設定されたテンプルも特徴の一つです。


「KOLUS-S」 37,800円

8mmという極厚の素材に、ブラウン管テレビのように斜めに大きく削り込む「TVカット」を施した人気のフレームデザイン。 様々なカッティング角度を多様することにより、厚みを生かした立体感を維持しながらも重すぎないシャープな印象です。 

ヨーロッパの紳士たちがかつて身につけていたアーカイブモデルは、スーツスタイルの外しアイテムにも、カジュアルスタイルのアクセントにも、使い方は自由自在。 また、色あせることのない定番フレームは、飽きずに長く愛用していただける1本になってくれます。

メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス/アイウェアコーナーでは、レンズの調整や着用感など、お客さまのご要望をお伺いしながら最適な1本をお見立ていたします。見た目もかけ心地もお気に入りの1本を<オリバー ゴールドスミス>で見つけてみてはいかがでしょうか。

<オリバー ゴールドスミス>
□3月14日(水)~27日(火)
□メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス

*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら