2018.02.16 update

<MARNI/マルニ>|少年から大人に成長する過程を巧みに表現した最新コレクションが登場

02.14 Wed -02.20 Tue
メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ

少年から大人への長い旅路をテーマに、その旅の中で目にしたもの、出会う人々、文化、そのすべてが少年を作り上げ成長させていく過程を見事に表現した<MARNI/マルニ>の2018年春夏コレクションにフォーカスしたポップアップストアがメンズ館2階=インターナショナル クリエーターズにて2月14日(水)から20日(火)まで開催する。


左:シャツ 78,840円、ショートパンツ 72,360円
中:シャツ 72,360円、シャツ 90,720円、パンツ 113,400円
右:ニットシャツ 183,600円(伊勢丹新宿店限定)、ニットショーツ 101,520円、トラベルバッグ 255,960円

人生という旅の中で自由に着られ馴染んでいく服

 

サイズ違いで重ね着するシャツ。思うままにレイヤードして楽しむニットやアウター。一見、服に散りばめられたつぎはぎも、着崩してアシンメトリーに見えるバランスも、夢中になって洋服で遊んだような無邪気なシルエットも、みんな「人生という旅の中で自由に着られて、自分の身体に馴染んでいく」のが、なんとも心地良く新鮮だ。

旅の途中で破れた洋服をつぎはぎで修復しているようなパッチワークシャツやショートパンツに代表される<マルニ>2018年春夏コレクション。極端に小さいシャツとオーバーサイズシャツの重ね着は、ファッションの伝統的なルールを壊して、新しく美しいバランスを生み出している。また、1920年代に流行したニットの水着が洋服になったり、<マルニ>の旅は時間軸も悠々とトリップする。


"M" ロゴや四葉のクローバーのワッペン。小さな頃に見た景色、思い出のひとつひとつが取り入れられた。


アーティスト Magdakena Suarez Frimkess(マグダレーナ・スアレス・フリムケス)のイラストが、ゼッケンやファブリックパッチとなり、洋服に命を吹き込むようにシャツやパンツに貼り付けられている。

少年の遊び心は、小物使いや装飾でも存分に表現。アーティスト Magdakena Suarez Frimkess(マグダレーナ・スアレス・フリムケス)が描いたイラストが、ゼッケンやファブリックパッチとなり、洋服に新たな命を吹き込むようにシャツやパンツに貼り付けられているのも必見。

さらに、キャッチーなポイントとなっている“M”ロゴや四葉のクローバーのワッペンは、少年が子どもの頃に見た景色や思い出の一つひとつが取り入れられている。

 

<マルニ>ポップアップストア
■メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ
■2月14日(水)~20日(火)


*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ
03-3352-1111(大代表)