ページトップへ
CLOSE
  • <GRAND SEIKO/グランドセイコー>| ~The Nature of Time~ 伊勢丹新宿店限定モデルが今年も登場!
    2019.10.11 update

    <GRAND SEIKO/グランドセイコー>| ~The Nature of Time~ 伊勢丹新宿店限定モデルが今年も登場!

    今年4月、イタリア・ミラノで開催された世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク2019」に出展した<グランドセイコー>。2018年に続き2回目の出展となった今年は、<グランドセイコー>の世界観を指し示す「THE NATURE OF TIME」をテーマにしたインスタレーションが行われた。今月、原宿で行われる同ブランドのインスタレーション「THE NATURE OF TIME」東京展に先駆け、本館5階=ウォッチ/プロモーションでは10月22日(火)までの期間、<グランドセイコー>による特別展示をご

  • 高級時計産業の聖地を巡る旅──現在も変化を続けるスイス高級時計産業のショールーム
    2019.09.23 update

    高級時計産業の聖地を巡る旅──現在も変化を続けるスイス高級時計産業のショールーム

    発端は17世紀に遡る。当時フランス産業の中核を占めていたユグノーたちが国を追われ、スイスの山間部に逃れたことが、スイス時計産業の発端と言われている。同じくフランスと国境を接するジュネーブにもユグノーたちは根を下ろし、時計の所有を奨励したジャン・カルヴァンの統治下で大きく羽ばたくことになった。以降ジュネーブは、生産の拠点であった山間部とは異なり、スイス高級時計産業のショールームとして名を馳せてゆくことになる。 伝統と最先端技術が息づくジュネーブ最古のメゾン 1755年に創業した<ヴァシュロン・コンスタンタン

  • 【特集】未来のアーカイブ
    2019.08.26 update

    【特集】未来のアーカイブ

    2019年6月にリフレッシュオープンしたばかりの本館5階=ウォッチには、まさしく“未来のアーカイブ”に掲載される資質を備えた良作が数多く集う。ここでは、未来へと受け継がれてゆく普遍的な魅力を備えたプレステージウォッチを紹介する。 Ⅰ. PATEK PHILIPPE / パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.5524 K18RGケース:直径42mm/デュアル・タイムゾーン機構/約45時間パワーリザーブ/6気圧防水/自動巻 *価格は係員までお問い合わ

  • <HUBLOT/ウブロ>~Find new style~ カラフルストラップを楽しむことができるフェアを開催
    2019.08.20 update

    <HUBLOT/ウブロ>~Find new style~ カラフルストラップを楽しむことができるフェアを開催

    2019.08.21 - 2019.09.01

    時計というと、「ストラップはブラックやブラウン」といったベーシックなカラーをイメージする方も多いのではないだろうか。しかしここ最近では、自分でつけ外しをして、その日の気分にあわせて楽しむことができるモデルが増えている。今年6月に本館5階=ウォッチにリフレッシュオープンした<ウブロ>は、ストラップのカラーバリエーションに力を入れているブランドのひとつだ。そんな同ブランドが、8月21日(水)から9月1日(日)までの期間、秋冬のファッションを楽しむのにぴったりな「ストラップフェア」を開催する。 ビッグ・バン

  • 本館5階にオープンした<BREGUET/ブレゲ>直営ブティックに、2019年の新作がお目見え!
    2019.07.29 update

    本館5階にオープンした<BREGUET/ブレゲ>直営ブティックに、2019年の新作がお目見え!

    今年6月、本館5階=ウォッチに直営ブティックをオープンさせた、スイスの高級時計ブランド<ブレゲ>。人気コレクションを数多くご用意するだけでなく、ブティック限定商品、ハイジュエリー・ウォッチおよびジュエリー、カフリンクスまで、ブティックならではの豊富なラインナップを展開している。そんな同ブティックには、早くも2019年の新作ウォッチが登場し、時計ファンを楽しませている。今回は、時計史に残る数々の偉業を成し遂げてきた<ブレゲ>の歴史を振り返りながら、新作の魅力に迫ってみよう。 ►待望の新作情報はこちら 177

