ポロシャツならではのカジュアルさを出せるのはもちろん、“品”も醸し出せる「無地ポロ」は、オン・オフ問わず使える万能着。今シーズンは、素材やシルエットが多様化し、大人カジュアルのさらなる強い味方となってくれるはずだ。


<ザノーネ>
ポロシャツ 25,920円

■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー

ひんやりとした肌触りが特徴のアイスコットンを使用。機能的にも優れた一着は、絶妙のバランスで設定されたボタンレスの首元など、細部のディテイルにもこだわった。


<アルマーニ コレッツォーニ>
ポロシャツ 28,080円
■メンズ館5階=ビジネス クロージング

ストレッチの効いた生地でリラックス感を演出。主張しすぎないシンプルなデザインは、ジャケットのインナーとしても着回せる。


<ハンドアーツ>
ポロシャツ 14,040円
■メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツ

コンフォートな着心地が魅力の一着は、襟裏に配された花柄のプリントがアクセントに。


<ヘンリー コットンズ>
ポロシャツ 20,520円
■メンズ館7階=オーセンティック カジュアル

ストレッチ性も兼ね備えたスリムフィットですっきりとした着こなしが可能な一着。袖口と裾口のラインをアクセントに、襟裏には小花柄のプリントも配された。


<アタッチメント>
ポロシャツ 12,960円

■メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ

シンプルな顔立ちながら、計算された美しいシルエット。コットンとポリエステルの混紡素材にによる、サラッとした着心地が特徴だ。


<ジュンハシモト>
ポロシャツ 16,200円
■メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル

襟裏を迷彩柄切り替えでアクセントを加えた遊び心ある一着は、張りのあるオックスフォードのファブリックを前立てや襟を中心に部分使いしているため、襟立ちがよく、スマートにきまる。


<イレブンティ>
ポロシャツ 19,440円

■メンズ館5階=ビジネス クロージング

着丈が短く、ゆとりのあるボックスシルエットが特徴。襟裏に配されたバタフライのワンポイントは、襟を立たせた着こなしに映える。


<クルチアーニ>
ポロシャツ 25,920円
■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー

同ブランドの定番アイテムは、鮮やかな発色と、やや肉厚な鹿の子素材が特徴的。


<ザノーネ>
ポロシャツ 25,920円

■メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツ

シャリ感のある心地よい肌触りを魅力のアイスコットンを使用し、清涼感あふれる着心地に仕上げた一着。リラックス感がありながらも品の良さを感じさせる上質な一枚だ。


<ヴィルーム ネイビー>
ポロシャツ 10,800円
■メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル

 毛羽立ちを抑えた表面感が上品な印象を与える一着。ドライタッチで通気性もよく、夏の定番コーディネートに欠かせない万能アイテムだ。


<オリジナル ヴィンテージ スタイル>
ポロシャツ 14,040円

■メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツ

こなれた素材使いや後染め製法によるムラ感のある色合いが特徴。質感や風合いにこだわった、リアルなヴィンテージスタイルが魅力だ。


<コルネリアーニ>
ポロシャツ 46,440円
■メンズ館5階=ビジネス クロージング

なめらかな生地感で、心地よい肌触りが特徴の一着は、ゆったりしたシルエットでリラックス感を創出。


<サンスペル>
ポロシャツ 11,880円

■メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツ

ソフトで軽い、同ブランド定番の英国製コットンジャージー素材を使用した一着は、滑らかな肌触りと耐久性にこだわったモノづくりが特徴。英国ブランドらしい、上品な襟型や雰囲気を魅力だ。


<マーガレット ハウエル>
ポロシャツ 14,040円
■メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル

着心地の柔らかなカッソー生地を使用した一着は、ゆとりのあるサイジングでリラックス感のあるシルエットが特徴だ。


<ディースクエアード>
ポロシャツ 39,960円

■メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ

襟と袖口に配された2色のラインにより、引き締まった男性の色気を演出。付属のピンバッチでアレンジすることも可能だ。
 

<デザインワークス>
ポロシャツ 15,120円
■メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル

表地にリネン、裏地のコットンを使用したダブルフェイス仕立ての一着は、リネン特有の光沢感と清涼感ある肌触りが特徴。 

注目記事