「男のクローゼットに必然のように存在し、長く着ていくことを楽しむ」ブランドの名品を語るメンズ館7階=オーセンティックカジュアル担当の柴田信友バイヤーの連載第3弾。<BARACUTA/バラクータ>、<Barbour/バブアー>に続くのは、アウトドアウエアやミリタリーウエアが持つ機能性をタウンユースに落とし込んだ先駆者である<ASPESI/アスペジ>です。「先日、ミラノのファクトリーを訪れましたが、創業者のアルベルト・アスペジさんは70歳を優に超えても服に対する熱意がすごい。<アスペジ>を着るというのは、彼の熱さを着ることでもあります」


創業者アルベルト・アスペジが丹念に育ててきたブランド


<アスペジ>は創業者のアルベルト・アスペジさんが、1967年にイタリア・ミラノ郊外にシャツメーカーとして設立。イタリア人がマストと賞する良質なシャツで名を馳せた後、彼自身のアイデアから生まれたベーシックかつ機能的なファッションアイテムを次々と発表。特に、M-43、M-51、M-65と続くアウターの系譜は、ブランドを代表すると同時に、世界中のジェンツが愛用しています。


「M-65」の前にM-65なし、M-65の後にM-65なし


<アスペジ>といえば王道で大定番は「M-65」ですが、陸軍のフィールドジャケット発祥のM-43、M-51を経たM-65はフィールドジャケットの完成形といえます。では、なぜM-65が確固たる位置を築いたのか。
M-43、M-51がフロントボタンなのに対し、M-65がジッパーを採用したことで抜群に保温性が上がりました。さらに保温力を高めるライナーやドローコードが付き、襟裏にフードを仕込んで全天候型となるなど、すべてのディテールがフィールドジャケットとしての機能性の塊(かたまり)になった。機能美が昇華したフィールドジャケットの最終完成形がM-65なのです。


ジャケット以上、コート未満のシティジャケット


ミリタリー派生のカジュアルアウターで、着丈が70cm前後のマスターピースであるM-65ですが、戦場で着られていたから人気になったわけではありません。

M-65は、イタリアの「Vespa/ベスパ」が火をつけました。イタリアのバイク乗りの通勤着としてM-65が定番になり、生活に溶け込んでいる姿を見て、「かっこいいな」と思ったことから、街中の防寒着としての使い方を知ったのです。

また、フードを仕込んだ襟は自然に立てられたり、ドローコードを絞ることでシルエットが調整できるなど、もともとあるディテールで今っぽい着こなしにアレンジできるのも幸いしました。また、冬仕様のライナーを外したら“10month(テンマンス)”着られるなど、ユーティリティなのもポイントです。

<アスペジ>のM-65は、グローバルに展開する「ニューキャンプ」と、イセタンメンズが扱う下に着たジャケットがちょっと出るぐらいの着丈の「ミニフィールド」というラインがあり、サイズアレンジが選べるのも世界的な人気の秘密です。

アルベルト・アスペジさんの「素材を選び抜く厳しい視線」

また、ミラノのファクトリーを訪れて感じたのは、アスペジさんの妥協なきモノづくりへの意欲です。<アスペジ>のM-65の素材はポリエステルナイロンですが、製品染めならではのパッカリングが最初から味になり、こなれ感が出ます。また、アスペジさんがOKを出すポリエステルナイロンが世界中で供給しづらいという話もあり、お求めいただくなら今がチャンスです。


ジャケットでもない、コートでもない、ブルゾンでもない「M-43」

<アスペジ>のシティアウターで今年のお勧めは「M-43」です。“スーツに合わせられるミリタリーアウター”という概念を生み出した<アスペジ>ですが、M-43はジャケット感覚で着られるテーラード風のノッチドラペルがクラシカルな雰囲気をプラス。Tシャツの上に羽織っても上品さが漂います。

着こなしでは、ドローコードとフロントボタンでシルエットも自在に出やすく、襟を出して、ボタン中1つ掛けという着方から、襟元を開けて、ドローコードを絞らず着れば、ショートパンツなどと合わせてシティリゾート的な大人感も演出できます。


また、今シーズンのM-43は、ネイビーとオリーブグリーンをご用意。ミリタリー発祥のアウターながら、若々しい大人を演出しやすいのが<アスペジ>の大きな魅力。アスペジさんの熱意が支えているクオリティの高さとともに、初夏の着こなしをお楽しみください。

*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
メンズ館7階=メンズオーセンティック
03-3352-1111(大代表)