  • 作り手が見える時計達──いま、注目の“独立時計師メーカー”4社の魅力とは
    2019.07.11 update

    作り手が見える時計達──いま、注目の“独立時計師メーカー”4社の魅力とは

    大量に生産される時計の中にあり、年間生産200本にも満たないごく少数の時計を世に出し続けているスモール・メゾン。6月19日(水)にリフレッシュオープンしたばかりの本館5階=ウォッチには、ドイツやオーストリアなどといった、スイスとは違うアプローチで時計づくりを行っている独立時計師メーカーがある。大手メーカーに属することなく、個人としての工房を構え、自らのアイディアによって生み出される彼らの時計は、作り手の個性を反映した独創性とともに、人に訴えかける不思議な魅力を備えている。今回は、“作り手の顔を

  • 注目すべきドイツ時計!<ラング&ハイネ><モリッツ・グロスマン>の細部にこだわり抜いたものづくりとは
    2019.06.21 update

    注目すべきドイツ時計!<ラング&ハイネ><モリッツ・グロスマン>の細部にこだわり抜いたものづくりとは

    高級腕時計と聞いてスイスを思い浮かべる方も多いと思うが、ドイツ時計も質実剛健なモノづくりで着実に力を伸ばしている。そんなドイツの時計産業の歴史と密接に結びついている場所といえば、ドイツ南東部・ザクセン州に位置する2つの地――ザクセン王国の首都として宮廷時計の伝統を持つドレスデン、そしてドレスデンから宮廷時計師が赴き時計製造が産業として発展を遂げたグラスヒュッテだろう。今回、この2つの地で生まれた<ラング&ハイネ>と<モリッツ・グロスマン>を特集。同じドイツにあるがゆえ、共通する部分もありながらも、モノづく

  • 時計の聖地スイスで、独自のこだわりを持つ4ブランドを厳選!スモールメゾンの魅力に迫る。
    2019.06.16 update

    時計の聖地スイスで、独自のこだわりを持つ4ブランドを厳選!スモールメゾンの魅力に迫る。

    大手グループから小規模なスモールメゾンまで、非常に多くのメーカーが存在するスイス時計産業。その作りや各メーカーのこだわりも様々だが、6月19日(水)にリフレッシュオープンする伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチでは、スイスにて活動するメーカーの中でも、特にこだわりの強いスモールメゾンが登場する。ここでは、大手メーカーとは異なる、大量生産では成し得ない仕上げやデザインのこだわりを持つ4つのメゾンをご紹介。ぜひブランドの独自性とともに、その作りにご注目頂きたい。 関連記事 ►約7

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>
2019.10.18 update

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>

東京・丸の内に伊勢丹の新しいメンズストア<イセタンサローネ メンズ>。三越伊勢丹初となる路面メンズファッションセレクトストアは、丸の内・仲通りと、4車線ある馬場先通りの交差する角にあります。 営業時間:午前11時~午後8時

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】毎日の持ち運びをもっと快適に。モバイルネイティブ必携2大ブランドの最新カジュアルバッグとは?
2019.10.18 update

【特集】毎日の持ち運びをもっと快適に。モバイルネイティブ必携2大ブランドの最新カジュアルバッグとは?

ライフスタイルやワークスタイルが多様化していく中で、デジタルガジェットの発達により現代人の持ち物はいま大きく様変わりしている。例えば、ノートPCが小型タブレットになり、スマホひとつでなんでもできるペーパーレス時代、バッグも時代に合わせ、様々なガジェットに対応した機能を備えている。本企画では、日本人の感性による気の利いた使い勝手の良い2大バッグブランドをご紹介。美しく機能的な、<AS2OV/アッソブ>と<KATSUYUKIKODAMA/カツユキコダマ>にフォーカスし、「バッグ×ガジェット」という

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

基本・定番・アレンジ。メンズ館スタイリストが指南するマフラーの巻き方
2019.10.19 update

基本・定番・アレンジ。メンズ館スタイリストが指南するマフラーの巻き方

本企画ではメンズ館スタイリストが、チェスターコート、ステンカラーコート、ダウンアウターの3種類のアウターに似合うマフラーの巻き方を指南。動画では実際にスタイリストがマフラーを巻きながら、細かな解説も付き、しっかりと巻き方習得できます。「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストにお気軽にご相談ください。 ロングコートと相性抜群!胸元を華やかにする巻き方6選 ダウンアウターのボリュームに負けない!ふんわり仕上げる巻