皆さまこんにちは。今回は何やらサロン ド シマジにとっても小さくて愛らしいシマジさんの親友が訪れたようです…。


このテディベアは新潟県在住のテディベア作家の吉川照美さんが制作したもの。吉川さんは、今まで様々なテディベアコンテストで賞を受賞し、作品はパリのルーブル装飾美術館にも所蔵されています。つい先日の某人気番組にも作家兼コレクターとしてご出演されていました!


シマジ
「みなさん、私の親友を紹介します。このクマです。欧米では昔から子どもが産まれるとテディベアを送る風習があるんです。その子の最初の友達(ファーストフレンド)になるんです。あのチャールズ皇太子だってエリザベス女王にもらって、今でも一緒に寝ているそうですよ。」

お客さま「日本ではあまり馴染みのない風習ですね。」

シマジ「実はそうでもないんです。私の担当カメラマンも子どもが産まれた時にテディベアをプレゼントしていますよ。」

みなさま"へ~"と驚き感心したご様子。

シマジ「みなさんも、お子さんやお孫さんが産まれる時はテディベアをプレゼントしてはいかがですか?最初の友達で一生の親友になりますよ。」

テディベア 45,360円

今回の格言
「テディベアは西洋では赤ん坊のときプレゼントされてファーストフレンド(最初の親友)になるという。そして一生の親友になる。」

お子さまだけでなく、あなたの新しい親友としてもいかがでしょうか。
シマジさんと愛くるしいテディベアが皆さまのお越しををお待ちいたしております。

それにしても、「サロン ド シマジ」オリジナルのテディベア、気になるのはその口元、、、
これは島地さんのリクエスト。「サーカスの熊のように俺のテディベアは「野獣」なんだ!」


島地勝彦
メンズ館8階=イセタンメンズレジデンス<サロン ド シマジ>のプロデューサー。1941年生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。「週刊プレイボーイ」に配属され、1983年に同紙編集長に就任、柴田 錬三郎・今 東光・開高健を回答者に据えた「人生相談」で一世を風靡し100万部雑誌に育て上げる。その後、「PLAYBOY日本版」「BART」の編集長を歴任。集英社インターナショナルの代表取締役を経て、2008年に退任。現在は作家・エッセイストに転向。
来店スケジュールはこちら

サロン ド シマジ オンラインストアはこちら

Photo:TAKU FUJII

*20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。
*お車(二輪車・自転車を含む)を運転されるお客さまと未成年の方の飲酒・試飲はご遠慮ください。
*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
03-3352-1111(大代表)